【年収ランキング】都道府県庁と県庁所在地市役所の給与・年収をまとめました。

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、総務省の統計データに基づき、都道府県庁と県庁所在地市役所の年収等について調べてみました。

 

具体的には以下のようなデータをまとめています。

  • 都道府県庁ごとの給与(=手当込みの月収)、ボーナス年額、年収
  • 都道府県庁の年収ランキング
  • 県庁所在地市役所ごとの給与(=手当込みの月収)、ボーナス年額、年収
  • 県庁所在地市役所の年収ランキング
  • 手取り年収
Sponsered Link

都道府県庁の給与・ボーナス・年収

都道府県庁ごとの給与(=手当込の月収)・ボーナス・年収

都道府県庁 給与月額(円) ボーナス年額(円) 年収(円) 平均年齢(歳)
北海道 392,320 1,639,400 6,347,240 44.4
青森県 386,468 1,403,800 6,041,416 43.2
岩手県 395,274 1,538,300 6,281,588 43.6
宮城県 401,155 1,587,100 6,400,960 42.3
秋田県 398,614 1,521,400 6,304,768 42.8
山形県 422,813 1,597,000 6,670,756 44.1
福島県 412,596 1,561,500 6,512,652 42.7
茨城県 417,503 1,644,900 6,654,936 42.7
栃木県 411,601 1,665,800 6,605,012 43.1
群馬県 409,007 1,660,400 6,568,484 43.7
埼玉県 421,903 1,660,800 6,723,636 42.9
千葉県 411,203 1,649,900 6,584,336 41.7
東京都 445,077 1,758,000 7,098,924 41.5
神奈川県 443,588 1,669,600 6,992,656 43.3
新潟県 412,452 1,614,400 6,563,824 43.7
富山県 411,452 1,615,800 6,553,224 43.9
石川県 399,393 1,545,000 6,337,716 41.8
福井県 398,574 1,598,700 6,381,588 42.4
山梨県 414,657 1,695,400 6,671,284 43.3
長野県 394,886 1,639,400 6,378,032 45.3
岐阜県 405,433 1,617,900 6,483,096 42.8
静岡県 434,656 1,689,500 6,905,372 42.5
愛知県 431,518 1,669,100 6,847,316 42.0
三重県 435,565 1,731,000 6,957,780 44.0
滋賀県 430,967 1,682,500 6,854,104 42.5
京都府 415,719 1,672,800 6,661,428 43.2
大阪府 434,359 1,703,400 6,915,708 42.3
兵庫県 430,817 1,703,500 6,873,304 44.6
奈良県 410,226 1,569,700 6,492,412 42.9
和歌山県 410,339 1,613,300 6,537,368 43.6
鳥取県 388,246 1,381,200 6,040,152 43.8
島根県 399,030 1,455,200 6,243,560 43.7
岡山県 418,757 1,655,900 6,680,984 43.6
広島県 424,517 1,691,800 6,786,004 44.3
山口県 405,253 1,604,500 6,467,536 43.5
徳島県 434,801 1,674,600 6,892,212 44.5
香川県 408,624 1,633,900 6,537,388 43.9
愛媛県 426,619 1,641,400 6,760,828 44.4
高知県 386,243 1,434,900 6,069,816 43.3
福岡県 418,756 1,641,000 6,666,072 43.2
佐賀県 398,480 1,544,800 6,326,560 42.8
長崎県 399,209 1,554,500 6,345,008 43.6
熊本県 403,002 1,604,800 6,440,824 43.3
大分県 400,907 1,564,000 6,374,884 43.0
宮崎県 390,374 1,510,100 6,194,588 43.6
鹿児島県 399,914 1,518,300 6,317,268 44.8
沖縄県 365,808 1,362,000 5,751,696 40.8
全地方公共団体平均 402,147 1,582,717 6,408,481 42.3

総務省「給与・定員等の調査結果等」より、2017年(平成29年)のデータ(一般行政職のもの)を用いて算出。以下同じ。

 

都道府県庁の年収ランキング

順位 都道府県庁 年収
1 東京都 7,098,924
2 神奈川県 6,992,656
3 三重県 6,957,780
4 大阪府 6,915,708
5 静岡県 6,905,372
6 徳島県 6,892,212
7 兵庫県 6,873,304
8 滋賀県 6,854,104
9 愛知県 6,847,316
10 広島県 6,786,004
11 愛媛県 6,760,828
12 埼玉県 6,723,636
13 岡山県 6,680,984
14 山梨県 6,671,284
15 山形県 6,670,756
16 福岡県 6,666,072
17 京都府 6,661,428
18 茨城県 6,654,936
19 栃木県 6,605,012
20 千葉県 6,584,336
21 群馬県 6,568,484
22 新潟県 6,563,824
23 富山県 6,553,224
24 香川県 6,537,388
25 和歌山県 6,537,368
26 福島県 6,512,652
27 奈良県 6,492,412
28 岐阜県 6,483,096
29 山口県 6,467,536
30 熊本県 6,440,824
31 宮城県 6,400,960
32 福井県 6,381,588
33 長野県 6,378,032
34 大分県 6,374,884
35 北海道 6,347,240
36 長崎県 6,345,008
37 石川県 6,337,716
38 佐賀県 6,326,560
39 鹿児島県 6,317,268
40 秋田県 6,304,768
41 岩手県 6,281,588
42 島根県 6,243,560
43 宮崎県 6,194,588
44 高知県 6,069,816
45 青森県 6,041,416
46 鳥取県 6,040,152
47 沖縄県 5,751,696
Sponsered Link

