地方公務員の年収は30歳でどれくらい?都道府県・市町村・国を比較!

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

さて、今回は30歳頃の地方公務員の年収(参考値で国家公務員も書きます)について取り上げます。

 

30歳頃になると、男女問わず結婚をしている方も多くなってきますし、子どもがいる方ももちろんいるでしょう。

また、マイホームやマンション購入について検討し始める方も多くなってくる頃ではないかと思います。

 

ということで、何かとお金がかかる時期です。

 

以下では、総務省の統計調査から算出した30歳の推計年収と、僕自身が県庁職員であった30歳当時にどのような生活を送っていたのかというリアルな話についても書いて行きます。

Sponsered Link

30歳公務員の推計年収と手取り年収

統計に基づく30歳公務員の推計年収

地方公務員のお給料については、総務省が「地方公務員給与実態調査」を、

国家公務員のお給料については、人事院が「国家公務員給与等実態調査」を、

それぞれ毎年実施しており、細かくデータが公開されています。

 

これらの調査をベースにして推計した30歳公務員の年収が以下です。

 

地方公務員全体(一般行政職)の30歳の年収

約467万円(うちボーナス106万円)

 

都道府県職員(一般行政職)の30歳の年収

約474万円(うちボーナス108万円)

 

指定都市職員(一般行政職)の30歳の年収

約506万円(うちボーナス108万円)

 

市役所職員(一般行政職)の30歳の年収

約462万円(うちボーナス105万円)

 

町村役場職員(一般行政職)の30歳の年収

約411万円(うちボーナス101万円)

 

特別区職員(一般行政職)の30歳の年収

約503万円(うちボーナス107万円)

 

※以上、28〜31歳の年齢区分の収入データに基づき算出

※大卒・短大卒・高卒の学歴全てひっくるめた平均です。

→大卒の場合、年収ベースで3〜5万円程度高くなります。

 

<参考>

国家公務員(行政職俸給表(一))の30歳の年収

約489万円(うちボーナス113万円)

 

※残業手当のデータが公開されていないので、地方公務員の平均を用いました。

官僚も含んだ数値なので、あんまり参考にならないかも。30歳の官僚は多分550万〜600万くらいかと思われます。

 

<参考2>

地方公務員全体(一般行政職)の40歳の年収

約665万円(うちボーナス152万円)

10歳違うと200万くらい年収が異なるということですね

 

30歳公務員の手取り年収は?

上の年収はあくまで税引き前の額ですので、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差っ引かれます。

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと75〜80%と言われてますので、

 

全地方公務員の30歳年収467万円をベースに考えると、

30歳地方公務員の手取り年収は約350〜374万円です。

 

さて、この額についてどう考えるでしょうか?

 

  • 一流企業に比べれば低いです。
  • 地方公務員と地方銀行を併願する方は結構いますが、給料で見れば地銀の方が断然高いです(もちろん能力次第ですが)。
  • 一方、中小企業との比較では高い部分もあるでしょう。

 

これらの比較は単に数字が高い低いというだけの話であり、リアリティが伴っていません。

 

ということで、以下で実際に県庁に勤めていた僕自身がどうだったのかというリアルな話を書いて行きます。

Sponsered Link

 県庁に勤めていた僕の30歳当時の生活について

十分に豊かな感覚で生きていました

僕の30歳当時のスペックは以下のとおりです。

 

  • 地方の県庁所在地在住
  • 妻あり(妻は市役所勤務)
  • 子どもが生まれた
  • アパート住まい(約6.5万円。県からの手当2.7万円があり、実質3.8万円の支払)
  • 年収は500万程度(部署の関係で、ありがたいことに残業代がかなり貰えていました。)

 

30歳当時において、お金がないとか、足りないとかを気にしたことは一切ないです。(むしろ、日々貯蓄を増やせている状況でした)

 

読書や旅行が好きなので、好きなタイミングでAmazonで本を買って、好きなタイミングで温泉旅行に行ってました。

(なお、退職した今のところはそうはいかないですが(笑))

 

お金のことを気にしないで済んだのは、妻が市役所で共働きということももちろん大きいですが、それ以上に僕も妻も無駄遣いをしないというのが一番の要因ですね。

さらに、地方ということで色々(物価、家賃、土地など)とお金がかからなくて済むという点も大きかったです。

 

お金が気になるなら、収入面より支出面を気にしましょう。

お金を増やすには、支出を出来るだけセーブし、貯蓄を投資に回し、複利で増やしていくことが基本であり絶対原則です。

(余談ですが、世界一の投資家ウォーレン・バフェットは、60年前に約300万円で買った小さな家に住んでいますし、保有者もスバルのレガシィと決して高級車ではありません。)

 

ということで、僕自身の体験を元にまとめますと、30歳の公務員の場合、仮に一人働きであって、かつ家族がいたとしても、贅沢をしなければ何ら問題なく暮らしていけると思います。

 

なお、独身なら圧倒的に余裕です。

海外旅行に頻繁に行けると思います。

 

まとめ

  • 全地方公務員(一般行政職)の30歳平均年収は470万円弱(平成28年)
  • 手取り年収は360万円程度
  • 県庁に勤めていた僕自身は30歳前後でお金に困ったことは無い
  • お金について重要なのは、収入よりも支出!

 

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>僕が32歳までの県庁生活で築いた資産について、より突っ込んで書いたこちらの記事もオススメです。

公務員の給料は高いのか?筆者の具体的な資産状況を公開!

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です