地方公務員の年収は20代だとどれくらい?都道府県・市町村を徹底比較

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は20代の地方公務員の年収について取り上げます。

 

20代は、最もエネルギーに溢れている時期であり、仕事以外にも、趣味、遊び等色々な経験をしたいという方は多いでしょう。

ただ、何をやるにもお金はかかってきます。

さらに、30代以降で家を買うとか、結婚して子どもを作るとかの予定があれば、一定の資産形成も必要でしょう。

 

ということで、20代にどれくらいの収入があるのかということを気にされる方も多いと思います。

 

ここでは、総務省の統計調査から算出した20代地方公務員の推計年収と、また、よりリアルな実態ということで、県庁職員であった僕自身当時の生活はどうだったのかということについても書いて行きます。

Sponsered Link

20代地方公務員の推計年収と手取り年収

統計に基づく20代地方公務員の推計年収

地方公務員については、総務省が「地方公務員給与実態調査」を毎年実施しており、かなり細かな給料のデータが公開されています。

平成28年の同調査をベースにして推計した20代の年収が以下です。

 

地方公務員全体(一般行政職)の20代の年収

約397万円(うちボーナス92万円)

【内訳】

20〜23歳 約349万円(うちボーナス84万円)

24〜27歳 約410万円(うちボーナス94万円)

28〜29歳 約467万円(うちボーナス106万円)

※28〜29歳のところは、28〜31歳という区分の数値をそのまま使っているので、厳密にはもう少し低いはずです。

 

都道府県職員(一般行政職)の20代の年収

約409万円(うちボーナス93万円)

 

指定都市職員(一般行政職)の20代の年収

約415万円(うちボーナス93万円)

 

市役所職員(一般行政職)の20代の年収

約395万円(うちボーナス92万円)

 

町村役場職員(一般行政職)の20代の年収

約353万円(うちボーナス89万円)

 

特別区職員(一般行政職)の20代の年収

約433万円(うちボーナス93万円)

 

※大卒・短大卒・高卒の学歴全てひっくるめた平均です。

→大卒の場合、以下の数字に比べ年収ベースで10万円ちょっと高くなります。

 

<参考1>

地方公務員全体(一般行政職)の30歳の年収

約467万円(うちボーナス106万円)

 

<参考2>

地方公務員全体(一般行政職)の40歳の年収

約665万円(うちボーナス152万円)

 

20代地方公務員の手取り年収は?

上で出した年収はあくまで税引き前の額ですので、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差っ引かれます。

 

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと75〜80%と言われてますので、

 

全地方公務員の20代年収397万円をベースに考えると、

20代地方公務員の手取り年収は約298〜318万円です。

 

この手取り額をベースに20代の生活を考えると、まず、毎月約25万円が手元に入ります。そこから、家賃・スマホ・光熱水費といった固定費を差し引くと毎月17〜19万円くらいが自由に使えるお金として残ります。

 

この額を食費と趣味、貯蓄(人によっては投資及び奨学金の返還)あたりに使っていく感じでしょうか。

※もちろん20代前半はもっと少ないですし、後半なら多いです。

 

実際のところ、年に2回のボーナスが占める割合がかなり大きいので、単月ごとで考えると上で書いた通りには行きません。

ただ、ボーナスも含めてトータルで給与を考えるという目線で考えれば同じことです。

ボーナス=何か特別なお金で、自由に使っていい!とか思うのは、資産を形成していく上での考え方としては全くオススメできません

 

次に、県庁に勤めていた僕自身の生活がどうだったのかという、より具体的でリアルな話を書いて行きます。

Sponsered Link

 僕自身の20代について

好きなことをやれて、かつ資産形成もできました

僕の場合、大学時に借りた奨学金240万円を返済しなければいけない状況でしたので、資産はマイナスからスタートしています。

奨学金については、繰り上げ返済をしまくって、20代のうちに全て返しています。

 

積極的に繰り上げ返済を行った分、その支出もある程度大きかったわけですが、20代で生活に困ったことは一切無い、というか自分のやりたいことを好きにやっていました。

 

具体的には、本を好きなタイミングで買う、近県もしくは県内に2月に1回くらいの頻度で旅行に行く、同期と定期的に飲み会をやる(月2回以上)、ボクシングジムの月謝約1万円を払うといったあたりですね。

これらは僕にとって重要なことなので、あまりお金に気を配ることなくやっていました。

 

一方、それ以外(いい車やいい服を買う、キャバクラに行く、ランチをするなど)は僕にとってさほど重要でないので基本的にほとんどお金を使っていません

このように、支出を限定していくというのは、資産を形成(貯蓄し、投資する)する上では非常に重要な考え方です。

「なんとなく」でお金を使ってしまうとすぐにお金は無くなってしまいます。

 

自分のやりたいことは好きにやっていましたが、そこそこお金も貯まりました。

31歳ちょっとくらいで1000万程度の資産がありました。(うち、投資で200万くらいは稼いでいます)

 

関連記事公務員の給料は高いのか?筆者の具体的な資産状況を公開!

→こちらの記事の中で、僕が32歳で退職するまでに築いた資産についてかなり細かく書いていますので、よろしければそちらもご覧ください。

 

お金を貯めたい方へのアドバイス

上でも少し触れましたが、お金を貯めたいなら、収入より支出を気にしましょう。

 

自分にとって本当に重要なことは何かをしっかりと自覚し、そこに絞ってお金を使うということです。

これが出来れば貯まります。

(重要なことがキャバクラだからと毎週何万も使ってたらもちろん貯まりません(笑)やりたいことの支出額と自分の手取りとのバランスを把握することも重要です)

 

お金の効果的な使い方へのアドバイス

なんだかんだでお金は自分が幸せだと思うことに使えばいいのですが、

よりリターンの大きいお金の使い方として、支出をセーブして浮いたお金を出来るだけ自己投資に投入することをオススメします。

 

本を読む(名著と言われるような古典を精読することをオススメします)、各種講演会、勉強会、セミナー、コンサルを受けるなど・・・。

 

世に言われる成功者でここを怠っている人は皆無です。

 

自己投資にお金と時間を費やした場合のリターンとしては、公務員として大きく出世するとか、大学の教授(公共政策学とか)に引っ張ってもらうとか、投資家への道を歩むとか、色んなケースが考えられます。

 

僕自身を振り返ってみると、特に26〜27くらいまではここが欠けていましたが、仮に今当時に戻るとしたら、貯蓄額ほぼ全額を自己投資に投入します。

 

まとめ

  • 地方公務員全体(一般行政職)の20代平均年収は400万円弱(平成28年)
  • 手取り年収は310万円程度
  • 県庁に勤めていた僕自身は、20代で自由に好きなことをやれていたし、また、30歳に向けてそれなりの額の貯金が出来ていた

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>30歳の年収が気になる方は、ぜひ以下の記事をご覧ください!

地方公務員の年収は30歳でどれくらい?都道府県・市町村・国を比較!

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です