公務員のボーナス

【2019夏】公務員保育士のボーナス額を年齢別に算出!昨年比3.5万円UP!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「公務員保育士(=公立保育所勤務)の2019年夏のボーナス」がテーマです。

  • 公務員保育士の2019夏のボーナス支給日はいつ?
  • 公務員保育士の2019夏のボーナスは2018夏に比べてどれくらい増える?
  • 公務員保育士の2019夏のボーナスの平均支給額はいくら?年齢別ではいくら?
  • 公務員保育士と私立の保育士を比べるとどっちが高い?

こうした点を知りたい方はぜひご覧ください。(私立保育所に勤務する保育士の額も年齢別に算出しています

 

なお、金額は総務省の最新の統計資料と2018年8月に行われた人事院勧告のボーナス改定をベースにして推計しています。




【2019】公務員保育士の夏のボーナス支給日 

まず、ボーナス支給日は以下の通りです。

 

公務員保育士の2019年夏のボーナス支給日:6月28日(金)

 

本来の支給日である6月30日が日曜のため若干早い支給となります。

 

厳密に言うと、地方公務員は条例で自由に決められるため(国家公務員はこの日付で確定)、自治体によって若干ズレがある可能性があります。

ただ、ほとんどのところはこの日に支給されます。

 

【2019】公務員保育士の夏のボーナスはどれくらい増えるのか? 

2018年夏に比べて3.5万円程度増える見込み

2018年8月に人事院勧告が行われ、国家公務員のボーナスが増額改定されました。(年間支給月数が4.4月から4.45月へと0.05月分増)

ほとんどの地方もこれに追随しています。

 

具体的に言うと、2018年夏は2.125月分の支給だったものが、2019年夏は2.225月分の支給になります。

 

金額で言えば概ね3.5万円程度の増額です。

 

【2019】公務員保育士の夏のボーナス支給額

公務員保育士(公立保育所等に勤務)の2019年夏のボーナス額

公務員保育士(男女)の夏のボーナス平均支給額:710,000円(平均年齢39.7歳)

計算内訳

(平均給料+地域手当21,999円(平均)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.225月

※扶養者がいる場合は平均で2万円程度高くなる

※総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」を活用して算出。以下年齢別も同じ。

 

◆年齢別支給額

18〜19歳 354,552円
20〜23歳 411,188円
24〜27歳 458,781円
28〜31歳 513,319円
32〜35歳 578,189円
36〜39歳 655,399円
40〜43歳 733,348円
44〜47歳 788,575円
48〜51歳 828,414円
52〜55歳 859,767円
56〜59歳 885,085円




【2019】民間保育士の夏のボーナス支給額

民間保育士(私立保育所等に勤務)の2019年夏のボーナス額

民間保育士(男性)の夏のボーナス平均支給額:361,700円(平均年齢32.4歳)

 

民間保育士(女性)の夏のボーナス平均支給額:329,200円(平均年齢36.1歳)

データ元

  • 厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」を活用して推計。以下年齢別も同じ。
  • 従業員10人以上の保育所や民間企業に勤務する保育士の平均額を記載。
  • 同統計のデータは2016年のボーナス支給額の数字に基づいているため、最近のボーナスUP傾向を踏まえると実際にはもう少し上振れしているものと想定。(とは言ってもせいぜい数万円程度と思われる)

 

◆年齢別支給額(男性保育士

20~24歳 158,200円
25~29歳 263,800円
30~34歳 424,500円
35~39歳 452,200円
40~44歳 454,900円
45~49歳 594,000円
50~54歳 742,700円
55~59歳 424,200円

 

◆年齢別支給額(女性保育士)

20~24歳 230,800円
25~29歳 320,300円
30~34歳 340,200円
35~39歳 326,600円
40~44歳 363,200円
45~49歳 374,200円
50~54歳 412,200円
55~59歳 421,600円

 

公務員と民間の差は大きい

以上の通り、公務員保育士と民間保育士の金額差は正直かなり大きいです。

 

以下の記事にある通り、決して民間保育士の給料の額が他業種と比べて安いというわけでもありません。

 

純粋に公務員保育士がかなり恵まれているということが言えるでしょう。

 

まとめ

  • 公務員保育士の2019夏のボーナス支給日は6月28日(金)
  • 公務員保育士の2019夏のボーナスは、2018夏のボーナスに比べ3.5万円程度増額
  • 公務員保育士(男女)の支給予想額は710,000円(平均年齢39.7歳)
  • 民間保育士(男性)の支給予想額は361,700円(平均年齢32.4歳)
  • 民間保育士(女性)の支給予想額は329,200円(平均年齢36.1歳)

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい

↓公務員保育士になりたい方はこちらがオススメ(県庁2位入庁の元公務員による試験対策や予備校比較)

 

↓公務員保育士になりたくて、かつ現在社会人の方ならこっち

 

↓もうちょっとお小遣い稼ぎしたい保育士さんへオススメ(僕が公務員をやめてお金なくて困ってた時に学んだ方法。超簡単なのでやらないともったいないです)

潰しがきかないはずの元公務員が、PC一つで月50万以上稼ぎ、自由を満喫している秘密を無料メルマガで配信中

僕は元公務員ですが、前例踏襲的な仕事が嫌すぎて退職し、現在はPCのみを使った週1〜2回の活動で、安定して月50万円以上を稼げるようになりました。

月収100万を超える月もありますし、このブログは1500万円での買収依頼があったりもしました。

なお、ブログ運営では月間90万PVを記録したりして、そのスキルに基づいてライティングのコンサルタントなどもおこなっています。

 

ビジネス経験なんてまるでゼロ、それこそ潰しのきかないはずの典型的な公務員人生を歩んでいたのですが、そんな僕でも安定月収50万円を稼ぎ、毎日自由に時間を使える充実した生活を送っています。

 

稼ぐために才能なんていりません。

ただやり方を知ってるかどうか、そして行動できるかどうかだけの世界です。(会社勤めをする公務員やサラリーマンよりずっと楽です笑)

きちんとした知識さえ学べれば誰でも稼げるようになります。

 

以下では、僕が公務員を辞めた理由と成果を出すまでの過程、ネットビジネス(ブログ及び動画)で稼ぐためのノウハウや考え方などを、全て無料で公開しています。

潰しのきかない公務員シュンが、退職してたった10ヶ月で公務員時代の収入を超えた方法