公務員辞めたい人へ。入社4日で退社した新社会人を見習うべし。

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

さて、先日ネット記事に、「入社4日で会社を辞めた」という社会人の話がありました。

この記事に対してのコメント欄は賛否両論だったのですが、僕自身は4日で辞めるという決断力肯定派です。

 

ということで今回は、「公務員を辞めたいと考えている人」に向けて、このネット記事の内容に触れつつ、実際に公務員を辞めた僕の考えを書いていきます。

 

出勤が憂鬱になるゴールデンウィーク明けにぴったりの記事だと思います(笑)

Sponsered Link

入社4日で退社した新社会人

以下、プレジデントオンラインの記事抜粋です。

 街中で希望溢れる若々しい新人を目にする機会が増えた4月、すでに「新入社員」を辞めてしまった者も一部ながら存在する。首都圏の中堅私立大学卒の玉田絵里さん(仮名・22歳・埼玉県在住)は不動産関連会社に入社したが、4日目に退社した。

 「もともと、卒業したらフリーターになって、勉強してから公務員になろうと思っていました。ほかにワーキングホリデーにも興味がありました」

 玉田さんが就活に抵抗があったのは、新卒で就職してしまうと、時間がとれなくなると考えていたからだ。もし海外に行きたくても動けないのは困る。

 大学4年生の秋まで何もしていなかったが「母親に『就職してほしい』と泣いて説得され就活を始めました」。ちなみに母子家庭だという。納得できなかったが、空前の就活“売り手市場”なこともあり、とりあえず受けた会社でいきなり内定が出た。

 「面接は志望動機すら聞かれず単なる世間話でした。その日のうちに内定が出て、面倒な就活が省けてよかったな、という気持ちでした」

(中略)

 そんな玉田さんが会社に初めて違和感を抱いたのは2日目。営業電話をしている業務を実際に見たときのことだ。

 「『税金を取り戻しませんか』と顧客に電話しているのを見て『これはダメかも……』と思ってしまいました。会話すら成立せずに断られていることもあり、こんなに世の中に必要とされていない仕事があるのかと落胆しました」

(中略)

 2018年の新入社員の多くは小中高を通してゆとり教育を受けた「究極のゆとり世代」と言われる。ライフスタイルが多様化する今、日本の新卒一括採用は限界なのか。それともゆとり世代の忍耐力がないだけなのか。いずれにせよ、企業に変化が求められている。

 

引用 2018.4.26 プレジデントオンライン「”入社4日目”で退社した新社会人の言い分」

http://president.jp/articles/-/25001

 

要は、とりあえず就職してみたけど、違和感を感じたので4日で辞めましたということですね。

 

これは甘いのか?最低3年は勤めるべき?

3ヶ月、3年というのはある一面では正しいが・・・

何事をやるに当たっても「3」という数字はよく出てきます。

守・破・離の3段階は物事を収めるに当たっての王道として言われることの一つですし、何か資料をまとめたりスピーチをする際にはポイントを3つに絞るとわかりやすい(相手の記憶にも残りやすい)です。

 

もちろん仕事に慣れるに当たっても、この「3」という数字はキーになります。

3日やればなんとなく雰囲気は分かりますし、3週間いれば結構慣れてきます。

3ヶ月やればどんな環境であってもかなり慣れます。

そして、3年もやれば上手くなり、自分で工夫をする余裕も出てきます。

 

なので、仕事が嫌でもまず3年はやってみようというのはよく言われることです。

 

しかし、これについては正しい一面と正しくない一面があります。

 

3年やって慣れて上手くなるのと、そこが自分のいるべき場所かどうかは全く関係ない

3ヶ月やれば慣れるし、3年やれば上手くなる。

これは事実です。

 

一方、そもそもそこが自分のいるべき場所なのかどうかという点に関して言えば、この3ヶ月や3年の話は全く当てはまりません。

 

むしろ、それを見抜くのはほとんど直感的です。

それこそ1日で分かることだってあるでしょう。

 

そして、その直感というのは間違いなく当たります。

 

