【警察官の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、警察官のお給料がテーマです。

 

2018年4月現在の最新データを元に、警察官の

  • 平均給料月額
  • 平均給与月額
  • 平均ボーナス
  • 平均年収
  • 退職金
  • 生涯年収

を全てまとめました。

 

それぞれ年齢別にも算出してありますので、以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしてあります!

Sponsered Link

データ参照元

総務省の平成28年地方公務員給与実態調査の数値を用いています。

→2018年4月現在最新のデータです。

年齢別の部分については厳密な統計がありませんでしたので、「一般行政職」の年齢別の統計をベースに独自に計算して算出しました。

 

警察官の平均給料月額

平均給料月額

320,757円(平均年齢38.5歳)

 

ここに各種手当が加わったものが給与(月収)ですので、正直あんまり意味のない数字です。

 

年齢別の平均給料月額(推計)

給料を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳179,098円
20〜23歳210,404円
24〜27歳238,412円
28〜31歳264,358円
32〜35歳306,199円
36〜39歳331,690円
40〜43歳370,534円
44〜47歳394,349円
48〜51歳411,800円
52〜55歳423,091円
56〜59歳428,360円

 

警察官の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

459,603円(平均年齢38.5歳)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

(なお、手取りはざっくり80%くらいと考えておけばOKです)

 

先ほどの給料との差額138,846円が手当額ということになります。

 

なお、一般行政職地方公務員に比べ約5万円高い月収です。

一般行政職地方公務員の手当は85,000円なので、まさに手当の差がそのまま月収の差になっていることが分かります。

 

手当のうち額の多いのは、

  • 時間外勤務手当(残業代) 49,635円
  • 地域手当 26,572円
  • 宿日直手当・夜勤手当・休日勤務手当計 24,617円

です。

 

時間外勤務手当が他の職種に比べて多めなのと、宿日直手当などは一般行政職ではほぼ0に近いですので、要は仕事がハードだということが想像できますね。

 

年齢別の平均給与月額(推計)

給与を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳221,547円
20〜23歳281,795円
24〜27歳340,359円
28〜31歳384,716円
32〜35歳439,035円
36〜39歳472,289円
40〜43歳516,184円
44〜47歳548,121円
48〜51歳570,362円
52〜55歳579,391円
56〜59歳583,624円

 

警察官の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,566,335円(平均年齢38.5歳)

 

年齢別の平均ボーナス年額(推計)

ボーナスを年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳884,381円
20〜23歳1,018,997円
24〜27歳1,139,431円
28〜31歳1,250,999円
32〜35歳1,430,915円
36〜39歳1,540,527円
40〜43歳1,707,556円
44〜47歳1,809,960円
48〜51歳1,885,000円
52〜55歳1,933,551円
56〜59歳1,956,208円

※(給料+地域手当(平均額26,572円))×4.3月(平成28年の支給基準)で算出

※扶養手当は0とみなしたため、扶養手当がある場合はプラス数万円になる

Sponsered Link

警察官の平均年収

平均年収額

7,081,571円(平均年齢38.5歳)

 

一般行政職が645万円くらいなので、それより60万ほど高い額です。

しかも、一般行政職の場合は平均年齢が42.3歳です。

年功序列の公務員において、4歳若くて年収が60万高いというのは実質的にかなりの差があると言えます。

 

年齢別の平均年収額(推計)

年収を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳3,542,948円
20〜23歳4,400,531円
24〜27歳5,223,737円
28〜31歳5,867,594円
32〜35歳6,699,337円
36〜39歳7,207,996円
40〜43歳7,901,768円
44〜47歳8,387,417円
48〜51歳8,729,344円
52〜55歳8,886,248円
56〜59歳8,959,694円

※平均給与×12+ボーナス額で算出

 

警察官の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

22,635,000円

 

警察官の生涯収入

生涯収入額(大卒)

302,888,602円

(給与収入280,253,602円、退職金22,635,000円)

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出。

 

参考1 一般行政職地方公務員の生涯収入

258,708,692円

関連記事【地方公務員の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

 

参考2 民間の生涯収入(60歳まで、退職金含む)

288,000,000円(大卒・院卒)

221,500,000円(高卒)

出典(労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』)

 

おわりに

以上、警察官のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

公務員の様々な職種の中でも最も平均給与が高い部類に属するのが警察官です。

 

ただ、給与は高いですが仕事は大変です。

手当のところでも書きましたが、残業代が高いのと、休日給・宿日直手当といった公務員らしからぬ手当の支給額が多いのも目立ちます。

 

実際、僕の県警の知り合いは本当に激務そうで、ゆっくり寝てる暇が無いといった感じでした。

(ちなみに彼はそれなりに大きい都市の交番勤務でしたので、勤務地によっても全然違うとは思いますが)

 

給与が高いからというだけではやってられない仕事なのかなと思います。

(知り合いによれば、警察官に合格した後、警察学校の段階でもかなりの人数が辞めたという話を聞いていますし・・・)

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>警視庁や20代警察官の給料事情など、警察官に関連する各種記事をまとめたものはこちらです。

警察官まとめ!年収・給料、階級、採用試験、離職率などコレで全て分かります!

2018.08.09

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です