公務員試験の面接対策!市役所に通う妻にヒアリングしました!

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、某中核市に通っている妻にヒアリングをした上で、市役所(町村含む)における面接対策をテーマにした記事を書いていきます。

 

多くの市役所(町村含む)は、県や一部の市役所と違って専門試験が無い分、自然と人物重視になっていく傾向が高いです。

実際、僕が受けた県庁では、討論を含めて計2回しか面接がありませんでしたが、妻の市では4回(討論含む)の面接が実施されています。

 

このように、3回以上の面接がある市も結構あります。

 

そんな人物重視の市役所試験を突破した妻が一体どのような秘技を使ったのか!?

ぜひご覧ください。

Sponsered Link

面接合格のポイント

【結論】民間を受けて場慣れせよ

秘技は何か?とあおっておいて何ですが、対策は至ってシンプル。

 

民間を受けて場慣れをしたことに尽きるとのことでした。

 

妻は、民間を3ヶ所(地銀2社、都内1社)受け、地銀については最終合格をしているため、面接の回数はかなりの数をこなすことが出来ています。

 

妻いわく、模擬面接みたいなのと本番は経験値が違うとのことです。

(僕は、県以外にどこも受けてないので返す言葉無(笑))

 

面接は、数をこなして場に慣れているかどうかが圧倒的に重要す。

関連記事公務員試験の面接対策!100冊の本より1回の模擬面接を受けて練習せよ。

 

面接が重視されている市役所においては、出来るだけ本番に近い経験を積むためにも、民間を受けておくという選択肢を取ることは非常に効果的であると言えるでしょう。

 

特別な対策はしていない

妻が市役所を受ける際、「公務員試験だから」と敢えて異なる対策はしなかったようです。

 

民間を受ける際に使った面接本の知識や、民間での面接経験をベースにしながら、市における志望動機や自己分析を練り上げたとのことです。

(そもそも、妻にとって公務員が大本命というわけではなく、民間も同列に考えていたということがあり、あえて特別な対策を取らなかったというのが実際のところのようですが)

 

ただ、僕も公務員と民間を切り分けて対策をするという意識はありませんでした。

→僕の場合、予備校に通って模擬面接を受ける対策をしていましたので、自然と公務員用の対策になっていたところはあると思いますが、それ以外で言えば、民間に合格した友人に面接の練習をしてもらっていましたし、読んでいた面接本は民間対策用でした。

 

結局、人を見ることが面接の本質なので、民間だから、公務員だからというのはあまり意識しないほうがいい(むしろ視野が狭くなる)というのが僕の意見です。

Sponsered Link

市役所試験の流れ(全体像)および筆記試験・討論試験について

試験全体の流れ

妻が合格した市役所の1次試験からの流れは以下の通りです。

 

1次試験(面接(対3〜4人)、筆記)

→2次試験(面接(対1人)、小論文)

→3次試験(集団討論(受験生数名))

→4次試験(面接(対1人))

 

県は1次さえ受かれば、最終面接まで受ける権利を得られるところが多いですが、

妻の市役所の場合、1次で不合格なら次を受けれないのはもちろん、2次で不合格なら3次はダメ、3次が不合格なら4次はダメというように、民間と同様のシステムだったようです。

(もちろん、これは市町村によって異なります)

 

ちなみに、面接者のランクも試験が進むに連れてどんどん上がっていったとのことです。

1次はおそらく人事課の担当者、2次は課長級、4次は部長級ではないかとのことでした。

 

筆記試験について

妻の市では、1次の段階から筆記に加えて面接があったので、正直筆記の点数はさほど重視されていないんじゃないかなとのことでした。

(つまり、筆記でかなりの点数が取れたとしても1次で落とされる可能性あり)

 

なお、妻の筆記の感触は、凄くできたわけでもないが、全然できなかったわけでもないとのこと(笑)

対策としては、通常の民間のSPI対策をやったのみで、それ以上の対応はしなかったとのことでした

 

うーん、県庁に受かるために凄く勉強を頑張った自分が虚しくなるほどの差です。

 

集団討論試験について

集団討論のテーマが事前に示されるということはなく、試験会場で当日に伝えられたとのことです。(テーマは「赤ちゃんポスト設置の是非」)

(ちなみに、僕が受けた県は1次合格時点でテーマが示されたためじっくりと対策が打てましたが、むしろ当日伝えられるほうが普通のようです)

 

なお、事前に模擬集団討論を行うといった対策はしておらず、直近の時事ネタ(新聞やニュース)をよく見て情報収集をするといった程度の対策だったようです。

 

さて、妻が討論時、具体的にどういったことを話したかですが、

ある程度皆の意見が出てから、メリットとデメリットを整理する形で述べた後、私はこうですと意見を言ったとのことです。

 

慎重派の妻らしいですが(笑)、実際この方策はかなり有効だと思います。

 

議論が始まると、まずは細かい各論みたいな話ばかりが出がちです。

だからこそ、後にうまーくまとめて本質をズバッと言うと、非常に賢く見られる効果があります(笑)

 

ただ、本質を見抜けないで、そこでさらに各論みたいなことを言い出してしまうと、ここまで溜めたのにそれかい、みたいな感じで捉えられてしまいます。

むしろそれなら先陣切って、積極性をプラスに捉えてもらったほうがマシです。

 

集団討論に臨むに当たっては、よく自分の気質を分析した上で戦略を立てておくべきですね。

 

まとめ

正直な話、僕の公務員試験に対する意気込み・各種対策と妻の対策との間にはかなり大きな差がありました(笑)

もちろん、地方上級と教養試験のみの市役所では勉強時間が圧倒的に異なってきてしまうので、そういう差が出るのも自然な部分はあります。

 

まとめると、

「民間を受けて場慣れをしておく」

「自己分析や志望動機など、面接本や民間での面接経験などをベースにして練り上げておく」

といったごくシンプルな対策をしていれば、「面接重視」と言われている市役所であっても合格できるということです。

 

また、このようにシンプルな対策でも試験を突破出来るからこそ、ここにスパイスを加えることで、他の受験生にかなりの差をつけることが出来るということですね。

 

というわけで、そのスパイスについては記事下のリンク記事をご参照ください!

(うまくまとめたつもりです(笑))

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>他の受験生に面接で差をつけたい方は、ぜひ以下の記事をご覧ください!

公務員試験の面接対策!大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です