【教師(小中学校)の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯年収を全てまとめました。

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、教師(小・中学校の先生)のお給料がテーマです。

 

以下では、総務省の最新の統計を元に、教師(公立小・中学校の先生)の

  • 給料月額(平均額及び年齢別金額)
  • 給与月額(平均額及び年齢別金額)
  • ボーナス(平均額及び年齢別金額)
  • 平均年収(平均額及び年齢別金額)
  • 退職金
  • 生涯年収(民間企業との比較も実施)

を全てまとめました。

 

以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしてあります!

Sponsered Link

教師(小・中学校)の平均給料月額

平均給料月額

359,806円(平均年齢42.8歳)

(参考 高等学校教師 377,218円 44.8歳)

データ元

総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」より。以下同じ。

 

教師は、この額が他職種(行政や警察など)に比べて高いです。

給料の額はボーナスおよび退職金の算出に直結してきます。

 

つまり、教師は他職種に比べてボーナスや退職金の額が高いということです。(具体的な額は後述)

 

年齢別の平均給料月額(推計)

年齢別に推計した給料は以下の通りです。

22〜23歳218,618円
24〜26歳240,951円
27〜31歳280,754円
32〜36歳331,572円
37〜41歳374,822円
42〜46歳403,105円
47〜51歳420,356円
52〜56歳431,193円
57〜59歳438,988円

 

教師(小・中学校)の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

418,462円(平均年齢42.8歳)

(参考 高等学校教師 441,650円 44.8歳)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに直結してくるのはこの数字です。

(なお、手取りはざっくり80%くらい(→月収42万なら33万円程度)と考えておけばOKです)

 

先ほどの給料との差額58,656円が手当額です。

 

手当のうち額の多いのは、以下です。

  • 地域手当 22,792円
  • 通勤手当 7,049円
  • 扶養手当 6,606円

 

そして、あえて書くと残業代は以下の通りです。

  • 時間外勤務手当(残業代) 218円

 

部活の休日対応の忙しさや、家でテストの採点に追われるといった話はよく聞きますが、残業代としては全くつかないということですね。

 

残業代ではなく、ベースの給料自体を高くすることで、そこを補う形を取っているということになります。

→給料の額はボーナスや退職金算出に直結しており、給料32万+手当8万=月収40万のケースに比べれば、給料37万+手当3万=月収40万のほうが有利です。

 

ただ、いくら有利と言っても残業がどれだけあるかにもよりますよね・・・。

いくら残業してもそれが数字に出てこないというのは、モチベーション的にどうなのかなという感じもします。

 

年齢別の平均給与月額(推計)

給与を年齢別に推計したものは以下です。

22〜23歳249,395円
24〜26歳284,633円
27〜31歳331,883円
32〜36歳388,228円
37〜41歳434,897円
42〜46歳467,880円
47〜51歳487,751円
52〜56歳498,486円
57〜59歳505,822円
Sponsered Link

教師(小・中学校)の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,702,561円(平均年齢42.8歳)

(参考 高等学校教師 1,774,166円 44.8歳)

計算方法

(給料(平均額359,806円)+地域手当(平均額22,792円)+扶養手当(0円と仮定))×4.45月(2018年の支給基準)で算出。

なお、扶養手当を貰っている職員の場合、平均で3万円程度加算される。

以下年齢別も同様の計算。

 

一般行政職の地方公務員と比較すると、約20万円高い金額です。

一般行政職と教師の給与(月収)はほとんど同じ(行政職40.2万(うち給料約32万)、教師41.8万(うち給料約36万))なのですが、教師はボーナス算出のベースとなる給料が高いため、そこが大きな差となって出てきます。

 

年齢別の平均ボーナス年額(推計)

ボーナスを年齢別に推計したものが以下です。

22〜23歳1,074,275円
24〜26歳1,173,656円
27〜31歳1,350,780円
32〜36歳1,576,920円
37〜41歳1,769,382円
42〜46歳1,895,242円
47〜51歳1,972,009円
52〜56歳2,020,233円
57〜59歳2,054,921円

 

教師(小・中学校)の平均年収

平均年収額

6,724,105円(平均年齢42.8歳)

(参考 高等学校教師 7,073,966円 44.8歳)

計算方法

平均給与×12+ボーナス額で算出。以下の年齢別も同様。

 

一般行政職が約630万円なので、それよりも約40万円高いです。

ボーナスの影響が大きいですね。

 

年齢別の平均年収額(推計)

年齢別の推計年収は以下の通りです。

22〜23歳4,067,020円
24〜26歳4,589,247円
27〜31歳5,333,372円
32〜36歳6,235,654円
37〜41歳6,988,142円
42〜46歳7,509,798円
47〜51歳7,825,021円
52〜56歳8,002,069円
57〜59歳8,124,780円
Sponsered Link

