【市役所職員の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、市役所職員(一般行政職)のお給料がテーマです。

※指定都市(いわゆる政令指定都市)は除きます

 

2018年5月現在の最新データを元に、市役所職員(一般行政職)の

  • 平均給料月額
  • 平均給与月額
  • 平均ボーナス
  • 平均年収
  • 退職金
  • 生涯年収

を全てまとめました。

 

それぞれ年齢別にも算出してありますので、以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしました!

Sponsered Link

データ参照元

総務省の平成28年地方公務員給与実態調査の数値を用いています。

平成29年の調査は概要しか公表されていないため、以下のような細かな数字は算出出来ません。

よって、2018年5月現在最新のデータということになります。

 

市役所職員(一般行政職)の平均給料月額

平均給料月額

319,394円(平均年齢42.0歳)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:321,689円(平均年齢42.3歳)

 

ここに各種手当が加わったものが給与(月収)ですので、正直あんまり意味のない数字です。

 

年齢別の平均給料月額

給料を年齢別に見ると以下の通りです。

18〜19歳 149,142円
20〜23歳 177,446円
24〜27歳 200,236円
28〜31歳 225,482円
32〜35歳 258,073円
36〜39歳 296,660円
40〜43歳 335,798円
44〜47歳 365,362円
48〜51歳 386,379円
52〜55歳 401,966円
56〜59歳 414,501円

 

市役所職員(一般行政職)の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

399,144円(平均年齢42.0歳)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:407,147円(平均年齢42.3歳)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

(なお、手取りはざっくり80%くらいと考えておけばOKです)

 

先ほどの給料との差額79,750円が手当額ということになります。

 

手当のうち額の多いのは、

  • 時間外勤務手当(残業代) 32,836円
  • 地域手当 13,330円
  • 扶養手当 9,635円

といったところです。

 

年齢別の平均給与月額

給与を年齢別に見ると以下の通りです。

18〜19歳 173,246円(給料+24,104円)
20〜23歳 219,848円(給料+42,402円)
24〜27歳 261,710円(給料+61,474円)
28〜31歳 297,118円(給料+71,636円)
32〜35歳 336,624円(給料+78,551円)
36〜39歳 378,802円(給料+82,142円)
40〜43歳 420,213円(給料+84,415円)
44〜47歳 452,926円(給料+87,564円)
48〜51歳 475,932円(給料+89,553円)
52〜55歳 488,356円(給料+86,390円)
56〜59歳 500,886円(給料+86,385円)

 

( )の部分が手当額に当たりますので、若い頃は手当額が少なく、年を経るに従って徐々に手当が増えていくことが分かります。

この要因としては、扶養手当と管理職手当が大きいと想定されます。

Sponsered Link

市役所職員(一般行政職)の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,525,726円(平均年齢42.0歳)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:1,562,823円(平均年齢42.3歳)

 

年齢別の平均ボーナス年額

ボーナスを年齢別に見ると以下の通りです。

18〜19歳 698,630円
20〜23歳 820,337円
24〜27歳 918,334円
28〜31歳 1,026,892円
32〜35歳 1,167,033円
36〜39歳 1,332,957円
40〜43歳 1,501,250円
44〜47歳 1,628,376円
48〜51歳 1,718,749円
52〜55歳 1,785,773円
56〜59歳 1,839,673円

※(給料+地域手当(平均額13,330円))×4.3月(平成28年の支給基準)で算出

※扶養手当は0とみなしたため、扶養手当がある場合はプラス数万円になる

 

市役所職員(一般行政職)の平均年収

平均年収額

6,315,454円(平均年齢42.0歳)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:6,448,587円(平均年齢42.3歳)

 

年齢別の平均年収額

年収を年齢別に見ると以下の通りです。

18〜19歳 2,777,582円
20〜23歳 3,458,513円
24〜27歳 4,058,854円
28〜31歳 4,592,308円
32〜35歳 5,206,521円
36〜39歳 5,878,581円
40〜43歳 6,543,806円
44〜47歳 7,063,488円
48〜51歳 7,429,933円
52〜55歳 7,646,045円
56〜59歳 7,850,305円

※平均給与×12+ボーナス額で算出

 

典型的な年功序列ですね。

ちなみに56〜59歳のラインで部長まで登り詰めれば1千万円クラスの年収になってくるところもあります。(部長まで行っても1千万円行かないところももちろんあります)

関連記事公務員で年収1000万を超えることは可能?

Sponsered Link

市役所職員(一般行政職)の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

22,997,000円

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:22,901,000円

 

依願退職する場合はもっと下がります。

ちなみに、32歳でやめると120万円くらいです。(経験者談)

 

市役所職員(一般行政職)の生涯収入

生涯収入額(大卒)

254,880,386円

(給与収入231,996,386円、退職金22,884,000円)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:258,708,692円

 

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出しています。

 

参考 民間の生涯収入(60歳まで、退職金含む)

288,000,000円(大卒・院卒)

221,500,000円(高卒)

出典(労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』)

 

おわりに

以上、市役所職員のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

地方公務員全体(都道府県、市町村、特別区の一般行政職全体平均)と比べれば若干低いですが、生涯収入ベースで約400万円低いだけですので、そこまで大きなものではありません。

 

なお、都道府県庁と比べた場合であっても生涯収入ベースで約650万円低いだけであり、公務員全体の横並び傾向が分かるかと思います。

(都道府県庁は47しかないですが、市役所は800近くあります)

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>こちらの記事もオススメです。

地方公務員の年収モデルをピックアップ!若くして結構貰えるが、幹部は割安?

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です