公務員予備校のおすすめの選び方。費用ではなく、資料で直感的に選べばうまくいく!

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、公務員の予備校に通おうと思っているが、どこに通うべきか迷っている」という人向けに記事を書きました。

 

本記事の内容

  • 【結論】公務員予備校のオススメの選び方【直感で選ぼう】
  • どうして直感で選ぶのが良いのか?
  • 予備校を選ぶ時の4つのコツ【大手予備校も紹介】

僕自身も予備校に通ったおかげで、国家1種の1次(倍率は50倍くらい)突破、某県庁に2位で合格することが出来ましたが、そんな僕がどのように予備校を選んだのかといった観点から書いています。

Sponsered Link

公務員予備校のオススメの選び方【直感重視で決めると失敗しない】

公務員予備校のオススメの選び方ということで、早速結論です。

 

公務員予備校は、ぜひ直感で選びましょう。

 

直感というのは、パンフレットを見た時の印象などです。

 

もちろん僕自身も直感で決めています。

 

一方で、予備校ごとにその特色を緻密に分析して時間をかけて選ぶというやり方はあんまりオススメしません

 

以下では、「なぜ直感的な手法で選ぶべきなのかという理由」や、「直感と言っても具体的なやり方はないのか?」といった点について詳しく解説していきます。

 

どうして予備校は直感で選ぶのが良いのか?

予備校に通う理由=環境を変えるため

どうして予備校は直感で選ぶと良いのかという点を考えるに当たっては、そもそもなぜ予備校に通うべきなのかという点を押さえておくことが重要です。

 

別に公務員試験に限らずですが、何かで成功したい場合には環境(人・時間・場所)を変えるというのが最速で確実です。

シュン
ちなみに僕は現在ブロガーとして日本でもトップクラスの70万近い月間アクセスを達成しているのですが、これも同様の考え方で結果を出しています。

 

公務員試験の場合で言えば、予備校に通うことで環境を変えることができます。

 

もちろん物理面の環境変化の効果も大きいのですが、それ以上に重要なのが、予備校講師との新たな関係性ができることです。

 

目標を達成する際に重要なのは、すでに自分が成し遂げたい結果を出している人とできるだけ多くの時間を過ごすことです。

 

つまり、公務員試験合格という目標を、生徒たちを通して何度も達成している予備校講師たちに学べば、自分も合格という結果を作ることができるというのはある意味必然だということです。

(なお、この関係性はWeb上でもOKなので、予備校はWeb通信を選んでも問題ありません)

 

大手予備校なら結果を出している→どの予備校で学ぶかより、自分の直感が重要

繰り返しになりますが、「環境を変えて、既に自分が成し遂げたい結果を出している人(=多くの公務員試験合格者を送り出している講師陣)から学ぶ」というのが合格のための本質です。

 

この点を踏まえると、大手予備校なら基本的にこの条件に当てはまるということが言えます。(→もし全然合格者を出せていないのであればとっくに潰れているからです)

 

つまり、大手の場合、「どの」予備校でなければならないのかというのは重要な要因ではないということです。

 

では、A予備校でもB予備校でもC予備校でも大丈夫だよということであればどうするか?

そこで、直感という要素が非常に重要になってくるということです。

シュン
そうは言っても予備校ごとの強みや弱みはもちろんあります。

しかし、最も重要な本質は環境を変えて新しい環境で集中して学べるかどうかという点です。

そのため、いざ予備校を決めた後に、「他の予備校のほうがよかったかもしれない、、、」といったことを考えるのはズレていますし、それでは合格もおぼつきませんので、この章で書いた「合格のための本質」はぜひ押さえておいてほしいと思います。

Sponsered Link

直感と言っても、具体的にどうやって予備校を選べばいいの?

予備校の選び方の4つのコツ

予備校に通って環境を変えること自体が重要だから、大手なら直感で選んでも大丈夫だよと言われても迷ってしまう方が多いと思います。

 

そこで、決めるための4つのコツをご紹介します。

  1. 費用ありきで考えない
  2. 資料(パンフレット)との相性を大切にする
  3. 実際に現地に行ってみる(予備校の雰囲気を見る、体験講座を受けてみる)
  4. 面接対策のことも考える

 

①費用ありきで考えない

まず、費用ありきで考えないということです。

 

どの予備校で教わるかは最も重要なポイントでないとすれば、重要なのは「この予備校で学びたい」と思えるかどうか、つまり、一番最初にも書いた通り直感的な部分(相性など)が非常に大切になってきます。

 

仮に20万円・25万円・30万円・35万円の予備校があった時、30万円代は高いからやめておこうとなると、選択が前者2つに縛られてしまいます。

相性の重要性という点で考えた場合、それは大きなリスクです。

 

もちろんお金は重要ですが、学生で時間に余裕があるなら高額報酬を得ることのできるバイト(例えば治験や自己アフィリエイトなどがいい例)で稼ぐとか、社会人なら10万20万の違いならなんとかできるはずです。

参考:自己アフィリエイトとは?

