地方公務員の年収平均はいくら?都道府県・市町村の過去5年の年収を算出!

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は地方公務員の平均年収額の推移がテーマです。

 

総務省の統計を踏まえ、地方公務員(全体及び団体ごと)の過去5年の年収及び手取りを算出しましたのでご覧ください。

Sponsered Link

地方公務員(全地方公共団体)の平均年収推移と手取り年収

地方公務員(全地方公共団体)の平均年収推移(過去5年)

地方公務員の給料については、総務省が「地方公務員給与実態調査」を毎年実施しており、かなり細かいデータが公開されています。

 

同調査を活用し、過去5年の平均年収を全地方公共団体及び団体区分ごと(都道府県、市町村など)で算出しました。

全て一般行政職員(教員や警察は含まない)の平均年収です。

 

まず、全地方公共団体の平均年収は以下の通りです。

 

全地方公共団体(一般行政職員)平均年収

平成28年 644万8587円(うちボーナス156万2823円) 42.3歳
平成27年 648万9734円(うちボーナス153万8078円) 42.5歳
平成26年 638万2828円(うちボーナス148万2820円) 42.8歳
平成25年 640万8968円(うちボーナス150万  740円) 42.8歳
平成24年 645万  786円(うちボーナス151万5546円) 43.1歳

5年平均 643万6181円(うちボーナス152万1円) 42.7歳

 

手取り年収は?

上の年収はあくまで税引き前の額ですので、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差し引かれます。

 

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと75〜80%と言われており、この金額であれば80%がよりリアルに近いため、その値を用います。

 

5年平均年収に基づいて手取りを算出したものが以下です。

 

全地方公共団体(一般行政職員)平均手取り年収

514万8945円(うちボーナス121万6000円) 42.7歳

Sponsered Link

地方公務員(団体ごと)の平均年収推移と手取り年収

地方公務員(団体ごと)の平均年収推移(過去5年)

都道府県、指定都市、市、町村、特別区ごとでも以下の通り算出しました。

 

都道府県(一般行政職員)平均年収

平成28年 663万  88円(うちボーナス160万5064円) 43.2歳
平成27年 661万2143円(うちボーナス157万7415円) 43.3歳
平成26年 657万5421円(うちボーナス151万9005円) 43.4歳
平成25年 657万5453円(うちボーナス153万5777円) 43.4歳
平成24年 660万2397円(うちボーナス155万  877円) 43.5歳

5年平均 659万9100円(うちボーナス155万7628円) 43.4歳

 

指定都市(一般行政職員)平均年収

平成28年 663万  88円(うちボーナス160万5064円) 43.2歳
平成27年 661万2143円(うちボーナス157万7415円) 43.3歳
平成26年 657万5421円(うちボーナス151万9005円) 43.4歳
平成25年 657万5453円(うちボーナス153万5777円) 43.4歳
平成24年 660万2397円(うちボーナス155万  877円) 43.5歳

5年平均 695万4319円(うちボーナス161万8161円) 42.2歳

 

市(一般行政職員)平均年収

平成28年 663万  88円(うちボーナス160万5064円) 43.2歳
平成27年 661万2143円(うちボーナス157万7415円) 43.3歳
平成26年 657万5421円(うちボーナス151万9005円) 43.4歳
平成25年 657万5453円(うちボーナス153万5777円) 43.4歳
平成24年 660万2397円(うちボーナス155万  877円) 43.5歳

5年平均 630万5223円(うちボーナス148万5452円) 42.5歳

 

町村(一般行政職員)平均年収

平成28年 663万  88円(うちボーナス160万5064円) 43.2歳
平成27年 661万2143円(うちボーナス157万7415円) 43.3歳
平成26年 657万5421円(うちボーナス151万9005円) 43.4歳
平成25年 657万5453円(うちボーナス153万5777円) 43.4歳
平成24年 660万2397円(うちボーナス155万  877円) 43.5歳

5年平均 570万8508円(うちボーナス138万5131円) 42.2歳

 

特別区(一般行政職員)平均年収

平成28年 663万  88円(うちボーナス160万5064円) 43.2歳
平成27年 661万2143円(うちボーナス157万7415円) 43.3歳
平成26年 657万5421円(うちボーナス151万9005円) 43.4歳
平成25年 657万5453円(うちボーナス153万5777円) 43.4歳
平成24年 660万2397円(うちボーナス155万  877円) 43.5歳

5年平均 698万527円(うちボーナス166万6457円) 42.3歳

 

手取り年収は?

同じく手取りも算出します。

全地方公共団体の時と同様、年収の80%で計算します。

 

5年平均年収に基づき手取りを算出したものが以下です。

 

都道府県(一般行政職員)平均手取り年収

527万9280円(うちボーナス124万6102円) 43.4歳

 

指定都市(一般行政職員)平均手取り年収

556万3455円(うちボーナス129万4529円) 42.2歳

 

市(一般行政職員)平均手取り年収

504万4178円(うちボーナス118万8362円) 42.5歳

 

町村(一般行政職員)平均手取り年収

456万6806円(うちボーナス110万8105円) 42.2歳

 

特別区(一般行政職員)平均手取り年収

558万4422円(うちボーナス133万3166円) 42.3歳

 

まとめ

  • 全地方公共団体の平均年収は640万ちょっと(42歳後半)
  • 団体ごとでは、指定都市と特別区の年収が最も高く700万弱(42歳前半)
  • 次いで都道府県が約660万円(43歳半ば)
  • 市が約630万円(42歳半ば)
  • 町村が約570万円(42歳前半)

 

以上です。

 

団体区分ごとの差はそれなりにあります。

 

一方、都道府県なら都道府県、市なら市と、同じ団体区分で過去5年の推移を見ると大きな金額の変化は無く、非常に安定しているということが言えます。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

国家公務員と地方公務員の年収比較も見たい方は、以下の記事をご覧ください!

公務員の年収平均はいくら?地方と国の過去5年の年収を算出!

Sponsered Link

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です