【2019夏】消防士(全国・東京消防庁)のボーナスを年齢別に算出。昨年比3〜4万円UP!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「消防士(全国および東京消防庁)の2019年夏のボーナス」がテーマです。

  • 2019夏のボーナス支給日はいつ?
  • 2019夏のボーナスは2018夏に比べてどれくらい増える?
  • 2019夏のボーナスの平均支給額はいくら?年齢別ではいくら?
  • 消防士のボーナスは行政職公務員や警察官と比べると高い?低い?

こうした点を知りたい方はぜひご覧ください。

 

なお、金額は総務省の最新の統計資料と2018年8月に行われた人事院勧告のボーナス改定をベースにして推計しています。

Sponsered Link

【2019】消防士の夏のボーナス支給日 

まず、ボーナス支給日は以下の通りです。

 

消防士の2019年夏のボーナス支給日:6月28日(金)

 

本来の支給日である6月30日が日曜のため若干早い支給となります。

 

厳密に言うと、地方公務員は条例で自由に決められるため(国家公務員はこの日付で確定)、自治体によって若干ズレがある可能性があります。

ただ、ほとんどのところはこの日に支給されます。

 

【2019】消防士の夏のボーナスはどれくらい増えるのか? 

2018年夏に比べて3〜4万円程度増える見込み

2018年8月に人事院勧告が行われ、国家公務員のボーナスが増額改定されました。(年間支給月数が4.4月から4.45月へと0.05月分増)

ほとんどの地方もこれに追随しています。

 

具体的に言うと、2018年夏は2.125月分の支給だったものが、2019年夏は2.225月分の支給になります。(東京消防庁は2.175月→2.275月

 

金額で言えば概ね3万円程度の増額(東京消防庁は約4万円の増額)です。

 

【2019】消防士の夏のボーナス支給額

具体的なボーナス額を、消防士全国平均と東京消防庁のそれぞれで算出していきます。

 

全国消防士の2019年夏のボーナス額

全国消防士の夏のボーナス平均支給額:712,550円(平均年齢38.2歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当21,105円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

※総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」を活用して算出。以下同じ。

 

◆年齢別支給額

18~19歳400,597円
20~23歳462,212円
24~27歳503,949円
28~31歳559,789円
32~35歳625,753円
36~39歳703,683円
40~43歳785,487円
44~47歳845,091円
48~51歳888,087円
52~55歳921,925円
56~59歳949,249円

 

東京消防庁の2019年夏のボーナス額

東京消防庁の夏のボーナス平均支給額:848,473円(平均年齢37.8歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当64,300円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.275月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

 

◆年齢別支給額

18~19歳556,956円
20~23歳628,544円
24~27歳658,805円
28~31歳700,391円
32~35歳755,749円
36~39歳844,691円
40~43歳934,484円
44~47歳998,102円
48~51歳1,043,995円
52~55歳1,080,111円
56~59歳1,109,276円

 

全国平均と東京消防庁の差は結構大きい

全国と東京消防庁とを比較すると、算定基礎となる地域手当の額が大幅に(約4万円)違うことと、支給月数が0.05月分違うということが相まって、かなり大きな金額差になっています。

Sponsered Link

消防士のボーナスは行政職公務員や警察官と比べて高いのか?

全国平均と東京消防庁との間では結構金額差がありましたが、一般行政職の公務員や、階級制度上は似たような仕組みを持つ警察官と比べるとどうなのか、以下の通り比較してみます。

  • 消防士全国平均:712,550円(平均年齢38.2歳)
  • 東京消防庁平均:848,473円(平均年齢37.8歳)
  • 地方公務員(一般行政職)平均:753,320円(平均年齢42.3歳)
  • 警察官全国平均:774,596円(平均年齢38.4歳)
  • 警視庁平均:875,545円(平均年齢38.8歳)

※総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」を活用して算出。

 

警察と比べると低め、一般行政職と比べると同等(→平均年齢差を加味)という感じですね。

 

年収などもそうですが、消防士の給与水準は概ね一般行政職の平均値に近いものとなっています。

 

まとめ

  • 2019夏のボーナス支給日は6月28日(金)
  • 2018夏のボーナスに比べて3万円程度増額(東京消防庁は4万円増)
  • 消防士全国平均の支給予想額は712,550円(平均年齢38.2歳)
  • 東京消防庁平均の支給予想額は848,473円(平均年齢37.8歳)

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です