【公務員試験の面接対策】大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は公務員試験の面接対策【僕が高得点を取れた秘策】がテーマです。

本記事の内容

  • 僕の面接の得点実績と、実施した対策の全体像
  • 秘策紹介【自信あります】
  • 読者さんが秘策を試した実績紹介

公務員はとにかく面接重視です。配点もやけに高いです(特に地方公務員)。

しかし、面接の点数のつけ方は筆記のように明快ではありません。

だからこそ不安だと思います。

 

ということで、今回は僕が高得点を確保できた秘策(なお、読者さんも実践して結果を出しています→後述)を伝授します。

スポンサーリンク

公務員試験の面接得点実績と、実施した面接対策の全体像

僕の県庁での面接試験得点実績

僕が県庁に合格した際の得点率は以下です。

  • 筆記84%
  • 論文68%
  • 面接(1回目→討論)88.2%
  • 面接(2回目)79.0%

 

以上、トータル得点で全体の2位(筆記だけの順位や面接だけの順位は教えてもらえず)でした。

そんなわけで、以下で記載する対策の信頼性担保になると思います。

 

僕が面接対策を始めたタイミング

僕は、県庁で1次試験を通るまで面接対策は何一つしていません。(ちなみに民間も併願してませんし、国家は2次を辞退したのでぶっつけ本番です)

 

筆記の点数は高ければ高いに越したことはないと思ってひたすら筆記の勉強をしていました(理由は以下)。

 

なお、面接で語れるエピソードに自信があったとかは全くないです。

大学時代、授業に出ず友達とウイニングイレブンばかりやっていましたし(笑)、サークルの役職はヒラですし、バイトは日雇いばかりやっており、面接で特筆して語れるようなことは本当に何一つありませんでした。

 

筆記を徹底的に頑張った理由

筆記はぶっちゃけ1月くらい(試験は6月)の段階で突破する自信があったのですが、以下の仮説のもと筆記対策をとことんやってました。

  • 筆記試験の点数は、配点以上にインパクト(面接官へのプラスの先入観)を持つ
  • 筆記上位なら、面接はよほどのことが無い場合大丈夫(「よほど」のために面接の配点を高くして調整できるようにしている)

ちなみに、僕の県の筆記(教養・専門・論文)と面接(2回)の配点比率は1:2.3くらいで圧倒的に面接優位でした。

 

果たしてこの仮説は合っていたのかさっぱり分かりませんが(多分合ってないような気がする笑)、筆記で多くの点数を取れたからこそ自信を持って面接に臨めたのは確かです。

 

どっちにしても、面接は1次合格後に対策すれば全然OKです。

 

僕がおこなった具体的な面接対策

僕が具体的におこなった面接対策は、今回紹介する秘策も含めて以下の通りです。

  • 面接本は1冊だけざっと読む(どちらかと言えば以下実践練習の合間に読む感じ)
  • 予備校での模擬面接(5〜6回)
  • 民間に内定をもらっていた友人との模擬面接(2〜3回)
  • 今回紹介する秘策

要は、模擬面接と今回の秘策の両輪ですね。

これで受かりました。

 

ちなみに、予備校での模擬面接はかなり効果的なのでオススメですが、こちらは以下留意点があるので別途読んでおいてください。

【公務員試験】面接対策だけを予備校で受けることはできない【要注意】

2019年3月21日

 

では、いよいよ秘策を紹介します。

スポンサーリンク

【面接秘策紹介】これで差を付けられる

現場で話を聞きましょう!