ちなみに僕は10年近く県庁に勤めましたが、ここは自分のいるべき場所ではないという直感(違和感)はかなり早い段階(1年目)で感じていました。

 

最初の勤務先である出先機関が特にぬる過ぎたというのもありましたが、僕の場合、その後中枢と言えるようなポジションを回らせていただいたにもかかわらず(しかも、自分で言うのも何ですが、それなりに仕事ぶりは評価されていたにもかかわらず)、結局その違和感が消えることは一切無かったです。

むしろどんどん増幅されていった感じでしたね。

 

僕の経験上も、やはり当初に感じる直感というのは正しいと自信を持って言えます

 

時間が経てば物事が好転するというのは幻想にすぎない

さて、1年目で違和感を感じでいた僕が、なぜ10年も県庁に勤めていたのかと言えば、結局は慣れから来る居心地の良さから脱却出来なかったというのが実態です。

 

仕事に慣れた、ある程度上手にこなせるようになった、平日忙しい時があっても、基本的に土日は休みで、給料も安定して貰うことができる。

完全にぬるま湯に浸かった茹でガエル状態です。

 

しかし、そもそもとしてゴール(自分が生まれてきたのはここで働くためだったと確信できるような仕事)が間違っていると自分で分かっているわけです。

結果的にそのズレにどうにも耐えられなくなって辞めることになりました。

 

僕の場合は、3ヶ月、3年の罠にハマってしまったと言えます。

 

この入社4日で辞めたという方は、直感的に「違和感」を感じ、それに従って4日で決断したというのだから、ある意味もの凄くセンスがある(どちらかと言えば経営者的センスですね)と思います。

 

決断というのは早ければ早いほど良いです。

そうでないと、かつての僕のように、ぬるま湯に浸かった茹でガエルのようになります。

 

残念ながら、時間が経てば物事が好転するかもしれないというのは幻想です。

その判断は、僕の経験上ハッキリ言って「時間の無駄」です。

慣れてぬるま湯に浸かり、妥協できる自分になることを「好転」と捉えるのであれば、間違いなく3ヶ月とか3年とか粘ればそうなれます。

Sponsered Link

自分の人生の責任は自分以外取れない

反対する人はあなたの人生の責任を負わない

この人のように、4日で辞めたいと親や友人に相談すれば間違いなく反対されるでしょう。

いや、仮に3ヶ月、3年後であっても、反対される可能性は非常に高いです。

 

ましてや公務員を辞めたいと言えば、せっかく難しい試験に受かって、しかも安定している仕事なのに・・・とより強い反対が起こる可能性が高いです。

 

そして、その反対というのは、本心からあなたを心配する心から出ているのは間違いありません。

 

しかし、自分の人生の責任は自分以外取れません。

どれだけ心配してくれていようが、その人たちがあなたの人生の責任を取ることはできません。

 

一旦冷静になって、(相談相手として選んでしまいそうな)周りの人たちの人生をよく見てみましょう。

 

  • その人たちは本当に成功をしているのか?
  • その人たちは仕事に自分の使命を感じ、最高の仕事をしているのか?
  • 全体的に見れば幸せかもしれないが、どこか妥協をしていないか?

 

そして、その人生を自分が望むのかを問いかけてみましょう。

 

情報は量より質

結局、情報は質が最も重要です。

質というのは誰から得る情報なのかということです。

 

多くの人たちは、ごく普通に生きるためのアドバイスしかできません。

(当たり前ですが、ごく普通に生きてきているのだから、それ以上のアドバイスが出来るわけが無いということです。英語が出来ない人が、英語を上手く話すアドバイスが出来ないのと全く同じです

 

そして、多くの人たちは、使命と言えるような仕事を見つけた人ではなく、それなりに安定して生きるための仕事を見つけ、仕事には不満を感じたりしながらも、トータルで見ればなんとなく妥協しながら定年まで過ごしていく(過ごしてきた)人が大半だということに留意する必要があります。

 

つまり、自分が成し遂げたい何かがあって、それを成し遂げている人が周りにいなければ、そもそも相談する必要など無いですし(報告は必要かもしれません)、仮に相談する場合であれば、自分が成し遂げたい結果を既に達成している人に相談すべきであるということが見えてきます。

Sponsered Link

辞めたら保証はあるのか?

