警察官の年収は20代でいくら?行政職公務員より100万以上高いが使う暇無い?

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は20代の警察官の年収について取り上げます。

 

総務省の統計に基づく推計年収および手取り年収を書いていきますので、目安としていただければと思います。

 

最初に言っておくと、公務員の中ではかなり高いです。

ただ、僕にも県警の友人がいますが、忙しくてあまり使う余裕があるような状態では無さそうでしたが・・・。

Sponsered Link

20代警察官の推計年収

統計に基づく20代警察官の推計年収

警察官も含めた地方公務員の給料については、総務省が「地方公務員給与実態調査」を実施しており、細かくデータが公開されています。

 

経験年数ごとの給料データを用いて算出した20代警察官の推計年収は次のとおりです。

 

警察官(都道府県)の20代の平均年収(20〜29歳で貰える額の平均)

約534万円(うちボーナス113万円)

 

※学歴区分は大卒です

 

<参考>

一般行政職地方公務員の20代の平均年収

約397万円(うちボーナス92万円)

 

一般的な行政職員と比べると130万以上高いです。

正直20代でこの差だと別次元です。

まぁ、警察官の場合は命かかってますからね。

 

ちなみに年収が高い要因ですが、残業手当が行政平均に比べ月額1万5千円程度高い(約5万円)のと、宿日直・夜勤・休日給(3つで計約2.5万円)が存在(行政はほぼ0)するということが収入の高さに繋がっています。

逆に言えば、そのハードさを示しているということになりますが・・・。

 

20代警察官の手取り年収

20代警察官の手取り年収は400万ちょっと

上の年収はあくまで税引き前の額ですので、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差っ引かれます。

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと75〜80%と言われてますので、

 

約534万円という年収をベースに考えると、

20代平均での手取り年収は約400〜427万円です。

(一般行政職の20代平均手取り年収は298〜318万円)

Sponsered Link

たくさん貰っても使う時間が無い・・・?

冒頭でも触れたのですが、県警の友人が激務だった印象がどうしても強く、お金を貰ってもあんまり使う暇ないよな・・・と個人的には思ってしまいます。

 

特に印象に残っているのは、その友人が、中学の同窓会の最中に呼び出しをくらって、30キロくらい離れている勤務地に駆けつけていたこと、また、そのことを想定し、一滴も酒を飲んでいなかったことです。

みんなワイワイ楽しんでいる中で、ホント大変だなぁと強く実感したことを覚えています。

 

また、真夜中に急に呼び出されることが結構あり、日々休んだ感じがしないようなこともボヤいていましたね。

 

警察官は、治安を守る本当に素晴らしいお仕事だと思いますが、普段の生活と仕事をなかなか切り分けることが出来ないという点は、行政職の公務員などと比べるとなかなかシビアだよなぁというのが率直な感想です。

 

ですので、給料が多いのもある意味当然かなと個人的には思います。

 

まとめ

  • 20代警察官の平均年収は約535万円(平成28年)
  • 手取り年収は415万円程度
  • 一般行政職と比べ100万円以上高いが激務の側面強し

 

以上です。

 

また、僕は一般行政職の元地方公務員(県庁職員)ですが、こちらのリンクにおいて、僕が32歳で退職するまでに築いた資産(家を建てたことなど)についてかなり細かく書いてあります。

警察官の方は収入が多い分もっと多くの資産を築けると思いますし、よろしければ一つの目安としてご覧ください。

公務員の給料は高いのか?筆者の具体的な資産状況を公開!

2018.01.24

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>20代以外の各年代別の年収など、警察官に関連する各種記事をまとめたものはこちらです。

警察官まとめ!年収・給料、階級、採用試験、離職率などコレで全て分かります!

2018.08.09

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です