歯科衛生士の給料は安いのか?年収約260万で民間女性平均より120万円も低い。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、歯科衛生士の給料や年収がテーマです。

 

厚労省の最新の統計資料(医療経済実態調査・賃金構造基本統計調査)を元にして、

  • 歯科衛生士の給料・ボーナス・年収
  • 歯科衛生士の手取り月収
  • 歯科衛生士の年齢別年収
  • 歯科衛生士の年収と民間企業(全産業平均)の年収比較

といった点をまとめました。

Sponsered Link

歯科衛生士の給料・ボーナス・年収

歯科衛生士の平均年収は260万もしくは320万

形態 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収
個人 2,320,359円 295,135円 2,615,494円
医療法人 2,840,439円 342,133円 3,182,571円

厚労省:平成29年医療経済実態調査より

 

個人事業主の歯科診療所と医療法人の歯科診療所でかなり大きな年収差があることが分かります。

 

一方、厚労省のデータによると、歯科医のうち医療法人化しているのは2割に満たないです。

よって、8割程度の方が個人事業主の歯科医に勤務しており、歯科衛生士の大半の方の平均年収は260万円程度と言っていいと思います。

 

なお、以下で改めて記載しますが、高い額である医療法人の年収ですら、民間企業全体の平均年収と比べれば決して高くないということになります。

 

歯科衛生士の手取り月収

歯科衛生士の平均手取り月収は16万もしくは20万

形態 月収(手当含) 手取り月収
個人 193,363円 約162,000円
医療法人 236,703円 約198,000円

 

月収は単純に厚労省統計の給料年額を12で割ったものです。

 

手取りはざっくりと算出していますが、平均で20万を切ってくる形です。

 

ボーナスを含めた手取り年収については、

  • 個人事業主の歯医者さんに勤務する場合は約220万
  • 医療法人の歯医者さんに勤務する場合は約265万

といった数字になります。

Sponsered Link

歯科衛生士の年齢別年収について

歯科衛生士の年齢別年収は以下の通りです。

 

見る際に注意していただきたいのは、規模10人以上の民間事業所を対象としている統計だということです。

よって、個人の歯科診療所の平均年収260万円と比べて全体的に高い数字になっています。

 

逆に言えば、従業員10人以上の歯医者さんであれば、平均で以下のような年収が貰えるということになってきます。

 

歯科衛生士(女性、企業規模10人以上)の年齢別年収

20~24歳 2,966,600円
25~29歳 3,360,900円
30~34歳 3,354,500円
35~39歳 3,357,300円
40~44歳 3,791,900円
45~49歳 3,544,700円
50~54歳 4,021,700円
55~59歳 3,744,800円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より

 

年功序列的な形ではなく、どの年齢層でも似たような年収であるということが分かります。

 

歯科衛生士の年収を民間企業(全産業)の年収と比較

歯科衛生士の年収は、民間企業の平均年収と比べてどうなのかという観点から比較をしてみます。

 

以下が民間企業(全産業)の平均年収です。

  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(男女計・学歴計) 491万1500円
  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(男・学歴計) 551万7400円
  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(女・学歴計) 377万8200円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より算出

 

既に算出した通り、歯科衛生士の年収は260万(個人事業主の歯科診療所)もしくは320万円(医療法人の歯科診療所)です。

 

歯科衛生士はほぼ女性ですので、女性の民間平均年収377万と比較した場合は大幅に低いということが言えますね。

(民間全体の女性平均年齢は41歳であり、歯科衛生士は35歳程度と若いため、その点には留意する必要があります)

 

どちらにしても高収入の職種とは言えないのかなと思います。

 

まとめ

  • 歯科衛生士の年収について
    • 個人事業主の歯科診療所勤務の場合は約260万円
    • 医療法人の歯科診療所勤務の場合は約320万円
  • 歯科衛生士の手取り収入について
    • 個人事業主の歯科診療所勤務の手取り月収は約16万円
    • 同じく手取り年収は約220万円
    • 医療法人の歯科診療所勤務の手取り月収は約20万円
    • 同じく手取り年収は約265万円
  • 8割以上の方は個人事業主の歯科診療所勤務

以上、歯科衛生士のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

歯科衛生士になるには国家試験に突破する必要がありますが、その割には正直全く恵まれているとは言えない収入であるという印象ですね。

 

もちろん歯科医によっては高い報酬を得られるところもあると思いますので、その点はしっかり考慮して勤務先の選択をしたいところですね。

 

余談ですが、患者さん(女性)に協力してもらって、歯石除去の様子をyoutubeにアップすれば相当アクセス集まってそっちで食っていけるような気がします(笑)

あとは目の前で歯石を除去してもらっているような気分になる3D動画とか。

 

年収が低めであるというのはどうにもならなそうなので、そういったアイデア次第で面白いことができるんじゃないのかなというのが個人的な印象ですね。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>こちらの記事もオススメです。

歯科技工士の給料は安い?年収は歯科技工所が約400万、歯科診療所が約300万。

2018.09.27

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です