【2019夏】地方公務員のボーナスを年齢別に算出。平均は75万円で昨年比3.5万円UP!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「地方公務員(一般行政職)の2019年夏のボーナス」がテーマです。

 

  • 2019夏のボーナス支給日はいつ?
  • 2019夏のボーナスは2018夏に比べてどれくらい増える?
  • 2019夏のボーナスの平均支給額はいくら?年齢別ではいくら?
  • 都道府県・指定都市・市・町村・特別区ごとで見るといくら?
  • 地方公務員のボーナスは国家公務員や民間企業と比べて高い?低い?

こうした点を知りたい方はぜひご覧ください。

金額は総務省の最新の統計資料と2018年8月に行われた人事院勧告のボーナス改定をベースにして推計しています。

 

↓なお、国家公務員や教師・警察・消防・看護師・保育士の夏のボーナス額が気になる方は別途こちらをご覧ください。

【2019夏の公務員ボーナスまとめ】年齢別、職種別、民間との金額比較などコレで全て分かります。

2018年5月13日

【2019】地方公務員の夏のボーナス支給日 

まず、ボーナス支給日は以下の通りです。

 

地方公務員の2019年夏のボーナス支給日:6月28日(金)

 

本来の支給日である6月30日が日曜のため若干早い支給となります。

 

厳密に言うと、地方公務員は条例で自由に決められるため(国家公務員はこの日付で確定)、自治体によって若干ズレがある可能性があります。

ただ、ほとんどのところはこの日に支給されます。

 

【2019】地方公務員の夏のボーナスはどれくらい増えるのか? 

2018年夏に比べて3.5万円程度増える見込み

2018年8月に人事院勧告が行われ、国家公務員のボーナスが増額改定されました。(年間支給月数が4.4月から4.45月へと0.05月分増)

ほとんどの地方もこれに追随しています。

 

具体的に言うと、2018年夏は2.125月分の支給だったものが、2019年夏は2.225月分の支給になります。

 

金額で言えば概ね3.5万円程度の増額です。

 

【2019】地方公務員全体の夏のボーナス支給額

まずは、地方公務員全体(都道府県・市区町村の合計)の夏のボーナス支給額について、平均額と年齢別の金額を算出しました。

地方公務員全体(一般行政職)の2019年夏のボーナス額

地方公務員全体の夏のボーナス平均支給額:753,320円(平均年齢42.3歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当18,397円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

※総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」を活用して算出。以下同じ。

 

◆年齢別支給額

18~19歳 376,668円
20~23歳 438,915円
24~27歳 491,222円
28~31歳 551,164円
32~35歳 622,459円
36~39歳 707,319円
40~43歳 792,990円
44~47歳 853,688円
48~51歳 897,474円
52~55歳 931,932円
56~59歳 959,758円

【2019】団体区分ごと(都道府県・市区町村)の夏のボーナス支給額

先ほど算出したのは地方公務員全体の平均支給額でしたが、ここからは団体区分ごと(都道府県・指定都市・市役所・町村・特別区)にボーナス額を算出していきます。

都道府県(一般行政職)の2019年夏のボーナス額

まずは都道府県庁です。

 

都道府県の夏のボーナス額:772,413円(平均年齢43.1歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当17,715円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

 

年齢別支給額

18~19歳 377,700円
20~23歳 441,164円
24~27歳 495,503円
28~31歳 559,519円
32~35歳 634,236円
36~39歳 720,248円
40~43歳 808,779円
44~47歳 861,226円
48~51歳 900,709円
52~55歳 933,539円
56~59歳 961,725円

 

政令指定都市(一般行政職)の2019年夏のボーナス額

次に、政令指定都市です。

 

政令指定都市の夏のボーナス額:790,979円(平均年齢41.8歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当35,615円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

 

年齢別支給額

18~19歳 409,745円
20~23歳 474,330円
24~27歳 528,395円
28~31歳 597,728円
32~35歳 673,579円
36~39歳 758,665円
40~43歳 837,986円
44~47歳 896,477円
48~51歳 943,358円
52~55歳 985,350円
56~59歳 1,024,188円

 

市役所(一般行政職)の2019年夏のボーナス額

次に、市(政令指定都市を除く)です。

 

市役所の夏のボーナス額:737,899円(平均年齢41.9歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当13,442円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

 

年齢別支給額

18~19歳 366,293円
20~23歳 429,409円
24~27歳 480,324円
28~31歳 536,597円
32~35歳 604,052円
36~39歳 690,280円
40~43歳 776,294円
44~47歳 841,117円
48~51歳 887,481円
52~55歳 922,476円
56~59歳 949,688円

 

町村(一般行政職)の2019年夏のボーナス額

次に、町村です。

 

