公務員試験の面接対策!大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は公務員試験の面接対策について取り上げます。

 

公務員の1次(筆記)試験は一定以上の点数を取れば合格出来ます。

自己採点も出来ますから、単純明快です。

 

一方、面接試験はどういう基準で点数が付けられるのかが完全にブラックボックスの上、しかもやけに配点が高い(地方上級であれば、1次配点の2倍〜3倍とか)です。

1次試験で人数が大幅に絞られますが、それでも最終合格者の倍くらいの人数が残りますので、面接でもかなりの人が落ちることになります。

 

1次突破のためにめちゃくちゃ勉強したのに、2次で何だか良く分からない採点されて落ちる可能性があるのかよーとモヤモヤしている人もいるでしょうし、何か面接で差を付けられる方法は無いのかと悩んでいる人もいるでしょう。

 

そんな悩める方たちに対し、僕なりの面接の点数に対する分析(仮説)を述べた上で、面接の得点をアップさせるであろう秘策を伝授したいと思います。

Sponsered Link

僕の面接試験での得点

僕の県庁における試験の得点率は以下です。

  • 筆記84%
  • 論文68%
  • 面接(1回目→討論)88.2%
  • 面接(2回目)79.0%

以上、トータル得点で全体の2位(筆記のみの順位とか、面接のみの順位は分かりません)でした。

 

面接は我ながら中々の点数なのではないかと思います。

 

というわけで、以下で書いていく対策について一定の信頼性はあると捉えていただけると嬉しいです。

 

面接試験に関する仮説(筆記試験との関係)

まずはとことん筆記を頑張ることが重要!

まず言っておきたいのは、筆記を1点でも多く取れるよう、1次試験終了までは勉強に集中するべしということです。

 

なぜそう考えるかというと、1次試験と面接試験の関係について以下のような仮説を持っているからです。

人事の方に聞いたとかでもありませんので、あくまで僕個人の意見に過ぎませんが、そう的外れでも無いかなと思っています。

 

  • 筆記試験の点数は、配点以上に重要なインパクト(面接官への先入観)を持つ
  • 特に筆記上位(感覚的には上位20%くらいまで)の人は、面接はよほどのことが無い場合は残る(「よほど」のために面接の配点を高くして調整ができるようにしている)
  • 筆記試験の中位〜下位はほぼダンゴなので、面接の出来が大きな意味を持つ
  • と言いつつ、たった2回程度の面接では大きな差を付けるのが難しいのが実情なので、結局最後には筆記がものを言う

 

どうしてこんな仮説を立てるかと言えば、僕が面接官であればそう考えて採点するからです。

 

筆記で上位の方を見る時には、まず第一印象が変わります。

その上で、普通にハキハキとしていてまともな会話が成り立てば、あぁコイツ出来るな、となります。

よって受かります。

 

一方、筆記試験ギリギリとかのラインであれば、まず他の大多数と比較する視点で見ることになると思います。

ましてや、筆記の下位10位とかであれば、よっぽど光るものが無いとあまり受からせる理由が無いです。

 

面接は第一印象が9割とは良く言いますが、わざわざ筆記試験を1次で行なっているのだから、第一印象は筆記のことでしょう。

 

進撃の巨人じゃないですが、やっぱりミカサ・アッカーマンからクリスタ・レンズまでが印象に残ると思うんですよ(笑)

 

というわけで、あくまで仮説は仮説ですが、1次試験の前に半端に面接対策をやるくらいなら、まずは1点でも多く取れるよう、1次試験に全力を尽くしましょうということをここでは言っておきます。

 

僕は1次終了まで面接対策は何もしてません

僕自身、1次試験を通るまで面接対策は何一つしていません。

とにかく1点でも多く取るべく、ひたすら筆記の勉強をしていました。

 

補足

かと言って、面接で語れるエピソードに自信があったとかいうのは全くありません。

大学時代、授業は全然出ずに友達とウイニングイレブンばかりやっていたし(笑)、サークルはヒラですし、バイトも人並みにやっていただけですから、面接で特筆して語れるような大層なことは本当に何一つしていません。

 

勉強に集中したおかげで、筆記はかなりの点数が取れましたし、また、その時から上で書いたような「筆記上位ダントツ優位仮説(笑)」を持っていたため、自信を持って面接に臨むことができたというのもある意味面接対策になっていたと思います。

 

もちろん、1次で点数が取れたと言って油断せず、1次終了後にはキッチリと面接の対策をしています。

(模擬面接を何度か予備校で受けたり、友人に面接をしてもらうなど)

 

その中でも、僕が特に効果的だったと思う秘策を以下で紹介します。

 

1次はギリギリ突破したかなという人ほど、以下の秘策を使ってみてください。

筆記がそこそこでも、面接で圧倒すれば勝てます。

Sponsered Link

 【面接秘策】これをやれば差を付けられる

現場で話を聞こう!