オーソドックスな面接対策と言えば、

  • 面接本を読む
  • 自己分析をする
  • 自治体の施策分析をしながら志望動機を練る
  • 模擬面接をする

あたりですね。

 

一方、普通と同じことをやっても大きな差がつきません。(模擬面接の繰り返しはめちゃくちゃ重要ですが)

 

そんな中で僕が考えで実行した秘策、それは、

現場で話を聞くこと

です。

 

簡単ですが、ほとんどの人がやりません。

しかし、アピール効果は抜群です。

 

具体的には以下2点(討論と面接)で秘策を繰り出しました。

 

【秘策実践その1】討論対策として現場で話を聞く

まず、討論対策としてやったことを書きます。

 

僕が受けた県庁の討論試験は、合格通知とともにテーマが伝えられ、そのテーマに基づき職員と討論をする形式でした。

 

当時与えられたテーマは「ゆとり教育」でした。

その是非について自分の立場を明確にして討論せよというものです。

職員は僕が主張した意見と反対の立場を取り、お互いに議論をしていくわけです。

 

さて、秘策は「現場で話を聞く」でしたね。

 

僕はテーマが伝えられると、早速中学校の時に仲が良かった先生にアポを取って意見を聞きに行きました。

ゆとり教育についてどう考えるのか?その理由は何か?など現場の意見を聞いたわけです。

 

その意見を踏まえた上、自分なりにネットや本で調べたりして、僕の意見を構築した上で試験に臨みました。

 

そしていよいよ討論本番。

 

「現場ではこういう意見があるということを実際に聞いてきた」と自分の意見を強調する材料として存分にアピールしました。

 

結果は、、、すでに書いた通りですが、88%の得点を獲得しました。

 

自分で言うのもなんですが、当然の結果です。

ネットやら本に転がってる意見は誰でも言えますが、現場で聞いた意見には説得力があります。

何より、わざわざ現場に行ったというその行動力が圧倒的なプラス要素です。

 

行動力こそ情熱を伝える最強の手段です。

 

もし僕が面接官だったとしたら、現場に行ったというだけで合格ラインに乗せます。

 

仮に討論テーマが事前に公表されるところであれば、ぜひそのテーマに沿った現場に突撃しましょう。

 

討論テーマが直前に公開される場合

討論試験直前にテーマが伝えられる自治体のほうが多数派だと思います。

その場合、現場で話は聞けませんが、討論の際に現場や実体験に基づく意見というのはとても説得力を持つということを覚えておきましょう。

【公務員の面接:集団討論対策】感情的になったら失敗します【実話】

2018年2月10日

 

【秘策実践その2】通常の面接対策のために現場で話を聞く

次に、通常の面接時における秘策です。

 

討論が無かったとしても、通常の面接がない自治体は皆無です。

 

そのため、ここで書くことは、公務員試験を受ける全ての方にとって実践余地のある話(というか実践してほしい話)です。

 

では何をやったのか?

繰り返しになりますが、秘策は「現場で話を聞くこと」でしたね。

 

ということで、

県庁の企画課(総合政策課)に電話をし、ぜひ施策について色々教えて欲しいとアポを取って直撃

しました。

 

そして面接本番。

志望動機などを聞かれた際に、さり気なくその話をアピールしたわけです。

 

「実際に会ってお話を聞いたんですが・・・」と。

 

もちろん効果はバツグンでした(笑)

→得点は既に示した通り約80%を獲得しました。

 

アピールした際に一人の面接官が「来て直接話聞いたの?」と非常に感心した様子を見せていたことが強く記憶に残っています。

その時、勝ったと思いましたね。

 

実際、僕も県庁に長く勤務していたので分かりますが、職員から見てそういった行動力を見せてくれた人にはグリグリの二重丸を出したくなります。

 

というのも、公務員の現場では、得てして空論が飛び交うケースが多いからです。

しかし、まともな職員は空論ではまずいと思っています。

でも、思っているのと行動できるのは別の話です。

だからこそ、行動力のある人間は尊敬されます。

 

別に公務員に限らないですけどね。

結局どんなに理屈をこねても、地に足のついたものでなければ全然説得力がないということです。

→そのため、今回の行動力を示す秘策はもちろん効果的ですが、それ以外でも面接での質問において「自分自身の強みや経験」と絡めて話すことは非常に重要です。

 

