公務員浪人の是非。末路や失敗を気にしているようならやめた方がいい。

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、公務員浪人をテーマに書いていきます。

 

残念ながら公務員試験に落ちてしまった場合、公務員浪人をするか、それとも民間に通いながら翌年の試験を狙うかといったことを迷われる方も多いと思います。

 

以下では、

  • 県庁の同期(また、妻の市役所の同期)に公務員浪人はいたのか
  • 公務員浪人をする上での心得
  • 公務員浪人をする場合、受かるためにやるべきこと

について書いていきたいと思います。

Sponsered Link

公務員浪人の末路など、ネガティブな意見も目立つが

ネットで「公務員浪人」と検索してみると、どちらかというとネガティブな意見が目立つ印象ですね。

 

これは最も重要なことなので最初に強く言っておきたいと思いますが、ネガティブな情報を拾い集めて物事を決めるようなマインドでは、仮に民間に行って翌年試験を受けたとしても再度落ちる可能性が非常に高いです。

 

浪人をやるかやらないかはあくまで自分が決める問題です。

そこにおいて、過去に浪人して失敗した人がいるかどうかというのは全く関係ありません。

(なぜなら、失敗した人がいる一方、必ず成功した人もいるからです)

 

以下のように、主体的に判断をくだすようにしましょう。

  • 何がなんでも公務員になりたいし、他のことをやると集中力が分散するから浪人する
  • 筆記は十分自信があるので、民間で揉まれることで面接力を高めて来年再度挑戦する
  • 正直公務員か民間で凄く迷っているから、一旦民間に行ってみて、ダメなら再度公務員を受け直す

 

この点はまず初めにしっかり押さえておきましょう。

 

県庁にも市役所にも公務員浪人はいた

それでは、実際に僕の県庁の同期に公務員浪人がいたのかと言えば、やはりいました。

弁護士浪人(諦めて公務員へ転向)もいましたね。

 

もちろん、一度民間に就職してから公務員を受け直した方もいましたし、市役所で勤務後に県庁を受け直したという方もいました。

 

つまり、浪人組、一旦就職組、どちらのパターンもいました

 

なお、大学からストレートで入った人数を7~8割とすると、浪人や就職後再度受験して入った方が2~3割といった感じでしたね。

(ちなみにですが、年齢制限ギリギリの方がやけに多かったです。最後の底力を発揮されるのかもしれません)

 

また、僕の妻は現役市役所職員ですが、同期はなんと半分近くが年上(浪人、民間、他の役所経験者)とのことです。

 

余談ですが、僕はもし県庁に落ちれば迷わず浪人をチョイスしていました。

(そもそも民間を受けてない上に、国家公務員は全て2次試験を辞退したので、落ちたら浪人するしかなかったわけですが)

Sponsered Link

公務員浪人をするか迷っている場合に押さえておきたいこと

合格のための秘訣は決断と集中

公務員試験に合格するための秘訣は決断と集中です。

【保存版】絶対受かる公務員試験の勉強法!本質さえ押さえれば楽勝

2018.02.25

 

一旦民間に行きながらでも合格することは出来ますが、その場合は決断をしていませんから(民間に通いながら公務員試験の勉強もやる=分散している)合格の「確率」は確実に下がります。

 

何が何でも公務員になるんだと決めているのであれば、わざわざ合格確率を下げる選択肢を取るのはあまり良い判断とは言えません。

 

もちろん、筆記は絶対大丈夫だから、民間で仕事をしながら面接能力を圧倒的に高めたいと決めているならいいのですが、そういう人はあんまりこの記事を見ていないと思うので・・・。

 

重要なのは、本気で公務員になる覚悟が決まっているかどうか

公務員浪人を選んで失敗した人の情報をいくら集めたところで、合格には1ミリも貢献してくれません。

そういった情報を集めて迷う程度の覚悟であれば、正直公務員になるのはやめた方がいいと思います。

 

どんなことでもそうですが、受かることを決めて臨まなければ絶対受かりません。

 

実際脳の機能として、落ちるケースに意識を向けていれば、脳がそういった情報ばかりを集めるようになります。

そして、不安になり、自信をなくし、勉強に集中できなくなり、落ちるべくして落ちることになります。

 

まず最初に問うべきは、他者が失敗したとか成功したとかいう情報ではなく、

  • 何が何でも公務員になりたいのか?
  • それはどうしてなのか?
  • 民間では絶対にダメなのか?

