公務員に転職する銀行員が多い理由!気質が100%真逆の仕事だからです。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、公務員に転職する銀行員が多い理由がテーマです。

 

実際、公務員に転職した銀行員というのは多かったです。

 

僕自身、県庁時代に銀行に出向させていただいた経験を踏まえ、どうして銀行員の転職組が多いのか、そして(特にこれから転職したいと思っている人にとって)その判断はどうなのかといったことを書いてみます。

Sponsered Link

銀行員を辞めて公務員になる人は多い

県庁時代、僕が知っている限りでは、銀行から転職された方が3人いました。

また、仕事でかかわった市役所にも1人いました。

 

僕の人脈が特別広いとかもありませんし、近い範囲で4人というのは正直かなりの人数だったと思います。

(他にもメーカーから転職した人などがいましたが、特別に多い印象があるのは銀行員ですね)

 

また、僕は銀行に2年間出向していたのですが、その際に銀行を辞めて市役所に行くという20代の方がいましたし、また、銀行の何人かのお偉いさんから、公務員に転職する銀行員は結構多いという話も聞きました。

 

逆に、銀行に出向していた時、公務員(市役所)から転職されて5〜6年目という方がいたのですが、この人はとんでもなく優秀な上に、マインドも全く公務員向きではない感じでした。

→利益になることをやるのが面白くて仕方がない、馴れ合いより数字、スバズバ物事を言う、儲からないならやらない(成果を徹底的に追求する)

 

その人を見ていて思ったのは、こういう人って公務員には非常に少ないから、公務員から銀行員になるパターンもやはり少ないのだろうなぁということですね。

 

公務員に転職する銀行員が多い理由は?

ぶっちゃけ、銀行のノリに合わなかったから

結局のところ、

 

「合わない」

これに尽きると思います。

 

もちろんどんな仕事の場合であっても、転職したり退職する理由を突き詰めればこれに当たるでしょう。

 

ただ、出向して銀行業務を2年経験した立場として言わせていただくと、公務員と銀行員では、あまりにも気質が違います。(もちろん仕事内容もそうですが)

両極端と言ってもいいです。

 

この極端に違うという点が、銀行から公務員に転職する方が多い非常に大きな要因であると思います。

 

実際、僕が知っている公務員への転職組の方については、皆さん性格的には素敵な方ばかりでしたが、銀行員として大成功するノリの方では無かったです。

 

銀行のノリは数字至上主義の体育会系

銀行員のノリはとにかく体育会系です。

 

彼らは、頭をポマードやジェルで固めて(笑)営業に出向き、バリバリとお金を貸し付け、投資信託を売り、銀行のクレジットカードを発行してもらうようお願いし、会社の給与振込を行なってもらうようアプローチをかけます。

 

そして、そこでの実績がポイントとしてきっちり加算され、個人の評価やお店(支店)の評価に結びつきます。

 

数字を出せば銀行全体に名前が掲示され、全然数字を挙げられなければ当然使われない奴扱いです。

そして、将来の出世にはもろに自分の数字が影響します。

 

もちろん、民間はどこでもお金を稼いでナンボですが、銀行の場合、扱うものがそもそもお金に関連するもの(上で挙げたローンや投資信託など)なので、とにかくお金・数字に近い仕事です。

どれだけ金利を支払ってもらって利益を稼ぐか、投資信託を売ってその手数料収入を得るか、そういった事が非常に重要になってきます。

 

そういった強烈な数字の世界である事が、切った張ったのノリというか、体育会系的なところに繋がっていくのだと思います。

 

公務員は淡々と事務をこなす文化系

公務員の場合、前例に則り、粛々、淡々と事務をこなしていく仕事が多くなります。

そして、そこにはノルマ的な数字もありません。

 

国も自治体も、財政状況が苦しくて借金をしているところがほとんどであり、むしろ予算削減ノルマを厳しく課してバリバリやるべきだと思いますが、職員個々に対しノルマというほどの圧力はかかりませんし、また、積極的に事業をスクラップしたから凄く評価されるわけでもありません。(密かに評価されるかもしれませんが、それは分かりやすく目に見えるものではないです)

 

また、様々な成果指標(例えば待機児童の人数を何年までに何人減らすとか)を達成できなかった場合であっても、減給されたりなどということはありません。

→銀行の場合であれば数字を支店で競わされて、最下位の支店長が減給といったことが普通にあります。

 

むしろ、指標通りに行かなかった理由を作るのが上手であり、そして、結果的にそれで済んでしまうところがあります。

 

このように、数字の絶対圧力がないということもあってか、淡々と事務をこなす人とか、冷静に理屈作りをするのが上手な人が多いです。

ノリも文化系的な雰囲気になります。

 

関連記事公務員と民間(銀行員)の性格の違い。

関連記事公務員に向いてる人の特徴!

Sponsered Link

これだけ違うと転職もしたくなるだろうし、実際、転職すれば満足できると思う

ここまで書いてきたのはあくまで傾向の話ですし、公務員でも成果を残すのは熱い人だったりします。

一方で、傾向(多数派)の力は大きいです。

 

銀行の体育会系的なノリに参っている人であれば、間違いなく公務員の環境は魅力的に映るように思いますし、実際に魅力的だと思います。

関連記事公務員の仕事は楽で暇なのか?

関連記事公務員の仕事って本当に楽?公務員と民間の違いは?

 

「銀行の気質が合わずに辛いから、公務員を一つの避難所(?)としてチョイスする」というのは、仕事という観点だけで見ればプラス方向の理由とは言えないのかもしれませんが、精神面で見れば間違いなくプラスの理由として、それを満たせるのが公務員であると思います。

 

このことは、僕自身の公務員と銀行員の両方の経験を踏まえて、結構自信を持って言えることですね。

関連記事公務員への転職理由の実態。みんな楽になりたい

関連記事民間から公務員に転職した皆さんは幸せそうでした。

 

まとめ

  • 銀行員を辞めて公務員になる方は結構多い
  • その大きな要因の一つとして、仕事の性質の違いに基づく気質の違いがある(銀行は体育会系、公務員は文化系)と考えられる
  • 銀行のノリに全く合わないので公務員をチョイスするというのは、傾向からすれば正しい選択の一つであると考えられる

 

以上です。

 

銀行員と公務員どちらがいいかというのは全く無くて、結局、何が幸せなのかという点を自分自身が把握していることが最も重要なことです。

 

また、その幸せというのはなかなか気の持ちよう(努力・気合い・根性)だけでは満たすことが難しい、つまり、間違いなく環境面が重要ですから、もし上で書いてきた話を読んでピンと来た方(銀行員に限らず)がいれば、公務員への転職をトライするのはアリだと思いますよ。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員の転職に関連する記事をまとめたものはこちらです。

公務員の転職まとめ!失敗・後悔する理由、転職者の実態など、民間出向経験も踏まえてまとめました。

2018.06.10

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です