【教師(小中学校)の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、教師(小・中学校の先生)のお給料がテーマです。

 

2018年4月現在の最新データを元に、教師(小・中学校の先生)の

  • 平均給料月額
  • 平均給与月額
  • 平均ボーナス
  • 平均年収
  • 退職金
  • 生涯年収

を全てまとめました。

 

それぞれ年齢別にも算出してありますので、以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしてあります!

Sponsered Link

データ参照元

総務省の平成28年地方公務員給与実態調査の数値を用いています。

→2018年4月現在最新のデータです。

年齢別の部分については厳密な統計がありませんでしたので、「一般行政職」の年齢別の統計をベースに独自に計算して算出しました。

 

教師(小・中学校)の平均給料月額

平均給料月額

362,806円(平均年齢43.1歳)

 

教師の場合、この給料の額が他職種(行政や警察など)に比べて高いです。

毎月の給与(月収)はここに各種手当が加わったものなので、正直短期目線ではあんまり意味のない数字なのですが、長期目線で見れば、給料の額はボーナスおよび退職金の算出に直結してきます

 

つまり、教師は他職種に比べてボーナスや退職金の額が高いです。(具体的な額は後述)

 

年齢別の平均給料月額(推計)

給料を年齢別に推計してみると以下の通りです。

22〜23歳 217,932円
24〜26歳 239,614円
27〜31歳 279,771円
32〜36歳 331,579円
37〜41歳 374,819円
42〜46歳 403,683円
47〜51歳 421,011円
52〜56歳 433,117円
57〜59歳 441,040円

 

教師(小・中学校)の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

419,508円(平均年齢43.1歳)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

(なお、手取りはざっくり80%くらいと考えておけばOKです)

 

先ほどの給料との差額56,702円が手当額ということになります。

 

手当のうち額の多いのは、

  • 地域手当 20,823円
  • 通勤手当 7,074円
  • 扶養手当 6,565円

です。

 

そして、あえて書きますが、

  • 時間外勤務手当(残業代) 198円

です。

 

部活の休日対応の忙しさや、家でテストの採点に追われるといった話はよく聞きますが、残業代としては全くつかないということですね。

 

残業代ではなく、給料自体を高くすることで、そこを補う形を取っているということになります。

給料の額はボーナスや退職金算出に影響するため、月収40万(給料32万、手当8万)よりも、月収40万(給料37万、手当3万)のほうが条件としては有利ということにはなります。

 

ただ、いくら有利と言っても残業がどれだけあるかにもよりますよね・・・。

いくら残業してもそれが数字に出てこないというのは、モチベーション的にどうなのかなという感じはします。

(とはいえ、じゃあ一般行政職が青天井で残業代がつくかと言われれば、結局は一定額で頭打ちされ、多くのサービス残業をしているのが実態なので、なんとも言えないところですが)

 

年齢別の平均給与月額(推計)

給与を年齢別に推計してみると以下の通りです。

22〜23歳 247,087円
24〜26歳 281,247円
27〜31歳 328,923円
32〜36歳 385,827円
37〜41歳 432,237円
42〜46歳 466,481円
47〜51歳 485,765円
52〜56歳 496,947円
57〜59歳 504,447円
Sponsered Link

教師(小・中学校)の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,717,327円(平均年齢43.1歳)

 

一般行政職に比べると、15万円ほど高いです。

一般行政職と教師の平均給与(月収)はほとんど同じ(一般行政職給料32万・手当8.5万、教師給料36万・手当5.5万)なのですが、先に述べたとおり、給料が高いとボーナスも高くなるため、給料が高い教師のほうがより多くボーナスを貰っているということになります。

 

年齢別の平均ボーナス年額(推計)

ボーナスを年齢別に推計してみると以下の通りです。

22〜23歳 1,026,647円
24〜26歳 1,119,879円
27〜31歳 1,292,554円
32〜36歳 1,515,329円
37〜41歳 1,701,261円
42〜46歳 1,825,376円
47〜51歳 1,899,886円
52〜56歳 1,951,942円
57〜59歳 1,986,011円

※(給料+地域手当(平均額20,823円))×4.3月(平成28年の支給基準)で算出

※扶養手当は0とみなしたため、扶養手当がある場合はプラス数万円になる

 

教師(小・中学校)の平均年収

平均年収額

6,751,423円(平均年齢43.1歳)

 

一般行政職が約645万円なので、それより30万ほど高い額です。

ボーナスの影響が大きいです。

 

年齢別の平均年収額(推計)

年収を年齢別に推計してみると以下の通りです。

22〜23歳 3,991,685円
24〜26歳 4,494,844円
27〜31歳 5,239,630円
32〜36歳 6,145,249円
37〜41歳 6,888,104円
42〜46歳 7,423,143円
47〜51歳 7,729,062円
52〜56歳 7,915,307円
57〜59歳 8,039,372円

※平均給与×12+ボーナス額で算出

Sponsered Link

教師(小・中学校)の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

23,556,000円

 

一般行政職の平均が2290万くらいなので、そこより65万ほど高いです。

これもボーナスと同様、退職金算出のベースとなる「給料」が高いことが影響しています。

 

教師(小・中学校)の生涯収入

生涯収入額(大卒)

275,844,489円

(給与収入252,288,489円、退職金23,556,000円)

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出。

 

参考1 一般行政職地方公務員の生涯収入

258,708,692円

関連記事【地方公務員の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

 

参考2 民間の生涯収入(60歳まで、退職金含む)

288,000,000円(大卒・院卒)

221,500,000円(高卒)

出典(労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』)

 

おわりに

以上、教師(小・中学校先生)のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

特徴的なのは、最初にも書いたとおり「給料」が他業種に比べて高いということと、その一方で「残業手当」がほぼ0だということですね。

 

給料が計算に直結するボーナスと退職金は高いのですが、個人的には残業をいくらやっても金額として反映されないというのはなんとも微妙な感じがします。

だから適当にやるというわけにもいかないでしょうが・・・。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>教師の過去5年の年収推移を見たい方は以下の記事をご覧ください。

地方公務員の年収平均はいくら?主な4職種の過去5年平均年収を算出

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です