こうした問いを自分自身に徹底的に投げかけ、覚悟を決めること。

 

それこそがまず最初にやるべきことです。

Sponsered Link

覚悟が決まったのなら戦術を練る

やっぱりどうしても公務員になりたい、そして、公務員試験だけに集中したいから浪人をしようと覚悟を決めたのであれば、次は受かるための戦術を練ることです。

 

当たり前ですが、落ちたのは点数が足りなかったからです。

その原因を追求して、点数を伸ばすための対策をする。

これが戦術です。

 

筆記試験で落ちた場合

筆記で落ちたのであれば、純粋に勉強時間が足りなかったか、やり方が悪かったかということになります。

 

もし独学でダメだったのであれば、予備校に通うというのは最も優先して考えるべき選択肢です。

公務員予備校まとめ!メリット、費用、おすすめの選び方など、これを見れば完璧!

2018.10.15

 

また、予備校に通ってダメだったのであれば、問題集を繰り返す回数は十分だったか、配点に応じた問題集の繰り返し回数は適正だったかという点を振り返る必要があります。

(予備校に通って、テキストの内容をある程度理解しているのであれば、講義を再度一から受けるのは正直微妙です。むしろ問題集の繰り返しが甘い可能性が高いので、そちらに重点を置いてやっていくべきでしょう)

 

面接試験で落ちた場合

面接で落ちたのであれば、対策はよりシンプルです。

単に面接の能力が足りなかったわけですから、そこを徹底して磨けばいいということになります。

 

もちろん筆記も疎かにすべきではありませんが、内容を忘れない程度に問題集を繰り返していけば問題はないでしょう。

(筆記で圧倒的上位を狙うという戦術もありですが、配点の高い面接で落ちている以上、面接は特に重点的に対策を行う必要があります)

 

面接能力を高めるために何をするかと言えば、経験をこなすことに尽きます。

 

例えば、

  • 興味のある部署にアポを取ってお話を伺う。
  • 役所に何度も足を運び、職員と会話する機会を設ける。
  • 予備校やジョブカフェで模擬面接をこなす。

といったことです。

 

なお、僕のブログの面接記事を読んで合格した以下の方たちの記事も大いに参考になると思います。

【公務員の面接】当ブログの記事を実践し、某県庁に3位で合格した読者様にお話を伺いました!

2018.10.31

【市役所面接突破!】志望動機を相談いただいた読者さんが某市合格。理由を分析しました。

2018.11.13

 

また、勉強にある程度余裕があるのなら、役所の臨時補助員(バイト)に応募するのもアリです。

実際の現場に潜入して色々話を聞けるわけですから、面接のネタには困りません。

これをやりながら翌年の公務員試験に受かったという人は結構いますよ)

 

正直、筆記は問題集を解きまくれば受かりますから、採点が読めなくて不安なのは面接だと思います。

 

一方、面接で落ちた方で上に書いたようなことを全部やったような方はほぼ100%いないでしょう。

(むしろそこまでやり切ってダメだったなら、清々しさと共に、潔く次の道へ進もうという発想になっているはずです→ただ、ここまでやれば普通受かりますが)

 

本気で公務員になりたいのなら、成功確率を上げることは全てやるべしということです。

 

おわりに

公務員浪人をするかどうかの判断をする際、次にダメだったらどうしようという恐れが出てしまう気持ちは分かります。

 

しかし、その不安を一旦押さえ、まずは自分が公務員になりたいという気持ちはどれくらいなのか、まずはその点をしっかり自問自答することから全てが始まります。

 

どうしても公務員になりたいのであれば、そのための手段として何を選ぶのか、浪人を選ぶのであれば勝つための戦術をどうするのか、そのように考えていくのが正しい手順です。

 

まず浪人して受かった人を探そうとか、ダメだった人を探そうとかいうのは、完全に思考停止してしまっています。

最初にも書いた通り、浪人して受かった人もいれば、何度浪人してもダメだった人も存在します。

 

過去そういう人がいるかいないかは問題ではなく、自分がどういった選択をするのか。

そこで覚悟を決めたのであれば、あとは正しいやり方で頑張るだけです。

 

そうすれば受かります。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員試験対策(筆記・面接)の基本については以下の記事をご覧ください。

【保存版】絶対受かる公務員試験の勉強法!本質さえ押さえれば楽勝

2018.02.25

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です