【東京消防庁の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、消防士の中でも「東京消防庁」のお給料がテーマです。

 

2018年4月現在の最新データを元に、消防士の

  • 平均給料月額
  • 平均給与月額
  • 平均ボーナス
  • 平均年収
  • 退職金
  • 生涯年収

を全てまとめました。

 

それぞれ年齢別にも算出してありますので、以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしてあります!

Sponsered Link

データ参照元

総務省の平成28年地方公務員給与実態調査の数値を用いています。

→2018年4月現在最新のデータです。

年齢別の部分については厳密な統計がありませんでしたので、「一般行政職」の年齢別の統計をベースに独自に計算して算出しました。

 

東京消防庁消防士の平均給料月額

平均給料月額

307,600円(平均年齢37.9歳)

 

ここに各種手当が加わったものが給与(月収)ですので、正直あんまり意味のない数字です。

 

年齢別の平均給料月額(推計)

給料を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 183,220円
20〜23歳 213,525円
24〜27歳 223,443円
28〜31歳 241,968円
32〜35歳 263,771円
36〜39歳 302,503円
40〜43歳 341,916円
44〜47歳 369,996円
48〜51歳 390,057円
52〜55歳 405,965円
56〜59歳 418,654円

 

東京消防庁消防士の平均給与月額(=月収)

 

平均給与月額

475,044円(平均年齢37.9歳)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

(なお、手取りはざっくり80%くらいと考えておけばOKです)

 

この給与額については、消防士の全国平均と比べれば7万5000円程度高いです。

 

なお、先ほど示した給料との差額167,444円が手当額ということになります。

 

手当のうち額の多いのは、

  • 地域手当 64,200円
  • 時間外勤務手当(残業代) 37,184円
  • 夜勤手当・休日勤務手当計 29,148円

です。

 

消防士の全国平均と比べてみると、地域手当が4万円以上、時間外手当が1万円以上、夜勤・休日手当が1万円以上高い金額になっています。

地域手当=物価調整手当のため、消防士にかかわらずどの職種でも東京が圧倒的に多いのですが、時間外と夜勤・休日手当が多いというのは、一般的な消防士に比べれば仕事がハードだということが読み取れるのかなと思います。

 

年齢別の平均給与月額(推計)

給与を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 234,413円
20〜23歳 299,620円
24〜27歳 346,387円
28〜31歳 387,117円
32〜35歳 423,968円
36〜39歳 472,062円
40〜43歳 517,566円
44〜47歳 555,441円
48〜51歳 581,278円
52〜55歳 594,458円
56〜59歳 605,898円

 

東京消防庁消防士の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,668,500円(平均年齢37.9歳)

 

全国平均の消防士に比べると約20万円高いです。

→ボーナスは(給料+地域手当+扶養手当)×支給月数で計算されます。東京消防庁は地域手当が非常に高いため、必然的にボーナス額も高くなります。

 

年齢別の平均ボーナス年額(推計)

ボーナスを年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 1,088,649円
20〜23歳 1,221,992円
24〜27歳 1,265,627円
28〜31歳 1,347,141円
32〜35歳 1,443,074円
36〜39歳 1,613,495円
40〜43歳 1,786,910円
44〜47歳 1,910,462円
48〜51歳 1,998,729円
52〜55歳 2,068,726円
56〜59歳 2,124,558円

※(給料+地域手当(平均額64,200円))×4.4月(平成28年の支給基準)で算出

※扶養手当は0とみなしたため、扶養手当がある場合はプラス数万円になる

Sponsered Link

東京消防庁消防士の平均年収

 

平均年収額

7,369,028円(平均年齢37.9歳)

 

全国平均の消防士に比べて約110万円高いです。

 

年齢別の平均年収額(推計)

年収を年齢別に推計してみると以下の通りです。

18〜19歳 3,901,602円
20〜23歳 4,817,435円
24〜27歳 5,422,275円
28〜31歳 5,992,541円
32〜35歳 6,530,686円
36〜39歳 7,278,235円
40〜43歳 7,997,700円
44〜47歳 8,575,750円
48〜51歳 8,974,059円
52〜55歳 9,202,227円
56〜59歳 9,395,330円

※平均給与×12+ボーナス額で算出

 

東京消防庁消防士の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

22,253,000円

※「消防士」の額は不明だったため、「一般職員(→消防士はこれに含まれる)」の区分を採用

 

東京消防庁消防士の生涯収入

生涯収入額(大卒)

309,363,084円

(給与収入287,110,084円、退職金22,253,000円)

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出。

 

参考1 消防士(全国平均)の生涯収入

260,849,288円

関連記事【消防士の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

 

参考2 一般行政職地方公務員の生涯収入

258,708,692円

関連記事【地方公務員の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

 

参考3 民間の生涯収入(60歳まで、退職金含む)

288,000,000円(大卒・院卒)

221,500,000円(高卒)

出典(労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』)

 

おわりに

以上、東京消防庁のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

全国の消防士の中では群を抜いて給与条件は高いです。

推計ですが、生涯収入も全国平均に比べて5000万近い差がついてきます。

 

もちろん、管轄も広いですし、都内は色々ありそうですからかなり大変そうですが・・・。

→上でも触れましたが、残業代や休日給も全国平均に比べて多いです。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>消防士の記事まとめ(消防士全体の給料データ、試験科目・内容、離職率など)はこちらです

消防士まとめ!給料・年収、採用試験の日程・内容、離職率などをまとめています。

2018.08.07

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です