公務員の年収平均はいくら?地方と国の過去5年の年収を算出!

こんにちは、shunです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は公務員の年収平均額について取り上げます。

 

総務省の統計と人事院の調査を踏まえ、地方公務員と国家公務員の年収及び手取りを算出しましたのでご覧ください。

Sponsered Link

地方公務員の平均年収と手取り年収

統計に基づく地方公務員の平均年収

地方公務員については、総務省が「地方公務員給与実態調査」を毎年実施しており、かなり細かくお給料のデータが公開されています。

 

今回は以下のデータ(給与とボーナスの数値→黄色いマーカー部)を使用します。

「平成28年地方公務員給与実態調査」(総務省自治行政局)(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/pdf/h28_kyuyo_1_03.pdf)を加工して作成

過去の実態調査の数字もリサーチの上、

「全地方公務員(一般行政職)の平均年収」および

「全地方公務員(全職員→教員や警察官等含む)の平均年収」

を算出しました。

 

全地方公務員(一般行政職員)平均年収

平成28年 644万8587円(うちボーナス156万2823円) 42.3歳
平成27年 648万9734円(うちボーナス153万8078円) 42.5歳
平成26年 638万2828円(うちボーナス148万2820円) 42.8歳
平成25年 640万8968円(うちボーナス150万  740円) 42.8歳
平成24年 645万  786円(うちボーナス151万5546円) 43.1歳

5年平均 643万6181円(うちボーナス152万1円) 42.7歳

 

全地方公務員(全職員→教員や警察官等含む)平均年収

平成28年 662万4553円(うちボーナス159万3541円) 42.1歳
平成27年 661万7521円(うちボーナス156万4921円) 42.3歳
平成26年 654万4800円(うちボーナス150万6708円) 42.4歳
平成25年 656万2127円(うちボーナス152万1731円) 42.5歳
平成24年 659万2944円(うちボーナス153万3384円) 42.7歳

5年平均 658万8389円(うちボーナス154万4057円) 42.4歳

 

全職員の方が高いのは、教員と警察(一般行政職員より給与が高い)の影響が強いためです。

 

どちらにしても、一般行政職員、全職員とも直近5年、ほぼ変わっていないと言っていいと思います。

 

手取りは?

上の年収はあくまで税引き前の額ですので、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差っ引かれます。

 

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと75〜80%と言われており、この金額であれば80%がよりリアルに近いため、その値を用います。

 

過去5年の平均年収に基づき手取りを算出したものが以下です。

 

全地方公務員(一般行政職員)平均手取り年収 

527万711円(うちボーナス121万6001円) 42.7歳

 

全地方公務員(全職員)平均手取り年収

514万8945円(うちボーナス123万5246円) 42.4歳

Sponsered Link

国家公務員の平均年収と手取り年収

人事院勧告に基づく国家公務員の平均年収

国家公務員については、人事院が「国家公務員給与等実態調査」というのを毎年実施しているのですが、なぜか超過勤務手当(残業代)が載っていないため、正確な年収把握が困難です。

 

よって、平成29年人事院勧告に掲載されていた平均年間給与675万9000円という数字と、過去の年収増減表を用いて算出します。

 

平成29年人事院勧告「給与勧告の仕組みと本年の勧告のポイント」(http://www.jinji.go.jp/kankoku/h29/pdf/29point.pdf)より抜粋

 

国家公務員(行政職俸給表(一))平均年収

※地方公務員で言う一般行政職員と同様

平成29年 675万9000円 43.6歳
平成28年 670万8000円 43.6歳
平成27年 665万7000円 43.5歳
平成26年 659万8000円 43.5歳
平成25年 651万9000円 43.1歳

5年平均 664万8200円 43.5歳

 

※なお、直近5年は、民間給与増に伴って国家公務員給与も増え続けていますが、逆に、不景気の際には大きく下がってもいます。

(例えば、リーマンショックの関係で、平成20→平成22にかけて24.8万円ダウン)

 

手取りは?

地方公務員の時と同様、手取り80%で計算します。

過去5年の平均年収に基づき手取りを算出すると以下のとおりとなります。

 

国家公務員(行政職俸給表(一))平均手取り年収

531万8560円 43.5歳

 

まとめ

  • ざっくり言うと、地方公務員も国家公務員も650万円くらいの平均年収(42〜43歳時)
  • 手取りもざっくり言えば、520万円程度
  • あくまで平均値であり、地方公務員なら教員(高校約710万、小中約675万)や警察(約710万)が少し高いのと、国家公務員なら官僚が圧倒的に高い(官僚で42〜43歳なら企画官とか室長なので、900万円以上は貰うはず)

 

以上です。

 

まぁ、何だかんだで経年で見ると安定してますね。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

Sponsered Link

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です