【公務員試験の面接対策 集団討論編】実体験と絡めよ。決してムキになるな!

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

さて、今回は公務員の面接対策(集団討論)について取り上げます。

 

地方上級試験の多くや一部の市役所試験では、2次試験以降で集団討論が行われます。

もちろん通常の面接とはかなり毛色が異なるため、別途対策を練る必要があります。

 

僕自身の討論試験での対応や、県庁での経験を踏まえ僕が面接官ならどう採点するかといった観点から対策記事を書いて行きます

Sponsered Link

僕が県庁で受けた討論試験と獲得した点数

まず、僕が受けた討論試験の概要と獲得した点数について書いていきたいと思います。

 

僕が勤めていた県庁では、受験生同士による集団討論ではなく、試験官との討論試験が実施されていました。

1次試験の合格通知とともに討論するテーマが示され、試験日までに各自テーマの勉強をしておき、当日は試験官2人と僕が2対1で向き合って議論をする形です。

 

集団討論と異なり、司会や書記はいらないですし、議論があちこちに飛んだものを集約する必要もありません。

要は、相手の意見を尊重しながら、うまく自分の考えを首尾一貫で主張することだけに徹すればいいので、集団討論に比べてかなりラクだったと思います。

 

なお、点数開示による僕の討論試験の得点率は88.2%でした。

正直、我ながらかなりの得点だったと思います。

 

なお、これは事前の準備期間を活用して、テーマに関して現場の意見を聞いてきたことが大きかったと思っています。

(ちなみに僕が受けた時は「ゆとり教育の是非」がテーマだったので、中学校時代の恩師に話を聞きに行きました)

 

これは討論に限らず、通常の面接においてもかなり有効に活用できるテクニックですので、興味があれば以下の記事もご覧ください。

関連記事公務員試験の面接対策!大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

Sponsered Link

集団討論の概要について

そもそも集団討論ってどんなことやるのよ?という話ですが、

受験生数名が、自治体から示されたテーマについて議論し、45分とか60分とかの時間の中で一定の結論を出してきます。

 

僕が受けた県庁のように、事前に何日も時間が与えられるというのは少数派で、試験直前にテーマが伝えられ、10分くらいで自分の主張をまとめた上で討論がスタートするといったケースが多いようです。

 

余談です

集団討論は受験生の色々な要素(決断力とか、柔軟性とか、積極性とか)を見極めるための試験であり、議論でどういう結論が出るかはある程度どうでもいい(コンサルの試験ならそうはいかないでしょうが)といった部分があります。

 

なので、直前にテーマが伝えられるのでも別に構わないと思いますが、リアルな公務員の様々な会議においても、議論するテーマが当日まで伝えられない(資料すら配布されない)ようなものが結構あります。

 

その裏には、余計なことを突っ込まれたくないとか、会議をやったという形だけを作れればいいといった意図があるのですが、最大の成果を求めるという意味で言えば最悪の仕事のやり方ですので、公務員になった暁には、集団討論のような仕事の仕方はしないでくださいね(笑)

Sponsered Link

集団討論で高い点数を取るための重要なポイント

しっかりと過去の出題内容を調べよう

受験する自治体の過去数年の議論テーマは絶対に押さえておきましょう。

 

どうしても入りたい大学があれば、その赤本を中心に解くのが合格への近道であるのと同じです。

 

実際、テーマの傾向は自治体によってかなり偏りがあります。

 

事前の知識が無くてもなんとかなるようなテーマを中心に出している自治体もあれば、その自治体の施策を読み込んでおいたほうが有利なテーマを多く出しているところもあります。

 

いくら集団討論の段取りを押さえていたところで、出されたテーマに対する知識が0だと厳しいものがあります。(その場合でもなんとか対応するしかないですが)

 

自分の適性(強み)を必ず見極めてから本番に臨もう

司会が得意だとか、書記が得意だとか、意見をまとめるのが得意だとか、絶対にその人ごとの適性があります

 

しかも、それは人生において培われているので、簡単に変えられるものではありません。(また、強みなのだから変える必要もありません)

 

まずは、今までの自分の人生を冷静に振り返って、自分はどういう立場が向いているのかをしっかりと把握しておくことが重要です。

 

  • 仕切りが得意な人(=司会役)
  • 誰よりも早く、真っ先に意見を言える人
  • AさんとBさんの意見をうまく調整して折衷案を出すのが得意な人
  • 本質を見抜くことが得意な人

など、色々と適性による違いがあるはずです。

 

自分の得意な土俵で戦うことが最も大切です。

 

司会をうまくこなせば高い点数が取れるだろうとか、ポジションによる優位性を考え、自分の強みを捨てるような考え方はまずいです。

→確かに、皆が初めて会った人たちであるにも関わらず、その議論をうまくリードしてまとめ上げることが出来れば、それは間違いなく高得点に直結するでしょう。

一方、当然にそれは困難を伴う案件ですから、小手先で対応出来るような話ではないということです。

 

自分の適性に合ったところで十分に能力を発揮すれば、間違いなく高得点を取ることが出来ますよ。

 

批判ばかりするのはダメ!