アポの取り方など

実際にこの策を実践する場合、自分の興味がある課にアポを取れば大丈夫ですが、迷う場合には企画課がオススメです。

 

企画課は全体の施策をコントロールしていますし、課の性質的にも懐が深いところがあるので、引き受けてくれるケースが多いと思います。

 

もちろん、事前に総合計画(ネットで見れます)をざっと見た上で、質問などを整理してから伺いましょう。

計画を見ること自体が面接の対策(志望動機や施策について質問されたりした時のネタ)になりますので、一石二鳥です。

 

また、伺った後は御礼の手紙を書きました。

これは礼儀としてぜひやりましょう。

 

なおアポの時期については、先ほど面接対策は1次試験後で大丈夫と書きましたが、それだと結構ギリギリでうまくいかない可能性があるため、年明けから試験までの間(1月、2月、3月前半(後半は異動でバタバタ)、5月(4月は異動でバタバタ)に伺っておけば間違いないでしょう。

 

注意点

もちろん断られる可能性もあります。

その場合でも、例えばA課に断られた後にB課に電話するのはアリです。

一方で、そもそも受験生に対しては組織方針としてそういったアポを受け入れていない自治体があったりします(→川崎市だか町田市だか・・・うろ覚えですが)ので、その場合は諦めましょう。

 

ただその場合でも、例えば市役所に行って仕事をしている様子を見てみる、それこそ喫煙所にいる人に話しかけてみる、本庁じゃなくて出先機関に行ってみるなど色々と工夫はできます。

→別に具体的な話が聞けなくても、実際に何度も足を運ぶことで気づけることはありますし、また、やはりその行動は熱意をアピールする材料になります

スポンサーリンク

秘策を実践して成果を出した読者さん

以下、この策を実践して成果を出してご報告してくれた読者さんですのでぜひ参考にしてみてください。

県庁に3位で合格した面接対策の秘密【ブログ読者さんにインタビュー】

2018年10月31日

【市役所面接突破!】志望動機を相談いただいた読者さんが某市合格。理由を分析しました。

2018年11月13日

 

特に上の記事の方は、筆記30位代から一気に最終3位で某県庁に合格しています。

 

まとめ

  • 面接対策は1次突破後でOK
  • 面接で高得点を確保した筆者がおこなったメインの対策は「模擬面接」と「現場で話を聞くこと」
  • 現場で話を聞く=行動力をアピールする方策として超有効。

以上です。

 

あくまで面接における点数のつけ方はブラックボックスです。

今回紹介した対策が、僕の面接時にどれだけの加点要素になったのかは分かりません。

 

しかし、公務員試験に限らず勝者における真理があります。

それは、「勝者は常に普通の逆を行く」ということです。

 

勝つ投資家は、皆が売って暴落している時に買い、皆が買って暴騰している時に売り抜けます。

本物の経営者は、質の高い少数の情報を収集し、誰も着目していないが今後伸びる可能性が高いビジネスに参入します。

 

もちろん、皆が黒髪なのに金髪で行くとかはもちろんダメですよ(笑)

 

逆を行くというのは、周りの人が感情(面倒臭い、怖い、皆がやっていることが正しいという思い込みなど)に流されて正しい判断ができない時に、正しい判断に基づき正しい行動をするということです。

 

では今回のやり方が正しい行動なのかといえば、実践して高得点につながったのは紛れもない事実ですし、また、僕が公務員として10年のキャリアを積んだからこそ、面接官に与える影響の大きさもよく分かっています

 

確かにドキドキするでしょうし、少し怖いかもしれません。

しかしその一歩こそが合格に近づきます。

ぜひ頑張って踏み出してみましょう。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい

公務員試験対策まとめ(筆記・面接対策を網羅)
公務員予備校比較(費用や特徴)まとめ