公務員に転職したい人へ。ぶっちゃけつまらないし将来ジリ貧だけどどうしてもやりたい?

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「公務員への転職」がテーマです。

 

民間から公務員への転職を考える人は多いと思いますし、実際に僕が勤めていた県庁にも、たくさんの民間からの転職者がいました。

 

一方で、転職する前に公務員の仕事がどういったものなのかを知る手段というのは限られています。

 

ここでは、公務員への転職を考える際にぜひ知っておきたい以下の点について、ぶっちゃけ話を含めて書いていきます。

  • 公務員の仕事の実態(仕事がつまらない?)とメリット
  • 公務員の仕事の将来
  • 公務員に転職したい場合にやるべきこと

 

ぜひご参考にしていただければ幸いです。

Sponsered Link

公務員の仕事はつまらない?

僕はつまらなかったし、妻もつまらなそうだし、同期や同僚も概ねつまらなそうだった(笑)

ただ忙しくて退屈だった

 

映画「生きる」(監督 黒澤明)より

映画「生きる」の中で、市役所で市民課長を務める渡辺勘治が言うセリフです。

 

公務員について物凄く的確に表した表現だと思います。

 

公務員の転職について調べている方であれば、結構残業があるとか、業務がそれなりにハードだとか、残業代がつかないだとかいったネットの記事を見る機会も多いと思います。

 

確かにそれは事実でもあり、僕も深夜3時4時に帰る日が何日も続いたりする部署を経験したこともあります。(一方で、ものすごく暇な部署も存在します)

 

ただ、忙しくても面白ければいいんですが、基本的に「退屈」なんですね。

 

非常に抽象的な表現になりますが、付加価値(人の役に立つもの)を生み出すというより、なんだか複雑怪奇でわけの分からない組織内部の仕組みを突破すべく、多くの無駄な作業をしながら前に進んでいった結果、大して役に立たない何かが出来上がるというのが公務員の仕事でした。

 

その上、新しいことをやろうとすれば規制(内部の仕組み上の規制です)が多すぎて物事がなかなか進みません。

 

暇なところは暇なところで退屈ですし、忙しいところに行ったら行ったで旧態依然な仕組みに基づいて行う作業は煩雑なだけでやはり退屈であり、忙しい分ただ神経だけすり減らすみたいな感じになります。

 

そんなわけで、僕はダメでしたね。

ここにあと30年とか勤めるのかと思ったら、正直身の毛がよだつ思いでした(笑)

 

また、市役所に勤める妻の意見は、全然面白く無いが、ただ給料を稼ぐための手段としてやっているとのことです。

やりがいは、金曜になると「今週も頑張ったなぁ」と自己満足出来る事くらいらしいです(笑)

 

同期や同僚に関しても、多くが妻の意見と似たような感じだったと思います。

 

心底楽しそうにやってる人はほとんどおらず、安定的な給料、家庭と仕事のバランス、たまに感じるやりがい(その多くは付加価値を生み出していないので、やった感に過ぎないですが)があるから仕事をしているという感じですね。

→単に僕の感覚というわけではなく、実際に同期と会話をしていてもそういった意見の人は多かったですよ。

 

つまらないが、多くの人にとっては妥協できるだけのメリットがある

僕的には間違いなく退屈な仕事でしたが、現実問題として、公務員を辞める人は非常に少ないです。

公務員辞める人はめっちゃ少ない!3年以内離職率は民間の10分の1?

