【2019夏】国家公務員のボーナスを年齢別に算出。平均は85万円で昨年比4万円UP!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「国家公務員の2019年夏のボーナス」がテーマです。

 

  • 2019夏のボーナス支給日はいつ?
  • 2019夏のボーナスは2018夏に比べてどれくらい増える?
  • 2019夏のボーナスの平均支給額はいくら?年齢別ではいくら?
  • 国家公務員のボーナスは地方公務員や民間企業と比べて高い?低い?

こうした点を知りたい方はぜひご覧ください。

 

なお、金額は人事院の最新の統計資料と2018年8月に行われた人事院勧告のボーナス改定をベースにして推計しています。

【2019】国家公務員の夏のボーナス支給日 

まず、ボーナス支給日は以下の通りです。

 

国家公務員の2019年夏のボーナス支給日:6月28日(金)

 

支給日は法律で決まっていますのでこの日で確定です。(本来の支給日である6月30日が日曜のため若干早い支給となります。)

 

【2019】国家公務員の夏のボーナスはどれくらい増えるのか? 

2018年夏に比べて4万円程度増える見込み

2018年8月に人事院勧告が行われ、国家公務員のボーナスが増額改定されました。(年間支給月数が4.4月から4.45月へと0.05月分増)

 

具体的に言うと、2018年夏は2.125月分の支給だったものが、2019年夏は2.225月分の支給になります。

 

金額で言えば概ね4万円程度の増額です。

 

【2019】国家公務員の夏のボーナス支給額

以下、国家公務員の夏のボーナスについて、国家公務員(全体)と国家公務員(行政職)に分けて、それぞれ支給額を算出しました。

国家公務員全体の2019年夏のボーナス額

まず、国家公務員全体(=行政職、医療職、公安職、税務職等全ての職種の平均)のボーナス額です。

 

国家公務員全体の夏のボーナス平均支給額:850,664円(平均年齢43.1歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当42,546円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

※人事院「平成30年国家公務員給与等実態調査」を活用して算出。以下同じ。

 

◆年齢別支給額

22~24歳 540,691円
25~26歳 584,443円
27~28歳 625,287円
29~31歳 677,306円
32~36歳 762,948円
37~41歳 855,691円
42~46歳 945,471円
47~51歳 1,010,317円
52~56歳 1,072,147円
57歳以上 1,082,391円

※大卒の年齢別俸給表を活用して算出。

 

国家公務員(行政職)の2019年夏のボーナス額

次に、国家公務員のうち行政職(=行政職俸給表(一)適用者)のボーナス額です。

 

国家公務員(行政職)の夏のボーナス平均支給額:831,175円(平均年齢43.5歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当43,062円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

 

◆年齢別支給額

22~24歳 524,967円
25~26歳 566,227円
27~28歳 606,126円
29~31歳 659,219円
32~36歳 749,048円
37~41歳 838,135円
42~46歳 925,789円
47~51歳 985,646円
52~56歳 1,001,651円
57歳以上 1,005,940円

※大卒の年齢別俸給表を活用して算出。

 

国家公務員全体のボーナス額が行政職のボーナス額より2万円程度高い=税務職の影響強い

以上の通り、国家公務員全体と国家公務員行政職のボーナス額を比較すると、国家公務員全体のほうが2万円程度高いです。

 

これは、国家公務員25万人のうち行政職が14万人と最も多いのですが、次に人数が多いのが税務職の5万人であり、行政職に比べ8.5万円ほど高いボーナス額(=平均916,331円)となっています。

全体が若干高いのはこの影響が強いです。

国家公務員のボーナスは地方公務員や民間企業のボーナスと比べて高い?低い?

国家公務員の夏のボーナス額を、地方公務員や民間企業と比較してみます。

  • 国家公務員(全体)平均:850,664円(平均年齢43.1歳)
  • 国家公務員(行政職俸給表(一)適用者)平均:831,175円(平均年齢43.5歳)
  • 地方公務員(一般行政職)平均:753,320円(平均年齢42.3歳)
    ※総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」を活用して算出。
  • 民間大手優良企業(東証一部、500人以上):953,905円(2018夏)、987,000円?(2019夏)
    ※2018夏は経団連発表の賞与・一時金妥結結果より。2019夏については、2018冬から2019冬へのボーナスUP率3.49%を用いて推計。
  • 民間全産業計(企業規模1000人以上):654,800円(平均年齢41.7歳)
  • 民間全産業計(企業規模100~999人):402,600円(平均年齢42.3歳)
  • 民間全産業計(企業規模10~99人):259,500円(平均年齢43.9歳)
    ※厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」を活用して推計。

大手優良企業に比べると劣るものの、地方公務員に比べて高く、また、多くの民間企業に比べかなり恵まれていると言えるでしょう。

 

まとめ(国家公務員2019夏のボーナスは、2018夏に比べ4万円増の約83〜85万円)

  • 2019夏のボーナス支給日は6月28日(金)
  • 2018夏のボーナスに比べて4万円程度増額
  • 国家公務員全体の2019年夏のボーナス支給予想額は850,664円(平均年齢43.1歳)
  • うち行政職国家公務員の2019年夏のボーナス支給予想額は831,175円(平均年齢43.5歳)

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です