公務員の給料は高いのか?筆者の具体的な資産状況を公開!

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は公務員のお給料がテーマです。

 

公務員の給料については、「安定していて年功序列で増えていく」「様々な手当がある」「退職金が多い」という比較的恵まれたイメージを持っている方がいる一方、「大きな企業と比べれば安い」「なかなか給料が伸びて行かない」といったマイナスのイメージを持っていらっしゃる方もいると思います。

 

ここでは、県庁に10年勤めた僕自身の給料額について触れながら、具体的にどういった暮らしをし、どれくらいの資産を形成したのかという少し突っ込んだ話を書いていきます。

Sponsered Link

 僕自身の給料と、得た資産について

僕の具体的な年収額は10年平均で450万程度

僕は10年間弱県庁に勤めましたが、辞める直前の年の年収(ボーナス及び各種手当を含む)は500万円を少し超えるくらいでした。

一番若手の時は300万円少しくらいですかね。

 

10年平均で言えば、450万円くらいだろうと思います。

 

なお、基本給とボーナス以外の「手当」については、「残業手当(1〜4年目は月平均1万とか。5年目〜9年目は月平均3〜4万程度)」「アパートの住居手当(2万7千円支給)」を貰っていました。

 

ちなみに、地方公務員の平均年収はだいたい650万程度(42〜43歳)です。

関連:公務員の平均年収は?地方・国の過去5年の年収を算出!

関連:地方公務員の年収モデルをピックアップ!

 

この金額で十分に豊かな暮らしができ、一定の資産を築けました

これから公務員を目指す方や公務員になったばかりの方にとってみれば、年収が○○万だと数字だけを言われても正直ピンと来ない方も結構いるのではないでしょうか?

 

ということで、僕自身の暮らしぶりや、形成できた資産を書いていきます。

 

まず結論としては、お金に不自由を感じることは一切なく、十分豊かに暮らすことができたと考えています。

 

県庁での稼ぎに起因する、暮らしぶりや具体的な資産状況は以下の通りです。

・働き出した直後から2Kのアパートを借りて住むことができた(結婚した後は2LDK)

・大学時に借りた奨学金240万円を早い段階で完済できた

・貯金(株式投資含)を1000万ちょっと超える程度まで貯めた(うち半分近くを住宅購入時の頭金に使いました)

・60坪の土地を購入し、注文住宅を建てた(もちろんローンですが、夫婦合計の頭金で1000万くらいを投入しています)

・2ヶ月に1回程度のペースで温泉旅行に行けた

・月に2〜3回は同期や友人たちと飲み会をした

・本は読みたいと思ったらためらうことなくアマゾンでクリックして買うことができた(年50冊以上は買っています)

・妻と結婚できた

・子どもができた

 

これらをどう捉えるかは人次第かと思いますが、十分に豊かだと感じる生活をさせていただいた上に、家族を含めた素晴らしい資産を築くことができ、お世話になった県庁には感謝の言葉しかありません。

 

ちなみに、僕の妻は市役所勤務です。

二馬力だったのならそりゃ豊かだろうという意見もあると思います(実際、夫婦で公務員であれば、暮らしには全く困らないと思います)。

 

しかし、妻と結婚したから資産が増えたわけではありません。

独身時代から、旅行に行ったり本を買ったり飲み会をしたりしながらも、十分に資産形成をすることが出来ていました。

また、それは妻も全く同様でした。(むしろ僕以上にお金を持ってましたね)

 

よって、極端な贅沢さえしなければ、趣味も楽しんだ上に、十分な資産を形成していくことが出来ると言っていいと思います。

Sponsered Link

結局のところ、お金は自分次第

お金を貯められるかどうかは自分次第

以上を見て、公務員は凄く魅力的だなぁと感じる方もいれば、もっともっと欲しいと感じる方もいると思います。

 

結局のところ、お金は各個人の支出に依存するものです。

 

僕自身、2ヶ月に1度くらいは旅行に行ったり、飲み会も定期的に開催、本もたくさん買っていたという事を書きました。

その一方で、旅行等以外の支出は出来るだけ押さえるようにしていました(例えば昼食代、洋服代、車代など)。

 

しかも旅行はせいぜい1泊1万数千円、飲み会も2次会3次会に行かなければ3000円程度、本は中古品などを買えば1冊数百円です。

仮に毎月の手取りが15万円だったとしても、他の支出を制御することで、毎月それなりの額を貯金できますし、ボーナス2回(合計で約4ヶ月分の給料分)はほぼまるまる貯めることが可能です。