2018.06.26

 

つまり、(妻や同期のように)あまり仕事の内容に面白さを感じていなかったとしても、仕事を続けるだけのメリットはあるということでしょう。

 

例えば、数字上のノルマが無いため、ひたすら気合と根性で作業をすればなんとかなるのが公務員の仕事です。

数字に追われない分、精神的には間違いなく楽です。

(僕は銀行に出向経験があるのですが、銀行の支店営業より絶対楽です)

 

しかも、土日祝日は基本お休み。

女性なら育休は大半の人が1年(以上)キッチリ取れて、その後の時短勤務も確保されます。

 

そして、給与は年功序列で増えていき、基本的にクビにならない。

 

多少仕事がつまらなくても、このトータルでのバランスに十分な幸せを感じることのできる方はたくさんいるということです。

そしてこれが最も重要な点だったりします)

 

公務員の仕事を楽しめるかどうかは、実際にやってみなければ分からない

仕事が退屈だと書きましたが、楽しんでやっている人ももちろんいます。

 

仕組みをぶっ壊すべくエネルギッシュに仕事をしている人もいますし、仕組みがあることを前提にして、それをゲームのようにクリアすることが大好きな人たちもいます。

もちろん、退屈な仕組みを構築することが大好きな人もいます。

 

どれがいいか悪いかというのは個人の主観ですから置いておくとして、まさに「好きこそ物の上手なれ」であり、仕事がつまらないとか退屈だとか思っている人は、こういう人たちに勝つことは絶対にできません。

 

一方、こういった人たちのように公務員の仕事にハマれるかどうかは、やってみなければ「絶対に」分かりません。

転職前に見抜くのは不可能です。

 

何の仕事でもそうなのですが、ここが難しいところですよね。

 

ちなみに、僕が10年県庁に勤めた感覚として、本気で楽しんでやっている人というのは数十人に1人くらいでしたね。

Sponsered Link

将来的に公務員は間違いなくジリ貧である

ここまで、公務員はつまらないかもしれないが、相応のメリットもあるよということを書いてきました。

「つまらない」とか「退屈」というのはあくまで主観の話ですが、ここからは、よりリアルな数字に基づいて、公務員の将来(=ジリ貧であるという仮説)について書いていきます。

 

ジリ貧の理由その1:日本の人口が大幅に減ることによる経済衰退

国連の人口予測(中位推計)では、日本は2050年に1億1000万(▲1700万)、2100年に8500万人(▲4200万)になるとされています。

人口予測はまず外れません。

つまり、日本は今後当分人が減り続け、約80年後には今の約2/3の人口になっていく可能性が非常に高いということです。

 

経済=人口です。

人口が増えれば関連する衣食住支出が増えるから経済は活性化します。

人口が減れば衣食住支出が減るから経済も衰退します。

 

経済が衰退する→企業の給料が減る→企業の給料をベースに決められている公務員の給料も減る→公務員の給料は横並びの仕組みなので全員揃って給料が減る

 

人口が減って自分が勤務する自治体から活気がなくなっちゃう・・・とかいうレベルの問題ではなく、「年功序列で安定して増えていく給料」という公務員人気の基盤である部分にも大打撃が予測されるということはしっかり押さえておく必要があります。

関連記事2045年人口から見る企業と公務員の将来。給料は下がり、仕事はAIに取られる?

 

ジリ貧の理由その2:事務の仕事はAIによって基本的に縮小傾向

AIやブロックチェーン技術などの台頭によって、事務的な仕事は基本的に縮小していきます。(公務員に限りませんが)

 

公務員がやるべき仕事なんて、ほとんどない。

これから20〜30年くらいのスパンだけでみても、公務員が絶対安泰だとはまずいえない。

引用 「10年後の仕事図鑑」 落合陽一、堀江貴文著

最近売れている「10年後の仕事図鑑」の中でも、AIの台頭によりなくなる仕事・減る仕事という中で、バッチリ公務員が取り上げられていました。

公務員なら全員読むべし!ホリエモン×落合陽一「10年後の仕事図鑑」について。

2018.06.12

 

公務員に身を置いた人間としても、AIによる大幅な事務の代替が起こるのは間違いないと思います。

 

公務員にはそれだけ定型的なルーチンワークが多いです。(銀行に出向していましたが、銀行も同様ですね)

 

一見判断をしているような仕事(財政とか企画とか)でも、前例やら近県事例やらを踏まえて判断しているケースが大半なので、はっきり言ってほとんどAIに任せられます。

 

あとは導入コストとのバランスだけですね。(本格導入するとなればかなり大きな費用がかかります)

 

AIを効果的に使いこなせる人(自治体のビジョンを自ら示し、それを達成するためにAIに様々な指示を出せる人)は生き残っていけるでしょうが、大半の人は厳しいでしょうね・・・。

関連記事公務員の仕事はAIに置き換わるか?50時間の作業が数秒で完了!?

