【刑務官の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯年収を全てまとめました。

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、刑務官のお給料がテーマです。

※刑務官は、刑務所や拘置所で受刑者への指導などをおこなう仕事で、国家公務員公安職という位置付けになっています。

 

以下の通りまとめました。

  • 平均給料月額(年齢別も)
  • 平均給与月額(年齢別も)
  • 平均ボーナス(年齢別も)
  • 平均年収(年齢別も)
  • 退職金
  • 生涯年収

年齢別の額も詳しく算出してあるため、以下を見れば主要な給料データは全て分かるようになっています。

なお、数字は人事院の最新の統計資料(H30国家公務員給与等実態調査)を元に算出しています。

Sponsered Link

刑務官の平均給料月額

平均給料月額

317,397円(平均年齢41.3歳)

参考 行政職国家公務員平均:329,845円(平均年齢43.5歳)

 

ここに各種手当が加わったものが毎月の給与(月収)であり、この数字単独では正直あんまり意味のない数字です。

主にボーナスや退職金の算定基礎としての意味合いが強いものです。

 

刑務官の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

418,331円(平均年齢41.3歳)

参考 行政職国家公務員平均:463,684円(平均年齢43.5歳)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

(なお、手取りはざっくり80%くらい(=月収40万円なら手取りは31〜32万円程度)です)

 

先ほどの給料との差額100,934円が手当額です。

なお、手当のうち額の多いのは以下です。

  • 超過勤務手当(残業代):43,390円(推計値 以下※参照
  • 地域手当:30,586円
  • 扶養手当:13,047円
残業代について

国家公務員の残業代は公表されていません。

そのため人事院勧告の資料(=出先機関の平均年間超過勤務時間201時間、月あたり16.75時間)に基づいて推計しました。

【参考:具体的な計算内訳】

{(俸給の月額+俸給の月額に対する地域手当等の月額)×12}/(1週間当たりの勤務時間×52) ×支給割合×勤務時間

→{(317,397+30,586)×12}/(38.75×52)×125/100×16.75=43,390円

 

年齢別の平均給与月額

年齢別の給与は以下の通りです。

(人事院の公開データにはやはり残業代が含まれていないので、上記で積算した43,390円を一律上乗せしています)

18~19歳228,290円
20~22歳254,823円
23~27歳292,627円
28~32歳330,001円
33~37歳384,282円
38~42歳441,391円
43~47歳470,477円
48~52歳497,429円
53~59歳519,034円
Sponsered Link

刑務官の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,548,524円(平均年齢41.3歳)

(内訳:(俸給317,397+地域手当30,586+扶養手当0(※))×2018年の支給月数4.45月)

扶養者がいるケースの場合、平均で6万円程度がここに上乗せになる

 

参考 行政職国家公務員平均:1,659,436円(平均年齢43.5歳)

 

年齢別の平均ボーナス年額

刑務官のボーナスを年齢別に推計したものが以下です。

18~19歳930,758円
20~22歳992,662円
23~27歳1,144,202円
28~32歳1,273,546円
33~37歳1,461,055円
38~42歳1,670,592円
43~47歳1,761,533円
48~52歳1,837,547円
53~59歳1,908,836円

 

刑務官の平均年収

平均年収額

6,568,496円(平均年齢41.3歳)

参考 行政職国家公務員平均:7,223,644円(平均年齢43.5歳)

 

年齢別の平均年収額

年収を年齢別に推計すると以下の通りです。

18~19歳3,670,242円
20~22歳4,050,535円
23~27歳4,655,726円
28~32歳5,233,556円
33~37歳6,072,438円
38~42歳6,967,286円
43~47歳7,407,254円
48~52歳7,806,698円
53~59歳8,137,248円

※平均給与×12+ボーナス額で算出

Sponsered Link

刑務官の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

21,085,000円

出典(内閣官房『退職手当の支給状況(平成29年度)』)

参考 行政職国家公務員:21,492,000円

 

依願退職する場合はもっと下がります。

ちなみに、地方公務員(県庁)の場合、32歳でやめると120万円くらいです。(経験者談)

 

刑務官の生涯年収

生涯年収額(大卒)

272,811,059円(給与収入251,726,059円、退職金21,085,000円)

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出しています。

参考 行政職国家公務員平均:282,528,762円

 

参考 民間の生涯年収(60歳まで、退職金含む)

288,000,000円(大卒・院卒男性)

221,500,000円(高卒男性)

出典(労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』)

 

「刑務官になりたい」or「現役刑務官だけど、もっと稼げるところに転職したい」と思った方へ元公務員からのオススメ

刑務官の給料めっちゃおいしい、ぜひなりたい!と思った方へ

刑務官になりたい方向けに、公務員試験対策や公務員予備校について以下の記事でまとめています。(僕自身は国家総合職の1次上位合格、県庁2位合格、大手予備校模試関東2位といった実績があるため、その辺りが記事の信頼性担保に繋がるかなと思います)

【公務員試験対策まとめ】元県庁職員が筆記・面接対策などを徹底解説!

