地方公務員の年収平均はいくら?主な4職種の過去5年平均年収を算出

こんにちは、shunです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は地方公務員の年収平均額について取り上げます。

 

総務省の統計を踏まえ、地方公務員(全職種及び4職種→行政・消防・教員・警察)の過去5年の平均年収及び手取り年収を算出しましたのでご覧ください。

関連:地方公務員の年収平均はいくら?都道府県・市町村の過去5年の年収を算出!

Sponsered Link

地方公務員(全職種)の平均年収と手取り年収

地方公務員(全職種)の平均年収

地方公務員については、総務省が「地方公務員給与実態調査」を毎年実施しており、かなり細かくお給料のデータが公開されています。

 

同調査を活用し、過去5年の平均年収を全職種及び主な4職種(行政・消防・教員・警察)について算出しました。

 

まず、全職種の平均年収は以下の通りです。

 

全地方公共団体(全職種)平均年収

平成28年 662万4553円(うちボーナス159万3541円) 42.1歳
平成27年 661万7521円(うちボーナス156万4921円) 42.3歳
平成26年 654万4800円(うちボーナス150万6708円) 42.4歳
平成25年 656万1767円(うちボーナス152万1371円) 42.5歳
平成24年 659万2944円(うちボーナス153万3384円) 42.7歳

5年平均 658万8317円(うちボーナス154万3985円) 42.4歳

 

手取りは?

上の年収はあくまで税引き前の額ですので、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差っ引かれます。

 

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと75〜80%と言われており、この金額であれば80%がよりリアルに近いため、その値を用います。

 

5年平均年収に基づき手取りを算出したものが以下です。

 

全地方公共団体(全職種)平均手取り年収

527万654円(うちボーナス123万5188円) 42.4歳

Sponsered Link

地方公務員(行政・消防・教員・警察)の平均年収と手取り年収

地方公務員(行政・消防・教員・警察)の平均年収

前の項目で取り上げた全職種というのは、約25職種(医師・薬剤師・福祉職なども含む)の平均値なのですが、そのうち職員の数の多い、行政・消防・教員・警察の平均年収をそれぞれ算出しました。

 

全地方公共団体(一般行政職員)平均年収

平成28年 644万8587円(うちボーナス156万2823円) 42.3歳
平成27年 648万9734円(うちボーナス153万8078円) 42.5歳
平成26年 638万2828円(うちボーナス148万2820円) 42.8歳
平成25年 640万8968円(うちボーナス150万  740円) 42.8歳
平成24年 645万  786円(うちボーナス151万5546円) 43.1歳

5年平均 643万6181円(うちボーナス152万1円) 42.7歳

 

全地方公共団体(消防職)平均年収

平成28年 625万6697円(うちボーナス145万9241円) 38.3歳
平成27年 620万3166円(うちボーナス143万2170円) 38.6歳
平成26年 615万4117円(うちボーナス137万7973円) 38.9歳
平成25年 621万6844円(うちボーナス140万  548円) 39.3歳
平成24年 624万9222円(うちボーナス141万6030円) 39.8歳

5年平均 621万6009円(うちボーナス141万7192円) 39.0歳

 

全地方公共団体(小中高教員平均年収

平成28年 693万3372円(うちボーナス175万5216円) 44.0歳
平成27年 691万3497円(うちボーナス172万6665円) 44.1歳
平成26年 685万2955円(うちボーナス166万3231円) 44.1歳
平成25年 685万9849円(うちボーナス167万8183円) 44.3歳
平成24年 689万6350円(うちボーナス169万  330円) 44.3歳

5年平均 689万1205円(うちボーナス170万2725円) 44.2歳

 

全地方公共団体(警察職平均年収

平成28年 708万1571円(うちボーナス156万6335円) 38.5歳
平成27年 703万3674円(うちボーナス152万8146円) 38.6歳
平成26年 702万6896円(うちボーナス146万6576円) 38.8歳
平成25年 701万3599円(うちボーナス147万2611円) 39.0歳
平成24年 703万8546円(うちボーナス148万4214円) 39.3歳

5年平均 703万8857円(うちボーナス150万3576円) 38.8歳

 

手取りは?

同じく手取りも算出します。

 

全団体と同様、年収の80%で計算します。

 

5年平均年収に基づき手取りを算出したものが以下です。

 

全地方公共団体(一般行政職員)平均手取り年収

514万8945円(うちボーナス121万6001円) 42.7歳

 

全地方公共団体(消防職)平均手取り年収

497万2807円(うちボーナス113万3754円) 39.0歳

 

全地方公共団体(小中高教員平均手取り年収

551万2964円(うちボーナス136万2180円) 44.2歳

 

全地方公共団体(警察職平均手取り年収

563万1086円(うちボーナス120万2861円) 38.8歳

 

まとめ

  • 全地方公共団体の平均年収は660万弱(42歳前半)
  • 4職種(行政・消防・教員・警察)ごとで見ると、教員と警察の年収が最も高く700万程度(警察が39歳、教員は44歳くらいなので、実質的には警察が最も高い)
  • 次いで行政職が約640万円(42歳後半)
  • 消防が約620万円(39歳)

 

以上です。

 

この4職種で見ると、警察がかなり高く、次いで教員、平均年齢の差を考えれば行政と消防が同等程度と言えるでしょう。

 

警察に関しては命が掛かってることもありますし、実際知り合いの友人の激務具合は凄かったので、ある程度高いのは当然という部分もあるのかなとは思います。

(使う暇があんまり無さそうですが)

 

また、各職種ごとに過去5年の推移を見ると大きな金額の変化は無く、非常に安定しているということが言えます。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

地方公務員の団体ごと(都道府県・市町村など)の年収比較が見たい方は、以下の記事をご覧ください!

地方公務員の年収平均はいくら?都道府県・市町村の過去5年の年収を算出!

Sponsered Link

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です