Sponsered Link

公務員に転職したいならまずやるべきこと

ここまでは、公務員の実態や公務員の将来について、どちらかというと厳しめの視点から書いてきました。

 

ここからは、とにかく公務員になりたいんだ!という方のために、転職したい場合にやるべきことを書いていきます。

 

ゴールを決めよう

公務員に転職したいのであれば、まずはゴールを決めることです。

 

何でもそうですが、ゴールがあり、そのための手段があって、行動があります。

(なぜかまず手段を気にする人が多いですが、ゴールを決める前に手段を決めるというのは、旅行先が国内なのか海外なのか決まっていないのに、車で行くか飛行機で行くかを悩んでいるくらい無意味なことです)

 

例えば、公務員になって、その自治体で具体的にこういうことがやりたいというのは一つのゴールですよね。

 

そこさえ決まれば、ゴールに向けて何が必要かを考え、そのために環境や人間関係を変え(勉強するために予備校に行くとか、既に自治体で活躍している人に会うとか)、行動を継続していけば必ずゴールに到達できます。

 

その際、自治体への転職というのは単なる通過点に過ぎませんから、軽くクリアできます。

 

ただ、こうしたゴールを持つ方の場合、「自分が思い描くゴールを達成するためにはその自治体でなければダメなのか?」という点は追求したほうがいいです。

 

自治体にはかなりカラーの違いがあるため、その判断を間違うと、ゴールに向かう速度が全く変わってきます。

 

事前に徹底した自治体のリサーチが必要です。

できれば、希望自治体の財政課と企画課のスタンス(→意思決定に大きな影響を与えているケースが多い)について、職員の方と知り合いになって生の声を聞くのがオススメですね)

 

また、「退屈でもいいから安定したお給料を得て、土日は休みたい。その中で趣味の時間を充実させたり、家族と接する時間を多く取る人生を歩みたい。」というゴールももちろんありでしょう。

 

こちらも、そのために何をすべきか考え、環境や人間関係を変え、行動を継続していけば、転職は通過点として達成できます。

 

さらに言えば、このゴールの場合、どの自治体かというのはそこまで関係なく、公務員になれば概ね実現できると言えます。

 

ただ、これは別に公務員でなくても達成し得ますので、その点は色々な可能性を検討した方がいいとは思います。

 

おわりに

「退屈であるのはやむを得ない、それよりも仕事と家庭のバランスや給料の安定が重要だ!」と断言できる方であれば、今のところ公務員は間違いなく転職価値があると思います。

(20年〜30年後は全然分かりませんが)

 

また、公務員に転職してどうしても成し遂げたいものがあるという人の場合、とにかく自治体のカラーをよく見抜くように努めましょう。

自治体の環境やそこで付き合う人たちというのは、ゴール達成のためには最も重要な要素(A市とB市で給料が数万円変わるとかは全くどうでもいいくらいに重要)です。

 

最後に、これが最も大切な点なのですが、自分の幸せとは何なのかという点についてよく自分自身に問いかけてから決断を下すようにしましょう。

 

メリットのところで、

多少仕事がつまらなくても、このトータルでのバランスに十分な幸せを感じることのできる方はたくさんいるということです。

と書きましたが、これは公務員を選択するに当たり、自分自身への問いかけとしてキーになる部分だと思います。

(僕はそれでは幸せを得られないと思ったから辞めています)

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員の転職に関連する記事をまとめたものはこちらです。

公務員の転職・退職まとめ!失敗や後悔する理由、転職者の実態など、民間出向経験も踏まえてまとめました。

2018.06.10

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です