2018年12月23日

【刑務官試験】元公務員が予備校の費用や特徴を比較!失敗しない選び方とは?

2019年3月2日

社会人(民間・公務員・フリーターなど)から刑務官を目指す方の場合であれば、以下の記事から読むのがおすすめです。(特に無料ハンドブックは社会人が試験を目指す時の全体像が詳しく分かるのでぜひどうぞ)

民間から公務員に転職したいなら必読!元公務員おすすめの無料ハンドブックを紹介。

2018年12月30日

社会人から公務員に転職するには?経験者採用枠と大卒枠では難易度の質が全く違う!

2018年12月19日

 

刑務官以上に稼げてゆとりのある転職先も、実は結構あります

民間に転職した知り合いの公務員たち(→年収アップかつ時間のゆとりもできた)にヒアリングして書いた記事です。

転職を考えている刑務官の方におすすめ。

【給料UP】公務員から民間へ転職を成功させた友人たちのおすすめサイトはコレだ!

2018年12月29日

 

まとめ

  • 刑務官の給料月額 317,397円(平均年齢41.3歳)
  • 刑務官の給与月額 418,331円(平均年齢41.3歳)
  • 刑務官のボーナス年額 1,584,524円(平均年齢41.3歳)
  • 刑務官の年収 6,568,496円(平均年齢41.3歳)
  • 刑務官の退職金 21,085,000円(定年まで勤務した場合)
  • 刑務官の生涯年収額 272,811,059円(給与収入251,726,059円、退職金21,085,000円)

以上、刑務官のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい

行政職国家・地方公務員や、警察官・消防士といった公安職の給料など、「公務員の給料の全て」をまとめた記事はこちら(多分日本一詳しいです)

【公務員の給料完全まとめ】年齢別給与・ボーナス・年収などを職種別にまとめました。公務員の給料はこれで全てが分かります!

2019年1月9日

 

お小遣い稼ぎとか節約をしたいと思っている方向けに、僕が公務員退職後に収入がなくて困っている中(笑)で実践してきたことをまとめた記事です。

【お小遣い稼ぎ&節約術】元公務員おすすめの安全・簡単に月1万円以上稼げる方法。

2018年12月27日

【自己アフィリエイト(ハピタス)のやり方】堅実な元公務員が毎月1~2万円以上をノーリスクで稼ぐ方法を解説!

2018年12月28日

特に自己アフィリエイトは、知らない公務員の方も多いと思いますがめっちゃ美味しいです。(うさんくさく聞こえてしまうかもしれませんが、1時間もあれば月1万円以上、年間で見れば10万円以上はノーリスクで誰でも簡単に稼げます。

Sponsered Link



2 件のコメント

  • 知り合いの人が刑務官ですが、特にキャリアではありません。30台で年収1000万になった、ボーナスは一回手取りで100万以上、退職金は3000万以上と聞いたのですが、このデータとかけ離れているのでどういう事かお聞きしたいのですが。

    • ご質問ありがとうございます。

      刑務官は公安職俸給表(一)という給料表が適用されます。
      公安職俸給表(一)の平均給与は人事院の「国家公務員給与実態調査」にきっちり数字が出ています(41.3歳で月収37.5万円)
      一方で、同調査では残業代が公開されていないため、残業代を仮に算出(記事内参照)し、41.8万円という月収を算出しました。
      その場合、年収ベースでは650万程度という数字が出てきます。

      しかし、ここで重要なのは、あくまでこれは「平均値」だということです。
      例えば、物凄く残業や休日出勤が多ければその分手当の支給が大幅に増えますし、また、都内勤務の場合であれば地域手当という手当の額が跳ね上がってきます。

      そのため、個別の方の勤務状況によって金額は大きく変わり得るということです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です