 

それに、公務員になれば1年目のボーナスで60万〜70万円は貰えますので、どの予備校に行っても1年目で費用が回収できます。

 

どうせ通うのであれば、自分が学びたいと思ったところで学びましょう。

それが必ず結果に繋がります。

 

②資料(パンフレット)との相性を大切にする

次に、無料パンフレットを請求して見比べましょうということです。

 

僕自身は、この方法でザーッと各予備校を比較して、気に入ったところに直感的に決めました。

 

資料の作りというのは、まさにその予備校の性格が出ます。

それらを見て感じた印象が自分に合っていたというのであれば、その後予備校に通ってから感じる様々なこと(テキストの印象、講義の進め方、受付の対応、施設の雰囲気など)も自分に合っている可能性が非常に高くなります。

 

何より、自分が良いと思ったからここに決めたんだということは、その後心理面で大きなプラスに働いてきます。

→そこがブレていると、他の予備校に通えば良かったかもしれないとかどうでもいいことを頭に思い浮かべたり、自分の通った予備校が信じられずに余計な参考書や問題集を購入するなど誤った方法に走ることになります。

 

なお、資料の「見方」なのですが、ガチガチに見ることはあんまりオススメしません。

本当にザーッとでいいです。

 

ガチガチに見ると情報が膨大すぎて疲れます。→特に合格体験記とかを見ると、すごく細かな話が書いてあって気が滅入ります(笑)

 

実際に予備校に通ってやるべきことは、「講義を受け、問題集を繰り返す」ただそれだけです。

そのため、予備校に入る前から細かな話を見ても正直あんまり意味がありません。

 

資料が見やすくて分かりやすいなぁとか、合格までの道筋(カリキュラム)が明確でこれなら合格できそうだなとか、ここは自分の受ける試験種別を考えるとレベルが高すぎる(低すぎる)かなとか、とにかく自分の印象を大切にしましょう。

 

大手予備校の無料資料請求リンクを以下に貼っておきますね。(一応目安として特徴を書いていますが、あんまり縛られないようにしてください)

LEC:費用と内容のバランスが良い。模擬面接無制限に加え、地方在住者へのWeb模擬面接フォローあり。僕自身はLECで合格。

公務員【資格の大原】:公安職や高卒レベル試験に非常に強い。模擬面接無制限。

TAC:都庁や特別区最終合格者の3人に1人以上がTAC生であるなど、実績十分。模擬面接無制限。

クレアール:Web通信特化のため、費用面で圧倒的な強み。

大栄:集合セミナーを実施するなど2次試験対策が非常に手厚い。コースが非常にシンプルで分かりやすく、各コースにおいて非常に幅広い職種の併願が可能。

 

③実際に予備校に行ってみる

僕自身はやらなかったのですが、実際に現地に行って決めるというのもオススメです。

要は、上で書いてきたような「相性」をより詳細に感じることができます。

 

人が得られる情報というのは、

文章→写真・音声→動画→直接の順にそのインパクトが強くなります。

 

直接現地に行ってその雰囲気を感じて決めれば、より正確な選択をおこなえる可能性が高いということになります。

 

いくつも巡るとなると手間ですが、時間がある方には是非オススメします。

シュン
全ての予備校で体験講座受講や無料説明会を実施しています。受けると割引になるケースも多いですので、ぜひパンフレットで詳細を確認してみてください。

 

④面接対策のことも考える

公務員試験は筆記だけではありません。

 

国家公務員は官庁訪問があったり、地方上級は2次面接でも2人に1人以上落とされるケースもざらだったり、市役所や警察官などは筆記よりも面接のほうがずっと重視されたりします。

 

そして、面接対策で非常に重要なのが模擬面接です。

模擬面接で練習を繰り返せば繰り返すほど合格に近づきます。

公務員の面接合格には模擬面接による練習が絶対!本をいくら読んでも無駄。

2018年1月28日

 

ということで、面接対策も視野に入れて予備校を選択することが大切です。

 

Web通信講座を取った場合でも、模擬面接は現地でおこなうことになりますので(LECや大原はWebの模擬面接も実施)、特に地方在住の場合、模擬面接を実施している校舎を押さえた上で予備校を選んだほうがいいでしょう。

 

※なお、模擬面接はジョブカフェや学校の就職課で対応するといった方法もあります。

 

まとめ【予備校は直感で選ぼう】

  • どこの予備校に通うかよりも、予備校に通って環境を変えること自体が非常に重要
  • そのため、予備校を選ぶ際には自分の直感(ここに通いたいという感覚)に従うのがよい
  • 具体的には、無料資料請求でパンフレットを取り寄せて、ザーッと斜め読みをして絞っていくのがオススメ
  • その際、費用にはあまり縛られないほうが良い(合格すれば余裕で1年目で回収可能)
  • 予備校の無料説明会に行って雰囲気を感じれば、より自分に合ったところを選べる

以上です。

 

予備校というのは、どこがいいのか迷いに迷って1週間もかけて決めるようなものでは全くありません。

それならとっとと直感で決めてさっさと講座を受け始めたほうが100万倍有意義です。

 

今回書いたことを参考に、例えば数時間まとまった時間を確保して、集めたパンフレットを一気に見て直感で決めてしまうようなやり方がオススメですよ。

 

今回取り上げた予備校

LEC:費用と内容のバランスが良い。模擬面接無制限に加え、地方在住者へのWeb模擬面接フォローあり。僕自身はLECで合格。

公務員【資格の大原】:公安職や高卒レベル試験に非常に強い。模擬面接無制限。

TAC:都庁や特別区最終合格者の3人に1人以上がTAC生であるなど、実績十分。模擬面接無制限。

クレアール:Web通信特化のため、費用面で圧倒的な強み。

大栄:集合セミナーを実施するなど2次試験対策が非常に手厚い。コースが非常にシンプルで分かりやすく、各コースにおいて非常に幅広い職種の併願が可能。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>予備校のコースごとの費用比較や、いつから予備校に通うべきかといったことなどをまとめた記事はこちらです。

【公務員予備校まとめ】試験種類別の費用比較、通うメリット、おすすめの選び方など、これを見れば完璧!

2018年10月15日

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です