なお、批判的な意見ばかり言うのは最悪です。

そのことが自分の強みで、それによって議論をより良い方向に導くきっかけになっているとしたら、その考え方は非常にまずいです。

 

僕が試験官なら絶対に落とします。

 

批判というマイナス面ではなく、「色々な物事のデメリットを冷静に見極められる」という強みに転化してください。

 

  • ○○の意見は確かにこういうメリットがあって素晴らしい。
  • 一方、その意見はこういう問題点もあるのではないかと考える。
  • よって、対応案としてはこういうものが考えられる。

というように、生産性のある方向で返しましょう。

 

思いつきでアイデアを言うのではなく、自分の実体験や経験と絡めよう

自分の実体験や経験と絡めて意見を言うこと。

これは絶対にオススメです。

 

説得力が違いますし、何より、リアルな公務員の現場が机上の空論で溢れ返っているからです(笑)

理屈は綺麗だけど、それ本当に出来るの?といった話とか、お金をかけてやってもただの自己満足で大した成果が無いんじゃないの?といった話には試験官もうんざりしています。

 

例えば、「街の活性化策について議論せよ」というテーマが出た時に「人気のあるYoutuberを呼んでこういった企画をやってもらう」みたいな、お金ばかりがかかりそうな、ただの思いつきのような話をするのはあまりオススメしません。

 

もしYoutuber案を経験的なところに落とし込むとすれば、

 

  • 私は○○という知り合いのYoutuberがいる。
  • 彼は地域とコラボした動画を作った実績がある。
  • その動画は●●万回再生され、twitterやfacebookで拡散されるなどかなりのインパクトがあった。
  • 知事や市長にyoutube上でコラボ企画に出てもらうという条件であればタダで頼める!

 

こういう流れならアリだと思います。

 

自分の実体験や経験を絡めることで、意見にリアリティや実現性を持たせた主張をすることが効果的です。

 

さらに言えば財政面についてもうまく配慮できればベターです。

(上の事例もそうですね。→ほとんどタダでその施策が実施できる)

 

財政が苦しいというのはどこも共通の課題です。

 

もちろん大きなビジョンと投資も時と場面においては必要ですが、施設を作るとか、有名人に来てもらってPRするとか、デカいイベントをやるとか、ただお金をかけてどうにかしようみたいなアイデア(しかも別に自分の経験とも絡めていない)があまり好印象を与えることはないでしょう。

→試験官側も、そんなの財政課通らねぇよと内心突っ込んでいるのは間違いありません。

 

ただ、周りのアイデアに対し、それは財政的に無理だし、成果も出なそうだから意味無いよと言ってしまうとやはり協調性でマイナスになってしまいますから、その辺はうまく空気を読みましょう(笑)

Sponsered Link

【重要】ムキになって反論するのは絶対やめよう

上で書いた実体験と結びつけるという話は、それが出来たら他の受験生と差別化が図れるというものです。(つまりプラスαの話)

 

ぶっちゃけ、他の人の意見を尊重しながら自分の意見を主張するとか、他の意見をうまくまとめながら折衷案を言っていくといった流れで無難に淡々とこなしていけば、十分及第点は取れると思います。

(市役所の妻はそんな感じで討論を突破しています)

 

一方、討論時にこれだけは絶対にやってはいけないことがあります。

 

それは、相手の主張に対してムキになって反論することです。

(上でも書きましたが、批判的な意見ばかり言うのも同様にダメです)

 

相手を言いくるめて自分の意見を通す(つまりWin-Loseの関係)ということは、ビジネスのみならず、あらゆる場面において良い結論ではないということを、経営の神様であるドラッカーも述べています。

 

Win-Winの関係を築けるような議論に持っていくべきで、一方的な敗者が生まれるようなやり方は、成果をあげる上でも避けたほうが賢明だということです。

 

何より、僕が試験官なら、感情としてそういう人とは働きたくないと思うでしょう。

だから当然、点数も低くします。

 

人は論理ではなく感情の生き物であるという原理原則を絶対に覚えておきましょう。

 

補足

ちなみに、この話には具体的な裏付けがあって、僕と仲の良い同期とで討論の点数が30点近くも違っていたんですね。

 

どうしてそんなに点数が低いのかと聞いたところ、自分の主張を通すべく、かなりムキになって反論してしまったのが原因だと思うとのことでした。

 

その同期は非常に頭が良く、いつも説得力のある意見を話すのですが、頭が良いからこそ陥りがちな罠だということです。

 

討論は相手を言いくるめることが目的ではありません。

反対意見も含めたお互いの主張を活用して、より良い結論を導いていくこと(ヘーゲルが言うアウフヘーベンってやつですね)が目的です。

 

自分の意見を通そうとムキになってしまった結果、大きな減点を食らった実例があるんだという点は押さえておきましょう。

Sponsered Link

本番まできちんと練習をしよう!

色々と書いてきましたが、集団討論は普通の面接に比べればかなり特殊な形態ですし、いくら頭でシュミレーションをしても、ぶっつけではうまく行かないと考えるほうが自然です。

 

公務員予備校で模擬討論をしたり、民間企業を受けるなどして事前に慣れておきましょう。

 

まとめ

  • 受験する自治体の過去のテーマを押さえる
  • 自分の得意な役割を分析しておき、当日はその役割を担う
  • 実体験に応じた説得力のある主張を展開する(財政にも気を遣えるとベター)
  • 相手の非難や批判はせず、YesBut方式で相手を立てつつ議論を組み立てていくことをしっかり意識する
  • ムキになって反論するのはご法度
  • しっかりと事前に練習(予備校の模擬討論や民間を受ける)をしておくこと

 

以上について対応すれば、間違いなく及第点以上、というか上位で通るでしょう。

 

さらに言えば、

  • ある意見を潰すというのではなく、反対意見もうまくひっくるめて、より高みの意見にまとめ上げることができれば最強です。

 

本来、ここに持ってくのは司会の腕の見せ所という感じもしますが、司会がイマイチなら、自分でうまく舵を取るのもありでしょう。(あんまり無理はしないほうがいいです)

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>「実体験を語ること」の効果について詳しく知りたい方は以下をクリック!

公務員試験の面接対策!大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です