【国家公務員の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯年収を全てまとめました。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、国家公務員(行政職)のお給料がテーマです。

 

人事院の最新の統計資料(H29国家公務員給与等実態調査)を元に、国家公務員(行政職=行政職俸給表(一)適用者)の

  • 平均給料月額
  • 平均給与月額
  • 平均ボーナス
  • 平均年収
  • 退職金
  • 生涯年収

を全てまとめました。

 

それぞれ年齢別にも算出してありますので、以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしました!

補足:官僚について

官僚(総合職)の方は、多数派である一般職と比べて圧倒的なスピードで出世していくため、以下で記載している金額は全く当てはまりません。

官僚の方の年収額について知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

官僚の年収はいくら?35歳720万、50歳1250万、事務次官2300万。

2018年7月21日

Sponsered Link

国家公務員(行政職俸給表(一))の平均給料月額

平均給料月額

330,531円(平均年齢43.6歳)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:319,509円(平均年齢42.3歳)

 

ここに各種手当が加わったものが給与(月収)ですので、正直あんまり意味のない数字です。

主に退職金の算定基礎としての意味合いが強いものです。

 

国家公務員(行政職俸給表(一))の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

464,552円(平均年齢43.6歳)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:401,415円(平均年齢42.3歳)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

(なお、手取りはざっくり80%くらいと考えておけばOKです)

 

先ほどの給料との差額134,021円が手当額ということになります。

 

手当のうち額の多いのは、

  • 超過勤務手当(残業代) 52,723円(推計値 以下※参照)
  • 地域手当 42,230円
  • 扶養手当 10,806円

といったところです。

 

残業代について

国家公務員の残業代はなぜか公開されていません。(地方公務員は公開されている)

ということで、人事院勧告の資料(=国家公務員の平均年間超過勤務時間228時間、月あたり19.0時間)に基づき、推計しました。

 

<具体的な計算内訳>

{(俸給の月額+俸給の月額に対する地域手当等の月額)×12}/(1週間当たりの勤務時間×52) ×支給割合×勤務時間

→{(330,531+42,230)×12}/(38.75×52)×125/100×19.0=52,723円

ちなみに本府省勤務の場合、年間平均超勤時間は350時間ということなので、同様に計算すると80,934円というのが毎月の残業代ということになります。

 

年齢別の平均給与月額

給与を年齢別に見ると以下の通りです。

(人事院の公開データにはやはり残業代が含まれていないので、上記で積算した52,723円を一律上乗せしています)

20歳未満213,859円
20~23歳248,849円
24~27歳291,433円
28~31歳336,121円
32~35歳383,543円
36~39歳423,065円
40~43歳457,940円
44~47歳497,908円
48~51歳533,906円
52~55歳551,494円
56~59歳565,441円
Sponsered Link

国家公務員(行政職俸給表(一))の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,658,786円(平均年齢43.6歳)

(内訳:(俸給330,531+地域手当42,230+扶養手当0(※))×2018年の支給月数4.45月)

※扶養者がいるケースの場合、平均で5万円程度がここに上乗せになる

 

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:1,503,682円(平均年齢42.3歳)

 

年齢別の平均ボーナス年額

国家公務員のボーナスを年齢別に推計(地方公務員の年齢別ボーナス額を活用し独自に推計)すると以下の通りです。

18~19歳806,133円
20~23歳939,869円
24~27歳1,052,251円
28~31歳1,181,034円
32~35歳1,334,211円
36~39歳1,516,530円
40~43歳1,700,594円
44~47歳1,831,002円
48~51歳1,925,075円
52~55歳1,999,109円
56~59歳2,058,892円

 

国家公務員(行政職俸給表(一))の平均年収

平均年収額

7,233,410円(平均年齢43.6歳)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:6,320,662円(平均年齢42.3歳)

 

年齢別の平均年収額

年収を年齢別に推計すると以下の通りです。

18~19歳3,372,441円
20~23歳3,926,057円
24~27歳4,549,447円
28~31歳5,214,486円
32~35歳5,936,727円
36~39歳6,593,310円
40~43歳7,195,874円
44~47歳7,805,898円
48~51歳8,331,947円
52~55歳8,617,037円
56~59歳8,844,184円

※平均給与×12+ボーナス額で算出

 