県庁所在地市役所の給与・ボーナス・年収

県庁所在地市役所ごとの給与(=手当込の月収)・ボーナス・年収

県庁所在地市役所 給与月額(円) ボーナス年額(円) 年収(円) 平均年齢(歳)
札幌市 381,000 1,437,400 6,009,400 40.5
青森市 368,114 1,371,600 5,788,968 41.5
盛岡市 381,442 1,446,200 6,023,504 41.6
仙台市 449,748 1,661,900 7,058,876 42.4
秋田市 380,162 1,562,200 6,124,144 43.4
山形市 400,713 1,513,600 6,322,156 41.3
福島市 402,465 1,516,900 6,346,480 40.4
水戸市 390,233 1,497,400 6,180,196 39.8
宇都宮市 415,211 1,650,600 6,633,132 42.3
前橋市 390,563 1,608,400 6,295,156 42.5
さいたま市 456,259 1,644,300 7,119,408 40.0
千葉市 441,764 1,635,600 6,936,768 41.3
新宿区 426,543 1,721,800 6,840,316 40.7
横浜市 421,749 1,845,100 6,906,088 40.6
新潟市 395,348 1,544,600 6,288,776 41.7
富山市 400,776 1,585,600 6,394,912 41.1
金沢市 397,141 1,546,400 6,312,092 40.8
福井市 397,880 1,571,200 6,345,760 41.2
甲府市 436,513 1,684,500 6,922,656 43.8
長野市 417,877 1,703,400 6,717,924 44.2
岐阜市 417,730 1,609,300 6,622,060 40.8
静岡市 420,372 1,614,400 6,658,864 41.2
名古屋市 451,649 1,647,500 7,067,288 40.8
津市 436,403 1,669,400 6,906,236 42.1
大津市 434,970 1,685,900 6,905,540 42.1
京都市 446,906 1,731,100 7,093,972 43.1
大阪市 427,901 1,754,000 6,888,812 43.1
神戸市 463,683 1,702,000 7,266,196 42.1
奈良市 430,905 1,754,300 6,925,160 42.7
和歌山市 421,126 1,663,400 6,716,912 43.0
鳥取市 400,271 1,560,800 6,364,052 44.1
松江市 400,597 1,686,000 6,493,164 45.4
岡山市 432,104 1,730,200 6,915,448 44.8
広島市 429,154 1,766,000 6,915,848 42.7
山口市 417,341 1,663,000 6,671,092 44.0
徳島市 402,368 1,591,400 6,419,816 42.6
高松市 412,096 1,629,100 6,574,252 42.3
松山市 397,520 1,461,200 6,231,440 41.7
高知市 399,896 1,518,500 6,317,252 42.2
福岡市 417,067 1,629,200 6,634,004 39.8
佐賀市 399,721 1,530,300 6,326,952 43.2
長崎市 395,831 1,533,400 6,283,372 42.3
熊本市 410,045 1,515,200 6,435,740 42.3
大分市 396,586 1,664,500 6,423,532 40.9
宮崎市 381,562 1,495,400 6,074,144 40.9
鹿児島市 400,907 1,548,000 6,358,884 42.2
那覇市 351,452 1,372,200 5,589,624 41.4
全地方公共団体平均 402,147 1,582,717 6,408,481 42.3

 

県庁所在地市役所の年収ランキング

順位 県庁所在地市役所 年収
1 神戸市 7,266,196
2 さいたま市 7,119,408
3 京都市 7,093,972
4 名古屋市 7,067,288
5 仙台市 7,058,876
6 千葉市 6,936,768
7 奈良市 6,925,160
8 甲府市 6,922,656
9 広島市 6,915,848
10 岡山市 6,915,448
11 津市 6,906,236
12 横浜市 6,906,088
13 大津市 6,905,540
14 大阪市 6,888,812
15 新宿区 6,840,316
16 長野市 6,717,924
17 和歌山市 6,716,912
18 山口市 6,671,092
19 静岡市 6,658,864
20 福岡市 6,634,004
21 宇都宮市 6,633,132
22 岐阜市 6,622,060
23 高松市 6,574,252
24 松江市 6,493,164
25 熊本市 6,435,740
26 大分市 6,423,532
27 徳島市 6,419,816
28 富山市 6,394,912
29 鳥取市 6,364,052
30 鹿児島市 6,358,884
31 福島市 6,346,480
32 福井市 6,345,760
33 佐賀市 6,326,952
34 山形市 6,322,156
35 高知市 6,317,252
36 金沢市 6,312,092
37 前橋市 6,295,156
38 新潟市 6,288,776
39 長崎市 6,283,372
40 松山市 6,231,440
41 水戸市 6,180,196
42 秋田市 6,124,144
43 宮崎市 6,074,144
44 盛岡市 6,023,504
45 札幌市 6,009,400
46 青森市 5,788,968
47 那覇市 5,589,624
Sponsered Link

手取り年収について

手取り年収は440~500万円程度

当然のことながら、上記年収からは社会保険料、年金、所得税、住民税が差し引かれます。

 

上記の各自治体の年収は概ね600~700万円のレンジですので、600万・650万・700万でそれぞれ手取りをざっくりと算出しました。

 

年収 手取り年収
600万円 約440万円
650万円 約470万円
700万円 約500万円

 

計算としては、だいたい70~75%程度です。

20~30台でもう少し年収が低ければ、80%程度の手取りになってきます。

 

おわりに

以上、各都道府県庁や県庁所在地市役所の給与や年収データでした。

 

ざっくり言えば、人口が多いところは高く、そうでないところは低いということですね。

公務員の給与は、地元の民間企業(50人以上の企業)の平均給与で決まるため、そうした傾向になります。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>地方公務員の年齢別年収や生涯年収などをまとめたこちらの記事もオススメです。

【地方公務員の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯年収を全てまとめました。

2018.04.17

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です