辞めなかった時の保証があると考えるほうがおかしい

今の時代の流れを本当に見極めている人に、「辞めたら保証はあるのか?」と問えば、「辞めなかったら上手くいく保証があると考えているほうがおかしい」と一蹴されるでしょう。

 

それほど、AI、IoT、ブロックチェーンなど現在の進化は凄まじいです。

2045年には、AIが人間の脳を超えるシンギュラリティに到達するとも言われてます。

先日亡くなった物理学の世界的権威であるホーキング博士も、AIの素晴らしい可能性に触れつつ、将来的には完全に人間の代わりになってしまうのではないかという点を恐れていると言及していました。

 

そんな世界において、少なくとも「事務」という系統の仕事が保証されていると考えているほうが危ういと言えるでしょう。

 

一方、激変する世界だからこそ稼ぐ機会はいくらでもあります。

違和感を感じたのであればさっさと見切りをつけてどんどん可能性に飛び込むというのは非常に合理的な判断です。

そして、その行動の連続の中で自分の使命を見つけていけば良いだけです。

 

仕事は「作るもの」であり収入を得る機会は無限大

ちなみに堀江貴文氏は著書「10年後の仕事図鑑」の中でこんなことを言っています。

「これからの時代において、「仕事がないから、収入がない」というのは、言い訳に過ぎない。誰にとっても、仕事は「引き受ける」ものから「作るもの」へと変わっていく。」

10年後の仕事図鑑(堀江貴文×落合陽一)の要約と感想。没頭して100万分の1の人材を目指せ!

2018.09.11

 

実際、僕自身が現時点で凄く稼いでいるわけでもないのですが、稼ぐ手段自体がもの凄く多様化しているということは、県庁を退職してから色々な世界を見てきた中で間違いなく断言できます。

 

もし本気で辞めたいと思っているなら、保証などというつまらないことを考える前に、まずは世界の可能性に触れることから始めましょう。

 

なお、動き出すにあたっては、ネットで検索するとか本を読むとかよりも、そういう新たな働き方をしている人の集まりに出向いてみるとか、例えばブログや転売を始めてみるなど、行動から始めたほうがより効果が高いです。

頭で考えるとやらないほうがいい理由とかやった場合のリスクばかりに目が向き、行動できない(要は安定を求める)というのが人間の本能ですから。

 

おわりに

「違和感」を感じたから辞めようというのは、その人にとってみれば最も正しい判断です。

なぜなら、「違和感」を感じることができるのは本人だけだからです。

 

ちなみに、現在僕が現役公務員で、貯金が全然無いような状態で辞めたいと思ったと仮定すれば、以下のどちらかの判断をします。

 

  • すぐに辞めて、新聞配達やら治験などで日銭を稼ぎながら、インターネット上でビジネス(ブログや転売など)を始める。
    なお、ビジネスを始める上では、既にその分野で成功している人に必ずお金を払って学ぶ。
    (お金を払うことで、ゴールまでの時間を大幅に短縮できます。無論、騙される可能性はありますが、そこも含めて勉強かもしれませんね)
  • いつまでに辞めるという具体的な期限を設定し、給料を自己投資及び経済投資に回しながら、並行してインターネット上のビジネスを開始する。期限までに必ずビジネスを軌道に乗せて退職する。
    なお、仕事は投資資金確保の手段と割り切る。ただ、出来るだけ出張の機会を作り、現場で多くの体験を積むようにする。

 

とにかく、考えれば考えるほど何も出来なくなるのでまずは行動しましょう!

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員の転職に関連する記事をまとめたものはこちらです。

公務員の転職・退職まとめ!失敗や後悔する理由、転職者の実態など、民間出向経験も踏まえてまとめました。

2018.06.10

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です