 

また、貯めたお金を使って投資(株式投資メイン)を行い、資産を増やすような工夫もしました(累計で200万円くらいは増やしました)。

 

つまり、収支バランスを意識して暮らすことで、貯まるものは貯まっていくということです。

 

一方、30歳くらいで貯金がほとんど無い知り合いの方もいました。

(見ていると、飲み会(キャバクラ等含む)などでの消費がかなり激しかったです)

 

また、直接の知り合いではありませんが、管理している別の団体の貯金通帳を使い込んで免職になった人もいました。

ギャンブルで使った借金返済に当てていたようです。たった数十万程度の額です・・・

 

このように、支出が欲望のままに押さえられなければお金は貯まりません。

お金をそれなりに貯めたいのであれば、貰う金額の大小よりも、支出面への配慮が何よりも重要です(公務員だろうが銀行員だろうが商社マンだろうが一緒です)

 

自分が満足出来ればいい

免職になった方は論外ですが(笑)、貯金がほとんど無い方については、日々の生活を十分に楽しんでいました。

また、飲み会で培ったと思われる交友関係は非常に幅広く、仕事においても大いに役立っていたように思います。

 

また、貯蓄はせず自己投資にお金を徹底的に使うという人がいれば、成長という自己充足感を感じることができるとともに、将来において大きなリターンを得ることができるでしょう。

(仮に僕が今入庁時に戻るならこの選択を取ります)

 

つまり、貯金をするかも含め、お金をどう使い、使ったことに対しどういった満足感を得るかどうかは結局のところ各個人次第だということです。

 

結局は恵まれてる?それとも・・・?

「いやいや、それは10年平均で450万も貰っていたから色々と言えるんでしょー?」という見方もあるのではないでしょうか。

 

それは確かにその通りで、通常の公務員の給料を貰っていれば、生活で不自由をすることは無いと僕は思います。

 

一方で、「これじゃ全然足りない、もっと海外旅行したいし、いい服買いたい」と思った人は、年収1000万とかが必要でしょうし、また、年収1000万を貰ってもすぐお金は無くなってしまうと思います。

 

また、公務員で1000万を稼ぐとすれば、国なら官僚になって40歳半ばくらいで本省課長になるとか、地方なら50歳以上で部長になるくらいまでは難しいですので、別の職業を考えた方がいいです。

Sponsered Link

地方公務員のメリットについて

 (都会以外の)地方公務員はお金がかからない

資産を形成出来た一つの要因として、地方在住であったことはかなり大きいのかなと考えています。

地方の場合、都内在住の国家公務員や都庁勤務の方(およびその他都内の民間企業)に比べ、支出面で受けるメリットが非常に大きいです。

 

単純に給与面だけで言えば、都道府県の中で最も年収が高いのは都庁ですが、一方で都内は基本的に物価や家賃が高いし、また、魅力的な場所も多いので、何かとお金がかかりやすい環境にあるため、「実質的な年収」は見た目以上に低いと思っています。

 

地方であれば、県庁所在地であっても家賃が安いです。

僕が一人暮らししていたところでは、かなり新しい2Kで5万5千円とかでしたので、住居手当を差し引いても月3万あれば足りていました。

 

そして、家を建てる場合でも土地が安い。

県庁から4キロ程度(自転車で20分くらい)離れた60坪の新規分譲地でも1000万〜1200万(坪単価20万弱)とかです。

もちろん中心部から離れれば離れるほど安く買えます。

 

上で書いてきた通り、お金は収入面よりも支出面の方が重要です。

特に誘惑に惑わされやすい人などは、誘惑の種がない(笑)地方に戻るというのを考えてみる価値は大いにあると思いますよー。

 

まとめ

・筆者は、まだ給料が低い若手の10年間であっても十分な貯金ができ、また、趣味に支出もできており、トータルで十分な豊かさを感じていた。

・人によっては全然貯金の無い人もいる。貯金が無いのが悪いということでは無いが、自分として本当に必要な支出なのかに意識を向けることは重要。

地方は家賃や土地などが非常に安く、また誘惑のネタも少ないので、お金の支出を大幅に抑えることが出来るメリットがある。

 

以上です。

 

>>年齢別に細かい給料も知りたいという方は、こちらの記事もオススメです。

公務員の年収を年齢別に算出!職種別、民間との差も検証しました。

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です