町村の夏のボーナス額:682,350円(平均年齢41.4歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当2,405円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

 

年齢別支給額

18~19歳 337,475円
20~23歳 388,078円
24~27歳 441,622円
28~31歳 493,147円
32~35歳 557,574円
36~39歳 641,323円
40~43歳 728,082円
44~47歳 792,545円
48~51歳 836,010円
52~55歳 868,017円
56~59歳 888,614円

 

特別区(一般行政職)の2019年夏のボーナス額

最後に、東京23区です。

 

特別区の夏のボーナス額:850,438円(平均年齢41.6歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当64,045円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.275月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

 

年齢別支給額

18~19歳 489,999円
20~23歳 557,584円
24~27歳 604,028円
28~31歳 672,531円
32~35歳 758,788円
36~39歳 841,579円
40~43歳 924,169円
44~47歳 970,847円
48~51歳 1,001,357円
52~55歳 1,033,296円
56~59歳 1,066,577円

地方公務員のボーナスは国家公務員や民間企業のボーナスと比べて高い?低い?

地方公務員の夏のボーナス額を、国家公務員や民間企業と比較してみます。

  • 地方公務員(一般行政職)平均:753,320円(平均年齢42.3歳)
  • 国家公務員(行政職俸給表(一)適用者)平均:831,175円(平均年齢43.5歳)
    ※人事院「平成30年国家公務員給与等実態調査」を活用して推計。
  • 民間大手優良企業(東証一部、500人以上):953,905円(2018夏)、987,000円?(2019夏)
    ※2018夏は経団連発表の賞与・一時金妥結結果より。2019夏については、2018冬から2019冬へのボーナスUP率3.49%を用いて推計。
  • 民間全産業計(企業規模1000人以上):654,800円(平均年齢41.7歳)
  • 民間全産業計(企業規模100~999人):402,600円(平均年齢42.3歳)
  • 民間全産業計(企業規模10~99人):259,500円(平均年齢43.9歳)
    ※厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」を活用して推計。

国家公務員や大手優良企業に比べると劣るものの、多くの民間に比べてかなり恵まれた額だと言えるでしょう。

 

まとめ(地方公務員2019夏のボーナスは、2018夏に比べ3.5万円増の約75万円)

  • 2019夏のボーナス支給日は6月28日(金)
  • 2018夏のボーナスに比べて3.5万円程度増額
  • 地方公務員全体(都道府県・市区町村の平均)(一般行政職)の2019年夏のボーナス支給予想額は753,320円(平均年齢42.3歳)
  • 都道府県(一般行政職)の支給予想額は772,413円(平均年齢43.1歳)
  • 政令指定都市(一般行政職)の支給予想額は790,979円(平均年齢41.8歳)
  • 市役所(一般行政職)の支給予想額は737,899円(平均年齢41.9歳)
  • 町村(一般行政職)の支給予想額は682,350円(平均年齢41.4歳)
  • 特別区(一般行政職)の支給予想額は850,438円(平均年齢41.6歳)

以上です。

 

金額は特別区>指定都市>都道府県>市>町村の順です。

ボーナスは「(給料+地域手当+扶養手当)×支給月数」で支給されるのですが、地域手当(=物価調整手当のことであり、都心部ほど高い)の高い順に差がつく感じです。

特別区と町村だと17万円近い差ですから大きいですよね。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい

↓国家公務員行政職や教師・警察・消防・看護師・保育士の夏のボーナス額が気になる方はこちら。

【2019夏の公務員ボーナスまとめ】年齢別、職種別、民間との金額比較などコレで全て分かります。

2018年5月13日

 

↓もうちょっとお小遣い稼ぎしたい公務員の方へオススメ(僕が公務員をやめた後にお金がなくて困ってた時に実践した方法です。超簡単でノーリスク♪)

【お小遣い稼ぎ&節約術】元公務員おすすめの安全・簡単に月1万円以上稼げる方法。

2018年12月27日

【自己アフィリエイト(ハピタス)のやり方】堅実な元公務員が毎月1~2万円以上をノーリスクで稼ぐ方法を解説!

2018年12月28日

 

↓公務員になりたい方はこちらがオススメ(県庁2位入庁の元公務員による試験対策)

【公務員試験(筆記・面接)対策まとめ】上位合格の元県庁職員が徹底解説!

2018年12月23日

【公務員予備校比較まとめ】職種ごとに、元公務員が費用や特徴を徹底分析。

2019年1月8日

 

↓公務員になりたくて、かつ現在社会人の方ならこっち

民間から公務員に転職したいなら必読!元公務員おすすめの無料ハンドブックを紹介。

2018年12月30日