面接対策と言えば、面接本を読んだり、自己分析や自治体の分析をしたりと、大抵似たり寄ったりの対策を取られるかと思います。

 

ただ、正直同じことをやっても大きな差はつきません。

(ベースの部分として、自己分析や志望動機の整理はもちろん必要ですよ)

 

というわけで、僕がやった秘策をお伝えします。

 

現場で話を聞くことです。

 

簡単ですが、ほとんどの人がやりません。

でも、アピール効果は抜群です。

ぜひやってみてください。

 

具体的にどういうことをやったのかという話を以下でしていきます。

 

討論対策のために現場で話を聞く

僕が受けた県庁では、2回の面接がありました。

1回目は合格通知とともにテーマが伝えられ、そのテーマに基づき人事課職員2人と討論をする形式、2回目は通常の面接(1対5)でした。

配点は1:2くらいで2回目の方が上でした。(ちなみに、計2回の面接合計で、筆記の3倍以上の配点でした)

 

まず、討論について書いていきます。

 

与えられたテーマは「ゆとり教育」でした。

その是非について自分の立場を明確にし意見を述べよというものです。

職員は僕が主張した意見と反対の立場を取り、お互いに議論をしていくわけです。

 

さて、秘策は「現場で話を聞く」でしたね。

 

僕はテーマが伝えられると、早速中学校の時に仲が良かった担任にアポを取り、現場の意見を聞きに行きました。

 

先生としてゆとり教育についてどう考えるのか?その理由は何か?などを聞いたわけです。

その意見を踏まえた上で、自分なりにネットや本で調べたりして、僕の意見を構築した上で試験に臨みました。

 

そして本番の討論の際に、現場からはこういう意見がある、実際に行って聞いてきたとアピールしたわけです。

もちろんその上で、そういった意見も踏まえて自分としてはこう考えるとして討論を展開していくわけですが、もし僕が面接官であれば現場に行ったというだけで合格ラインに乗せますね。

 

ネットやら本に転がってる意見なんて誰でも言えますが、実際に現場でヒアリングしたというのはめちゃくちゃ説得力があります。

何より、まずその行動力に◎を付けます。

 

もし討論テーマが事前に公表されるところであれば、ぜひそのテーマに沿った現場に突撃しましょう。

 

僕のように知り合いがいるようなケースでなくても、電話なりメールなりで事情を丁寧に話せば、きちんと対応してくれるところは多いと思います。

何より、合格に一歩でも近づけるのだから、恥をしのんでやりましょう。

 

討論テーマが直前に公開される場合

討論試験直前にテーマが伝えられる自治体も多いと思います。

その場合、現場で話は聞けませんが、討論の際に現場や実体験に基づく意見というのはとても説得力を持つということを覚えておきましょう。

集団討論の場合、自分の意見に固執してしまうとそれはそれでまずいということももちろん押さえておいた上での話ということにはなりますが。

関連記事公務員の面接対策【集団討論編】体験を絡めよ、決してムキになるな

Sponsered Link

面接試験対策のために現場で話を聞く

次に、いわゆる一般的な面接試験について書いていきます。

仮に討論が無かったとしても、これがない自治体は皆無でしょう。

 

ここでも秘策を繰り出しましょう。

 

僕は、1次試験後に、県庁の企画課(総合政策課)に電話をして、今度県を受験するのだが、ぜひ施策について色々教えて欲しいとアポを取って直撃しました。

 

ちなみに、ものすごく快く引き受けてくださったのを覚えています。

改めて思うと、通常業務で忙しい中で、たかだか一受験生のために時間を割いてくださって本当に有り難かったです。

 

そして面接本番。

志望動機などを聞かれた際に、さり気なくその話をアピールしたわけです。

 

「実際に会ってお話を聞いたんですが・・・」と。

 

僕が面接官ならやっぱり痺れますよ(笑)

間違いなく、コイツ行動力と熱意あるなーとプラスに捉えます。

 

実際、僕がこのことを話した際、一人の面接官が、「来て直接話聞いたの?」ととても感心した様子を見せていたことが強く記憶に残っています。

 

その時、ヨシと思いましたね。

 

というわけで、本当にオススメの対策です。

 

実際にやる場合、自分の興味がある課にアポを取れば大丈夫なのですが、迷う場合は企画課がオススメです。

企画課は全体的な施策をコントロール(県や市町村の総合計画を作っています)していますし、課の性質上も懐が深いところがあるので、引き受けてくれるケースも多いと思います

 

もちろん、事前に総合計画(ネットで見れます)をざっと見た上で、質問などを整理してから伺いましょう。

計画を見ること自体が面接の対策(志望動機や施策について質問されたりした時のネタ)になりますので、一石二鳥です。

 

また、伺った後は御礼の手紙を書きました。

これは礼儀としてぜひやりましょう。

 

注意

大丈夫だとは思うのですが、1次試験後・2次試験前というタイミングの場合、アポを取った課の人が人事課に連絡して、こういう人がいるんだけど、対応してもいいの?と聞かれてしまい、場合によってNGになる可能性も0ではありません。

→なお、自分から人事課にアポ取っていいですかと聞くのは絶対やめましょう。聞かれれば理屈をこねてやらないようにするのが役所です(笑)

面接は1次試験後に対策せよと言っておいて何ですが、もし気になる場合は年明けから試験までの間(1月、2月、3月前半(後半は異動でバタバタ)、5月(4月は異動でバタバタ)に伺っておけば間違いないでしょう。

 

まとめ

  • 1点でも高い点数を取るため、1次合格までは勉強に集中する
  • 1次で上位合格しておけば、見た目の配点以上に面接試験に効いてくる(仮説)
  • 面接試験に臨むに当たって、ベーシックな部分として通常の面接対策(身だしなみ、挨拶、ハキハキ話すとか当たり前のことから、自己分析や志望動機の整理など)は当然行う。
  • 差をつけるための秘策として、現場で話を聞き、面接本番でアピールする。

 

以上です。

 

あくまで面接での点数のつけ方はブラックボックスですので、1次の点数が高いと非常に有利という仮説も正しいかどうか分かりませんし、僕が現場で話を聞いたことが一体どれだけ加点要素になったのかは分かりません。

 

ただ、間違いなく言えるのは、

誰でもやろうと思えば出来るのに誰もやらないことをやった者が勝ちます。

 

成功者は常に普通の逆を行くということを押さえておきましょう。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>次はこちらをクリック

公務員試験の面接対策!場慣れのための模擬面接の有効性

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です