教員の年収は30歳でいくら?一般行政職公務員より50万円以上高い!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は30歳の教員(小・中学校の先生及び高校の先生)の年収について取り上げます。

 

30歳頃になると、男女問わず結婚をしている方も多くなってきますし、子どもがいる方ももちろんいるでしょう。

また、マイホームやマンション購入について検討し始める方も多くなってくる頃ではないかと思います。

ということで、何かとお金がかかる時期です。

 

以下では、総務省の統計調査から算出した30歳教員の年収や手取り年収を書いていきます。

また、教員に比べて年収が低い行政職員(県庁職員)であった僕が、30歳頃に具体的にどういった生活を送っていたのかという点も書いてみますので、一つの目安にしてください。

Sponsered Link

30歳教員の年収と手取り年収

統計に基づく30歳教員の推計年収

教員も含めた地方公務員の給料については、総務省が実施している「地方公務員給与実態調査」の中に細かくデータが公開されています。

 

経験年数ごとの給料データを用いて算出した30歳教員の年収は次のとおりです。

 

小・中学校教育職(都道府県)の30歳の年収

約521万円(うちボーナス133万円)

 

高等学校教育職(都道府県)の30歳の年収

約524万円(うちボーナス133万円)

 

※教員の大半は都道府県職員ですので、他の団体は除外しました

※学歴区分は大卒です

 

<参考>

一般行政職地方公務員の30歳の年収

約467万円(うちボーナス106万円)

 

小中教員と高校教員は金額がほぼ同じですね。

どちらとも一般行政職の公務員に比べると、50万円以上は高いです。

 

ただ、計算する時に統計を見ていて驚いたのは、聞いてはいたけど本当に残業代0なんだという・・・。

部活動だとか、テスト採点だとか、時間外でいくらやってもお給料としては貰えないというのは厳しい側面があるなぁとは感じました。

 

30歳教員の手取り年収は?

上の年収はあくまで税引き前の額であり、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差っ引かれます。

 

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと80%程度です。

約520万円の年収をベースに考えると、手取りは以下のとおりです。

 

30歳教員の手取り年収

約409万円

(参考:一般行政職地方公務員 371万円)

 

この金額での具体的な暮らしぶりが気になる

さて、この記事をご覧になっている方の中には、単に年収の数字が知りたいというだけでなく、「実際生活していく上で、この金額だとどういう暮らしが出来るのか?」というところが気になる方も多いのではないでしょうか?

 

僕は教員に比べて給料が安い一般行政職の県庁職員だったのですが、その僕が30歳当時にどんな生活を送っていたかというのは一つの参考になるかと思います

以下で具体的な話を書いていきます。

Sponsered Link

行政職地方公務員(県庁職員)だった僕の30歳当時の暮らしぶりについて

十分に豊かな感覚で生きていました

僕の30歳当時のスペックは以下のとおりです。

  • 地方の県庁所在地在住
  • 妻あり(妻は市役所勤務)
  • 子どもが生まれた
  • アパート住まい(約6.5万円。県からの手当2.7万円があり、実質3.8万円の支払)
  • 年収は500万程度(部署の関係で、ありがたいことに残業代がかなり貰えていました。)

 

30歳当時において、お金がないとか、足りないとかを気にしたことは一切ないです。(むしろ、日々貯蓄を増やせている状況でした)

給与明細すらほぼ見ていません。

 

読書や旅行が好きなので、好きなタイミングでAmazonで本を買って、好きなタイミングで温泉旅行に行ってました。

 

お金のことを気にしないで済んだのは、妻が市役所で共働きだったということが大きいですが、それ以上に僕も妻も無駄遣いをしないというのが一番の要因ですね。

シュン
なお、共働きの妻と結婚したから特別に生計が楽になったとかは感じたことはなく、そもそも結婚前からお金に困ることは特になかったです。

 

また、地方ということで色々(物価、家賃、土地など)とお金がかからなくて済むという点も大きかったですね。

 

教員の場合、30歳時点では行政職員に比べて給料がかなり高いということを踏まえると、支出面がよほど派手でなければ、非常に余裕を持った生活が出来ると思います。(共働きならなおさら)

 

↓以下で、僕が公務員退職時(32歳)までに築いた具体的な資産(家を買ったことなど)についてかなり細かく書いていますので、よろしければそちらもご参照ください。

公務員の給料は安いか高いか。元県庁職員が具体的な資産状況をぶっちゃける!

2018年1月24日

 

資産を効率的に増やすためのお小遣い稼ぎ術や節約術が知りたい方へ

元公務員による毎月1万円以上を超簡単に稼げるテクニック

教員は結構余裕があるだろうということを書いてきましたが、「稼ぎを増やし、支出をセーブする」ことが資産を増やす王道です。

 

以下は、僕が公務員退職後に収入がなくて困っている中(笑)で実践してきた、堅実・簡単にお金を稼ぐ方法や節約術をまとめた記事ですので、ぜひ資産拡大に活用してみてください。

 

特に自己アフィリエイトは、知らない方も多いと思いますがめっちゃ美味しいです。(僕も公務員時代知りませんでした)

うさんくさく聞こえてしまうかもしれませんが、1時間もあれば月1万円以上、年間で見れば10万円以上はノーリスクで誰でも簡単に稼げます

【お小遣い稼ぎ&節約術】元公務員おすすめの安全・簡単に月1万円以上稼げる方法。

2018年12月27日

【自己アフィリエイト(ハピタス)のやり方】堅実な元公務員が毎月1~2万円以上をノーリスクで稼ぐ方法を解説!

2018年12月28日
シュン
また、yahooショッピング・ヤフオク・楽天市場・じゃらんなどを利用している場合、自己アフィリエイトの仕組みを使うだけで大きく得ができます。

 

まとめ

  • 教員の30歳平均年収は約520万円
  • 手取り年収は約410万円
  • 一般行政職公務員と比べて年収は50万円以上高い

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>「公務員の給料の全て」をまとめた記事はこちらから(教員の年代別給料や年収、生涯年収なども分かります)

【公務員の給料完全まとめ】年齢別給与・ボーナス・年収などを職種別にまとめました。公務員の給料はこれで全てが分かります!

2019年1月9日

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です