典型的な年功序列ですね。

ちなみに官僚の場合であれば、45歳手前くらいで1,000万を超えてきます。

官僚の年収はいくら?35歳720万、50歳1250万、事務次官2300万。

2018年7月21日
Sponsered Link

国家公務員(行政職俸給表(一))の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

22,231,000円

出典(内閣官房『退職手当の支給状況』)

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:22,861,000円

 

依願退職する場合はもっと下がります。

ちなみに、県庁の場合、32歳でやめると120万円くらいです。(経験者談)

 

国家公務員(行政職俸給表(一))の生涯年収

生涯年収額(大卒)

282,438,754円(給与収入260,207,754円、退職金22,231,000円)

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出しています。

参考 地方公務員全体(一般行政職)平均:259,102,810円

 

参考 民間の生涯年収(60歳まで、退職金含む)

288,000,000円(大卒・院卒男性)

221,500,000円(高卒男性)

出典(労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』)

 

「現役だけどもうちょっと稼ぎたい!」とか「国家公務員になりたい!」と思った方へ、元公務員からのオススメ

ここまでお給料データを書いてきましたが、「もうちょっと稼ぎたい!」と思っている現役の方や、「国家公務員になりたいな〜」と思った学生や社会人の方向けに関連記事を紹介します。

元公務員による毎月1万円以上を超簡単に稼げるテクニック

僕が公務員退職後に収入がなくて困っている中(笑)で実践してきた、堅実・簡単にお金を稼ぐ方法や節約術をまとめた記事です。

 

特に自己アフィリエイトは、知らない方も多いと思いますがめっちゃ美味しいです。(僕も公務員時代知りませんでした)

うさんくさく聞こえてしまうかもしれませんが、1時間もあれば月1万円以上、年間で見れば10万円以上はノーリスクで誰でも簡単に稼げますよ〜。

【お小遣い稼ぎ&節約術】元公務員おすすめの安全・簡単に月1万円以上稼げる方法。

2018年12月27日

【自己アフィリエイト(ハピタス)のやり方】堅実な元公務員が毎月1~2万円以上をノーリスクで稼ぐ方法を解説!

2018年12月28日
シュン
また、yahooショッピング・ヤフオク・楽天市場・じゃらんなどを利用している場合、自己アフィリエイトの仕組みを使うだけで大きく得ができます。

 

公務員より稼げる転職先は、実は結構あります

公務員から民間に転職した知り合いたち(→年収アップかつ時間のゆとりもできた)にヒアリングして書いた転職記事です。

特に、転職を考えている現役公務員の方におすすめです。

【公務員から転職】知り合いの公務員たちがもっと良い条件の民間に転職できた!彼らが使っていたオススメのサイトはこれだ。

2018年12月29日

 

国家公務員の給料めっちゃおいしい、ぜひなりたい!と思ったら

国家公務員を目指す方向けに、元公務員(国家総合職1次試験上位合格、県庁2位最終合格)が、公務員試験対策や予備校比較を行っています。

【公務員試験対策まとめ】元県庁職員が筆記・面接対策などを徹底解説!

2018年12月23日

【公務員予備校まとめ】試験種類別の費用比較、通うメリット、おすすめの選び方など、これを見れば完璧!

2018年10月15日

また、社会人から国家公務員を目指す方の場合、転職ルートなどの全体像を掴むために以下の記事がおすすめです。

民間から公務員に転職したいなら必読!元公務員おすすめの無料ハンドブックを紹介。

2018年12月30日

社会人から公務員に転職するには?経験者採用枠と大卒枠では難易度の質が全く違う!

2018年12月19日

 

おわりに

以上、国家公務員のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

国家公務員と言っても、都内で働いている人はむしろ少数派(行政職俸給表(一)適用者で言えば30%程度)で、多数が全国各地に散らばっているわけですが、こうして給料を見ると地方公務員平均よりは結構高め(地方公務員の中でも給料がトップクラスの都庁とか特別区の収入に近い)です。

→ただ、官僚も含んだ平均給与なので、一般職の場合、上で算出してきた数字より下振れすると想定される点には留意する必要があります。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>「公務員の給料の全て」をまとめた記事はこちらから(地方公務員との比較もできます)

【公務員の給料完全まとめ】年齢別給与・ボーナス・年収などを職種別にまとめました。公務員の給料はこれで全てが分かります!

2019年1月9日

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です