【公務員保育士の給料】年収・ボーナス・私立との比較など全てまとめました。

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、公務員保育士(=公立保育所に勤めている保育士さん)のお給料がテーマです。

 

総務省の「地方公務員給与実態調査」を元に、

  • 平均給料月額
  • 平均給与月額(=月収)
  • 平均ボーナス
  • 平均年収
  • 退職金
  • 生涯年収

を全てまとめました。

 

それぞれ年齢別にも算出してありますので、以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしました!

また、私立保育所に勤務する保育士の数値もあわせて掲載しています。(公務員保育士とは凄く格差があります・・・)

データ参照元

総務省の平成28年地方公務員給与実態調査の中の「福祉職」の数値を用いています。

年齢別については厳密な統計がありませんので、「一般行政職」の年齢別の統計をベースに独自計算して算出しました。

 

地方公務員保育士の平均給料月額

平均給料月額

292,821円(平均年齢40.1歳)

 

ここに各種手当が加わったものが給与(月収)ですので、正直あんまり意味のない数字です。

 

年齢別の平均給料月額(推計)

給料を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 136,830円
20〜23歳 162,371円
24〜27歳 184,076円
28〜31歳 208,802円
32〜35歳 239,712円
36〜39歳 274,912円
40〜43歳 310,729円
44〜47歳 336,248円
48〜51歳 354,479円
52〜55歳 368,936円
56〜59歳 380,468円

 

地方公務員保育士の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

347,741円(平均年齢40.1歳)

(参考)私立保育所:222,900円(平均年齢35.8歳)(厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より。以下同じ)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

(なお、手取りはざっくり80%くらいと考えておけばOKです)

 

先ほどの給料との差額54,920円が手当額ということになります。

 

手当のうち額の多いのは、

  • 地域手当 22,155円
  • 時間外勤務手当(残業代) 14,403円
  • 通勤手当 6,559円

といったところです。

 

年齢別の平均給与月額(推計)

給与を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 153,620円
20〜23歳 190,610円
24〜27歳 224,401円
28〜31歳 256,409円
32〜35歳 292,255円
36〜39歳 330,525円
40〜43歳 368,341円
44〜47歳 397,072円
48〜51歳 417,198円
52〜55歳 430,760円
56〜59歳 441,882円

 

地方公務員保育士の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,386,295円(平均年齢40.1歳)

(参考)私立保育所:662,500円(平均年齢35.8歳)

 

年齢別の平均ボーナス年額(推計)

ボーナスを年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 683,806円
20〜23歳 793,636円
24〜27歳 886,967円
28〜31歳 993,288円
32〜35歳 1,126,202円
36〜39歳 1,277,559円
40〜43歳 1,431,575円
44〜47歳 1,541,305円
48〜51歳 1,619,698円
52〜55歳 1,681,865円
56〜59歳 1,731,452円

※(給料+地域手当(平均額22,155円))×4.3月(平成28年の支給基準)で算出

※扶養手当は0とみなしたため、扶養手当がある場合はプラス数万円になる

地方公務員保育士の平均年収

平均年収額

5,559,187円(平均年齢40.1歳)

(参考)私立保育所:3,337,300円(平均年齢35.8歳)

 

年齢別の平均年収額(推計)

年収を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 2,527,250円
20〜23歳 3,080,952円
24〜27歳 3,579,778円
28〜31歳 4,070,200円
32〜35歳 4,633,265円
36〜39歳 5,243,861円
40〜43歳 5,851,664円
44〜47歳 6,306,172円
48〜51歳 6,626,069円
52〜55歳 6,850,989円
56〜59歳 7,034,038円

※平均給与×12+ボーナス額で算出

 

私立保育所は35歳で330万くらいですから、同じ年齢で100万以上開きがあるということになりますね。

 

ちなみに、この年齢別の年収はあくまで推計ということになりますが、東京都練馬区が公表している平成29年度練馬区人事行政の運営等の状況の公表によれば、練馬区立保育士の平均年収は678万円(44歳)ということなので、そんなにズレてはいないと考えます。

 

地方公務員保育士の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

22,253,000円

※福祉職の集計が無かったため、一般職員の区分を採用

 

地方公務員保育士の生涯年収

生涯年収額(大卒)

229,199,055円

(給与収入206,946,055円、退職金22,253,000円)

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出。

 

参考 私立保育所の生涯年収(60歳まで、退職金含む)

153,661,000円(大卒・女性

(給与収入134,861,000円、退職金18,800,000円)

186,029,000円(大卒・男性

(給与収入167,229,000円、退職金18,800,000円)

データ元

  • 給与収入は、厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」に基づき推計(企業規模10人以上)
  • 退職金は、労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2017」より

 

つまり、女性の場合だと公立と私立で約7600万円、男性でも4300万円の差が出てくるということになります。

正直これはなかなか強烈な差ですよね。

シュン
この理由は、後半の給与の伸びの差が非常に大きいです。

私立の場合、年齢を経ても伸び幅がさほど大きくないため、最終的にこのような大きな差になってきます。

 

収入の安定した公務員保育士を狙うなら

公務員保育士は採用数も少なく狭き門ではありますが、上記生涯年収の差を考えれば頑張って狙うに値すると考えます。

 

公務員保育士の場合、実技・面接中心の私立に比べ筆記試験の難易度がかなり高いため、十分な筆記対策が必要です。

 

以下では、予備校に通ったことで県庁に2位で合格した僕自身の目線も踏まえ、公務員予備校の保育士コースを比較していますので参考にしてください。

公務員保育士の試験対策はクレアールがおすすめ。元公務員が予備校を比較しました。

2019年1月16日

 

おわりに

以上、公務員保育士のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

とにかく、公立と私立の格差が非常に大きいです。

 

私立保育所では人手不足が叫ばれる一方、民営化が進む公立保育所は採用数も少なく、倍率も高止まり傾向です(10~20倍の倍率のところもザラです)。

ただ、この給料の差を見ると公立の人気の高さもうなずけます。

 

国も色々と保育士確保策に力を入れていますが、私立の給料が一気に上がって行くということは考えづらいのが現実です。

給与面の安定性などを考えると、勉強を頑張って公立を狙うという選択肢はアリだと思います。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>民間の保育士に関して、企業規模別に給料を分析したこちらの記事もオススメです。

保育士の給料は安い?年収は約340万円で女性平均年収と比べそこまで変わらない。

2018年12月13日