公務員の年収は40歳でどれくらい?国・都道府県・市町村を比較しました。

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は40歳の公務員の年収がテーマです。

 

人事院と総務省の統計調査をベースに、国家公務員・地方公務員(行政職)、行政職以外の地方公務員(警察官、消防士など)について、40歳時の年収を推計しました。

また、参考値として30歳時の年収も掲載しましたので、比較も出来るようになっています。

40歳公務員(一般行政職)の推計年収

40歳国家公務員の推計年収

国家公務員(行政職俸給表(一))の40歳の年収

約692万円(うちボーナス155万円)

(参考:30歳)約489万円(うちボーナス113万円)

 

※「平成29年国家公務員給与等実態調査(人事院)」を活用して推計

※大卒・短大卒・高卒の学歴全てひっくるめた平均です。

→大卒の場合、年収ベースで数万円程度高くなります。

※官僚の場合、40歳であれば800〜900万程度の年収であると想定されます。

 

40歳地方公務員の推計年収

地方公務員全体(一般行政職)の40歳の年収

約641万円(うちボーナス147万円)

(参考:30歳)約467万円(うちボーナス106万円)

 

都道府県職員(一般行政職)の40歳の年収

約654万円(うちボーナス149万円)

(参考:30歳)約474万円(うちボーナス108万円)

 

指定都市職員(一般行政職)の40歳の年収

約703万円(うちボーナス156万円)

(参考:30歳)約506万円(うちボーナス108万円)

 

市役所職員(一般行政職)の40歳の年収

約629万円(うちボーナス144万円)

(参考:30歳)約462万円(うちボーナス105万円)

 

町村役場職員(一般行政職)の40歳の年収

約570万円(うちボーナス134万円)

(参考:30歳)約411万円(うちボーナス101万円)

 

特別区職員(一般行政職)の40歳の年収

約710万円(うちボーナス169万円)

(参考:30歳)約503万円(うちボーナス107万円)

 

※以上、「平成28年4月1日地方公務員給与実態調査(総務省)」を活用して推計

※大卒・短大卒・高卒の学歴全てひっくるめた平均です。

→大卒の場合、年収ベースで数万円程度高くなります。

40歳公務員(一般行政職以外)の推計年収

地方公務員警察官の40歳の年収

約765万円(うちボーナス164万円)

(参考:30歳)約587万円(うちボーナス125万円)

 

地方公務員消防士の40歳の年収

約646万円(うちボーナス144万円)

(参考:30歳)約482万円(うちボーナス106万円)

 

地方公務員薬剤師の40歳の年収

約581万円(うちボーナス136万円)

(参考:30歳)約458万円(うちボーナス107万円)

 

地方公務員保健師の40歳の年収

約591万円(うちボーナス138万円)

(参考:30歳)約447万円(うちボーナス104万円)

 

地方公務員保育師の40歳の年収

約562万円(うちボーナス139万円)

(参考:30歳)約407万円(うちボーナス99万円)

 

※以上、「平成28年4月1日地方公務員給与実態調査(総務省)」を活用して推計

※大卒・短大卒・高卒の学歴全てひっくるめた平均です。

→大卒の場合、年収ベースで数万円程度高くなります。

 

40歳公務員の手取り年収は?

上で書いてきた年収はあくまで税引き前の額ですので、ここから年金、健康保険、所得税、住民税などが差っ引かれます。

あくまで目安ですが、手取りはざっくりと75〜80%と言われてますので、これを上の数字に掛け算すればOKです。

 

例えば、地方公務員全体(一般行政職)の40歳年収641万円をベースに考えると、

40歳地方公務員(一般行政職)の手取り年収は約481〜513万円程度です。

 

「もうちょっと稼ぎたい!」とか「公務員に転職したい!」と思ったら

ここまでお給料データを書いてきましたが、「もうちょっと稼ぎたい!」と思った公務員の方や、「公務員いいな〜、転職したいな〜」と思った方向けに関連記事を紹介します。

元公務員による毎月1万円以上を超簡単に稼げるテクニック

僕が公務員退職後に収入がなくて困っている中(笑)で実践してきた、堅実・簡単にお金を稼ぐ方法や節約術をまとめた記事です。

【お小遣い稼ぎ&節約術】元公務員おすすめの安全・簡単に月1万円以上稼げる方法。

2018年12月27日

【自己アフィリエイト(ハピタス)のやり方】堅実な元公務員が毎月1~2万円以上をノーリスクで稼ぐ方法を解説!

2018年12月28日

特に自己アフィリエイトは、知らない公務員の方も多いと思いますがめっちゃ美味しいです。(僕も公務員時代知りませんでした)

うさんくさく聞こえてしまうかもしれませんが、1時間もあれば月1万円以上、年間で見れば10万円以上はノーリスクで誰でも簡単に稼げます。

 

公務員より稼げてゆとりのある転職先も実は結構あります

公務員から民間に転職した知り合いたち(→年収アップかつ時間のゆとりもできた)にヒアリングして書いた転職記事です。

特に、転職を考えている公務員の方におすすめです。

【給料UP】公務員から民間へ転職を成功させた友人たちのおすすめサイトはコレだ!

2018年12月29日

 

公務員の給料めっちゃおいしい、ぜひなりたい!と思ったら

社会人から公務員を目指す方の場合、以下の記事がおすすめです。(40歳くらいでも、社会人経験者採用枠で受け入れているところは結構あります→ハンドブックにそういった情報が細かく載っています)

民間から公務員に転職したいなら必読!元公務員おすすめの無料ハンドブックを紹介。

2018年12月30日

社会人から公務員に転職するには?経験者採用枠と大卒枠では難易度の質が全く違う!

2018年12月19日

 

まとめ

  • 国家公務員(一般行政職)の40歳平均年収は約692万円(平成29年)
  • 地方公務員全体(一般行政職)の40歳平均年収は約640万円(平成28年)
  • 手取りはこの75〜80%程度

 

30歳時の年収と比べるとだいたい150万ちょっとの上積みがあるような感じですね。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>「公務員の給料の全て」をまとめた記事はこちらから(年齢別の詳細年収や生涯年収なども分かります)

【公務員の給料完全まとめ】年齢別給与・ボーナス・年収などを職種別にまとめました。公務員の給料はこれで全てが分かります!

2019年1月9日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です