教師(小・中学校)の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

23,529,000円

 

一般行政職の平均が2285万くらいなので、そこより70万円ほど高いです。

これもボーナスと同様、退職金算出のベースとなる給料が高いことが影響しています。

 

教師(小・中学校)の生涯年収

生涯年収額

279,275,401円(給与収入255,746,401円、退職金23,529,000円)

(参考 高等学校教師 284,790,078円)

※単純に年齢別の平均年収を累積(22歳〜59歳)して算出。

 

生涯年収を他の地方公務員などと比較

  • 教師(小中学校)の生涯年収(22〜59歳):279,275,401円(給与収入255,746,401円、退職金23,529,000円)
  • 教師(高校)の生涯年収(22〜59歳):284,790,078円(給与収入261,261,078円、退職金23,529,000円)
  • 地方公務員全体(一般行政職)の生涯年収(22〜59歳):259,102,810円(給与収入236,241,810円、退職金22,861,000円)
  • 国家公務員(行政職)の生涯年収(22〜59歳):282,438,754円(給与収入260,207,754円、退職金22,231,000円)
  • 民間企業(大卒:男性)の生涯年収(22〜59歳):288,000,000円(給与収入270,000,000円、退職金18,800,000円)
  • 民間企業(大卒:女性)の生涯年収(22〜59歳):235,500,000円(給与収入216,700,000円、退職金18,800,000円)

※国家公務員は人事院「H29国家公務員給与等実態調査」を活用し推計、民間企業は労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2017」より

 

「もうちょっと稼ぎたい!」とか「転職したい」と思っている教師の方へ元公務員からのオススメ

ここまでお給料データを書いてきましたが、「もうちょっと稼ぎたい!」とか「条件の良いところがあれば転職したい!」と思っている教師の方向けに関連記事を紹介します。

元公務員による毎月1万円以上を超簡単に稼げるテクニック

僕が公務員退職後に収入がなくて困っている中(笑)で実践してきた、堅実・簡単にお金を稼ぐ方法や節約術をまとめた記事です。

 

特に自己アフィリエイトは、知らない教師の方も多いと思いますがめっちゃ美味しいです。(僕も公務員時代知りませんでした)

うさんくさく聞こえてしまうかもしれませんが、1時間もあれば月1万円以上、年間で見れば10万円以上はノーリスクで誰でも簡単に稼げますよ〜。

【お小遣い稼ぎ&節約術】元公務員おすすめの安全・簡単に月1万円以上稼げる方法。

2018.12.27

【自己アフィリエイト(ハピタス)のやり方】堅実な元公務員が毎月1~2万円以上をノーリスクで稼ぐ方法を解説!

2018.12.28
シュン
また、yahooショッピング・ヤフオク・楽天市場・じゃらんなどを利用している場合、自己アフィリエイトの仕組みを使うだけで大きく得ができます。

 

教師より稼げる転職先は、実は結構あります

公務員から民間に転職した知り合いたち(→年収アップかつ時間のゆとりもできた)にヒアリングして書いた転職記事です。

特に、民間への転職を考えている教師の方におすすめです。

【公務員から転職】知り合いの公務員たちがもっと良い条件の民間に転職できた!彼らが使っていたオススメのサイトはこれだ。

2018.12.29

 

まとめ

  • 教師(小中学校)の給料月額 359,806円(平均年齢42.8歳)
  • 教師(小中学校)の給与月額 418,462円(平均年齢42.8歳)
  • 教師(小中学校)のボーナス年額 1,702,561円(平均年齢42.8歳)
  • 教師(小中学校)の年収 6,724,105円(平均年齢42.8歳)
  • 教師(小中学校)の退職金 23,529,000円(定年まで勤務した場合)
  • 教師(小中学校)の生涯年収額 279,275,401円(給与収入255,746,401円、退職金23,529,000円)

以上、教師(小・中学校先生)のお金に関するデータについてまとめてみました。

↓高校の先生はこちら

【教師(高校)の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯年収を全てまとめました。

2018.04.29

 

特徴的なのは、最初にも書いたとおり「給料」が他業種に比べて高いということと、その一方で「残業手当」がほぼ0だということですね。

 

給料が計算に直結するボーナスと退職金は高いのですが、残業をいくらやっても金額として反映されないというのは個人的にはなんとも微妙な感じがします。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>「公務員の給料の全て」をまとめた記事はこちらから

【公務員の給料完全まとめ】年齢別給与・ボーナス・年収などを職種別にまとめました。公務員の給料はこれで全てが分かります!

2019.01.09

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です