民間から公務員に転職して後悔する理由?ぶっちゃけ皆さん幸せそうでした。

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

さて、今回は民間から務員に転職して後悔すると考えられる理由と、実際に転職した人が後悔していたのか?という点をテーマに取り上げます。

 

当たり前ですが、営利企業(=民間)と非営利企業(=公務員)では、組織文化において大きな差があります。

インターネット上などで調べてみると、人によってはそのギャップによって、転職したことを後悔される方もいるようです。

 

ここでは、県庁時代に銀行に出向していた経験も踏まえながら、民間から公務員に転職した場合に後悔するであろう理由と、ぶっちゃけのところ実際の転職組はどう思っている人が多いの?といった点について、僕が転職組から聞いた話などを踏まえて書いていきます。

Sponsered Link

民間から転職した際に後悔する(と想定される)理由

不毛で無意味だと思う作業がたくさんある

民間にも多少なりとも無意味だなぁと思う作業はあると思いますが、公務員の場合それが圧倒的に多いです。

 

銀行に出向していた時に感じた公務員との大きな違いの一つは、あまり効果の出ないことを早めにどんどん切って行くという点でした。

利益に繋がらないようなどうでもいい作業や資料の作成は廃止しようという非常に当たり前の話です。

 

ただ、公務員はその当たり前をなかなかしません。

何に使われるんだか分からない(またはただのアリバイ作りに過ぎない)ような調査や依頼がそこら中から飛んできたり、ただの慣習に基づく細かな文章の体裁チェックがあったりします。

 

それに延々と対応していると、なんでこんな無意味な作業に人生の貴重な時間を費やしているんだ?と思うことはあるかもしれません。(僕は多々ありました(笑))

 

なお、自分が担当になればぶった切れる案件もありますが(僕は法的な縛りが無ければ必要のないものは結構ぶった切りました)、どうでもいいものを積極的に省略しようというよりは、過去から続いているんだからそれなりに意味があるはずだという考えの元で慎重に対応する人の割合が多かった気がします

 

意外に暇じゃない上にサービス残業多々

定時上がりは幻想です。

 

県庁の場合、出先機関は暇でしたが、本庁であればならしても2時間くらいは残業しているかなという感じでした。

 

僕も、忙しい部署にいた時には1ヶ月を平均しても午前1〜2時くらいに帰っていたような時期もあったりしました。

 

しかも、残業代は予算が決まっていて、課ごとに割り振られています。

近年残業代は削っていく傾向にある自治体が多く、当然予算を超えた分はサービス残業になります。

 

残業代は、部署によりますが、せいぜい毎日1時間程度(月20時間)くらいとイメージしておいてズレはないでしょう。

(もちろん、大半の部署はそれでは終わりません)

 

仕事が終わらなければ休日出勤することもあったりしますが、それももちろんサービス残業の一種です。

 

関連:公務員の仕事って本当に楽なの?忙しい部署や平均帰宅時間は?

 

数字で評価される仕組みではない

別にノルマもありませんから、評価は定性的なものにならざるを得ません。

 

本当に出来る人はしっかり出世しますので、その評価は大幅にはズレてはいないのですが、結局差が出てくるのは40代半ばくらいです。

 

民間の、数字を上げれば評価され、しかも給与が上がるという単純で分かりやすい仕組みが無いことにフラストレーションを覚えることも多いかもしれません。

 

なんでこの人がこんな出世してんだ?というのを思うことは多々あるでしょう。

それは転職組でなくとも、みんな内心で思ってます。

 

それが公務員の仕組みです。

 

給料が減る

事務系公務員の平均給与は42〜43歳で650万円程度(地方も国家もだいたい同じ)です。

 

これをどう捉えるかは分かりませんが、決して少ない額だとは思いません。

しかもその後も基本的に増えていくわけですから。

 

一方で、転職組となると、もう少し若い世代(20代〜30代前半)が多いかと思いますが、若い頃の給与はさほど期待できません。

関連:公務員の給料は低いのか?25歳で年収350万、40歳ちょっとで650万円くらいが平均だ

 

それなりの大企業から転職した場合であれば、下がるケースも多いです。

(人によっては年収で100万円以上下がると思います)

Sponsered Link

実際に僕が見た転職者たちのリアルな姿

金融業界からの転職者多し

銀行、信金、証券からの転職組が多かったです。

 

その他も大手メーカー、商社、IT業界、小売といったところから転職されてきた方もいましたね。

 

退職理由はそこまで前向きな理由ではない

「民間で凄い実績も残せたので、次は公務員として地元に貢献することかと思って戻ってきました!」

みたいな人はまずいません。

 

基本的には、ノルマに嫌気が指したり、残業が多すぎて嫌になったとか、病んでしまったとか、あとは地元に戻りたかったとか、そういう若干ネガティブな要素の転職者が多かったです。

 

結論として、なんだかんだで公務員はゆとりがあるので満足してる人多し

そしてそういう人たちがどのような考えを持っていたかと言えば、皆さん概ね満足そうでした。

 

同期で信託銀行から転職した人がいましたが、「断然楽勝です」と言ってましたね。(その人も銀行のノルマやハードさに嫌気が指したと言ってました)

 

また、高校の同級生で商社に行った奴が病んだとかで戻ってきましたが、本庁の暇な部署に配属され、その後は出先への異動と、夢の公務員生活(?)を謳歌しているようでした。

 

また、仮に残業が多いような部署に配属されたとしても、ノルマは無いので、とにかく長時間にわたって不毛な戦いを繰り広げる中でなんとかクリア出来るのが公務員の仕事です。

 

そして、もちろん3年とか4年で異動ですから、ずっと忙しい部署にいるというわけでもありません。

 

正直、僕から見ても恵まれた職業なんじゃないかなぁと思います。

(ただ、前向きに民間に勤めていた方で止むを得ず転職した場合は、相当思うことはあると思います。でもそういう人はやっぱり少数派だと思います)

 

まとめ

以上、転職後後悔すると思われる一般的な理由だけでなく、実際に転職した人たちがどんな感じだったのかというリアルな話も含めて書いてきました。

 

おそらくですが、転職組は現状の職場に何らかの不満があって退職をするのだと思います。

 

それが、数字とか、激務さとかだったりするならば、おそらく転職はプラスでしょう。

一方、人間関係については正直どこでも同じだと思います。

 

また、止むを得ず地元に戻らねばならないみたいな人は、上の内容をよく読んで、自分の価値観とマッチングするかを見極めたほうがいいと思います。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員の転職に関連する記事をまとめたものはこちらです。

公務員の転職まとめ!失敗・後悔する理由、転職者の実態など、民間出向経験も踏まえてまとめました。

2018.06.10

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です