国家・地方公務員の平均年収と手取りは?過去5年の推移を算出!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、公務員の平均年収と手取り年収について取り上げます。

 

最新の統計データに基づき、国家公務員と地方公務員の平均年収と手取り年収を算出しました。

また、公務員の給料が安定しているかを測るために、過去5年の平均年収もあわせて算出しています。

Sponsered Link

国家公務員の平均年収と手取り年収

国家公務員の平均年収(過去5年)

国家公務員(行政職俸給表(一))平均年収

年度平均年収平均年齢
20177,215,000円43.6歳
20167,164,000円43.6歳
20157,113,000円43.5歳
20147,054,000円43.5歳
20136,975,000円43.1歳

5年平均 710万4000円(43.5歳)

 

データ元

2017については、人事院のH29国家公務員給与等実態調査をベースに算出(残業代が不明のため、人事院が公開している残業時間のデータをベースに独自推計)

2016以前は、人事院勧告の年間平均給与の推移資料をベースにして算出

 

ちなみに、直近5年は民間給与増に伴って国家公務員給与も増え続けていますが、逆に、不景気の際には大きく下がってもいます。

(例えば、リーマンショックの関係で、2008→2011年にかけて合計26.3万円ダウン)

 

手取り年収は?

直近と過去5年平均の「手取り年収」をそれぞれ推計したものが以下の通りです。

 

国家公務員の手取り年収(2017

549万1000円(43.6歳)

 

国家公務員の手取り年収(直近5年

540万7000円(43.5歳)

 

年次でさほど変わっていない、つまり、安定していることが分かると思います。

 

地方公務員の平均年収と手取り年収

地方公務員の平均年収(過去5年)

地方公務員(一般行政職)平均年収

年度平均年収平均年齢
20176,312,000円42.3歳
20166,347,000円42.3歳
20156,387,000円42.5歳
20146,304,000円42.8歳
20136,268,000円42.8歳

5年平均 632万4000円(42.5歳)

 

データ元

総務省の地方公務員給与実態調査に基づき算出

 

手取り年収は?

直近と過去5年平均の「手取り年収」をそれぞれ推計したものが以下の通りです。

 

地方公務員の手取り年収(2017

489万9000円(42.3歳)

 

地方公務員の手取り年収(直近5年

490万9000円(42.5歳)

 

こちらも国家公務員同様、年次による差はほとんどありません。

Sponsered Link

公務員になりたいと思っている方へ、元公務員からのオススメ

「収入が安定していて魅力的なので、ぜひ公務員を目指したい」と思っている方には、公務員試験対策や公務員予備校についてまとめた以下の記事がオススメです。

【公務員試験対策まとめ】元県庁職員が筆記・面接対策などを徹底解説!

2018年12月23日

【公務員予備校まとめ】試験種類別の費用比較、通うメリット、おすすめの選び方など、これを見れば完璧!

2018年10月15日

また、社会人から公務員を目指す方の場合、まずは全体像を掴むために以下の記事は必読です。

民間から公務員に転職したいなら必読!元公務員おすすめの無料ハンドブックを紹介。

2018年12月30日

社会人から公務員に転職するには?経験者採用枠と大卒枠では難易度の質が全く違う!

2018年12月19日

 

まとめ

  • 国家公務員の平均年収(5年平均)は約710万円(43.5歳時)
  • 国家公務員の平均手取り年収は約541万円
  • 地方公務員の平均年収(5年平均)は約632万円(42.5歳時)
  • 地方公務員の平均手取り年収は約491万円
  • 直近5年を見た場合、単年で見ても5年平均で見てもさほど金額は変わらない=安定している

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>「公務員の給料の全て」をまとめた記事はこちらから(年齢別の年収や生涯年収なども細かく分かります)

【公務員の給料完全まとめ】年齢別給与・ボーナス・年収などを職種別にまとめました。公務員の給料はこれで全てが分かります!

2019年1月9日

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です