公務員の残業代はいくら?都道府県の残業代ランキングと実態を比較

こんにちは、shunです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

さて、今回は地方公務員の残業代について取り上げます。

 

総務省の調査を用いて、都道府県・指定都市の残業代ランキングを算出した上で、その金額について考えていきます。

 

公務員って残業代どれくらいもらえるの?と気にされている方や現職だけどサービス残業が多いんだよな・・・と嘆いている方はぜひご覧になっていただければと思います。

 

<その他の給料関連記事>

地方公務員の年収は30歳でどれくらい?都道府県・市町村・国を比較!

地方公務員の年収は20代だとどれくらい?都道府県・市町村を徹底比較

Sponsered Link

都道府県残業代ベスト10、ワースト10

以下、総務省の平成28年4月1日地方公務員給与実態調査結果から抜粋した数字です。

 

都道府県 時間外勤務手当平均月額ベスト10(一般行政職)

1位  大分県  67,800円
2位  徳島県  56,700円
3位  山形県  49,200円
4位  滋賀県  48,900円
5位  愛媛県  46,500円
6位  三重県  45,100円
7位  静岡県  44,400円
8位  佐賀県  43,000円
9位  福島県  41,600円
10位 香川県  41,100円

 

都道府県 時間外勤務手当平均月額ワースト10(一般行政職)

1位  沖縄県  16,400円
2位  長野県  17,400円
3位  北海道  20,600円
4位  熊本県  20,900円
5位  京都府  23,400円
6位  広島県  24,200円
7位  兵庫県  24,700円
8位  秋田県  24,800円
9位  千葉県  25,100円
10位 群馬県  25,700円

 

指定都市残業代ベスト5、ワースト5

指定都市 時間外勤務手当平均月額ベスト5(一般行政職)

1位  熊本市   178,300円
2位  仙台市     66,100円
3位  さいたま市 65,200円
4位  神戸市   58,100円
5位  川崎市   52,800円

※熊本市は地震の影響と思いましたが、地震は平成28年4月14日なので時点的には?という感じです。

平成27年の実態調査では7万円くらいなので、やっぱり地震なのかな・・・。

 

指定都市 時間外勤務手当平均月額ワースト5(一般行政職)

1位  浜松市  28,100円
2位  広島市  30,000円
3位  横浜市  33,000円
4位  大阪市  34,000円
5位  北九州市 34,100円
Sponsered Link

残業代について考える

本来、どれくらいの金額分の残業をしているのか?

あそこはあんなに残業代貰っているんだとか、ここはこんなに残業代貰えないのかと、数字だけを表面的に捉えるのではなく、もう少し深掘りして、本来、どれくらいの残業代分の仕事をしているのだろうか?という点から考えてみます。

 

同じ総務省の調査によれば、都道府県一般行政職員の平均給料は330,689円です。

これを時給換算すると約1,850円になります。

 

水曜日は全部定時帰りで、他の曜日は全て19時15分帰り(=2時間残業)と仮定した場合、月の残業時間は36〜38時間になります。

 

もちろん部署によってかなりマチマチ(県庁の場合、出先機関の行政職員であれば、上記仮定より少なくて済む部分も多い)ですが、僕の経験上、本庁であれば平均よりかなり少なく見積もった数字であると思います。

 

この仮定で月の残業代を算出すると、

 

36時間×1,850円=66,600円

38時間×1,850円=70,300円

 

となります。

 

都道府県・指定都市共に、トップクラスの残業手当がつくところですら、ほぼこの額には届いていないわけです。

 

また、都道府県の全体の平均額はだいたい3万円ちょっとですから、そこと比べれば半分にも満たないということになります。

(指定都市は4万円を超えていますので、都道府県に比べれば充実しています)

 

以前に別の記事「公務員の仕事って本当に楽なの?part3 公務員と民間の違いは?」の中で少し触れたのですが、公務員はサービス残業が当然のものとなっているところがあります。

 

職員の残業代総量は予算で決められていて、各課ごとに配分がなされており、それ以上はどうにもならない仕組みになっています。

労基署の監督も入らないので、終わらない仕事はサービス残業で終わらせるといった流れが横行しているわけです。

 

今回のデータは、ある意味その裏付けであるようにも思います。

(ちなみに、全国平均の残業手当額は約3万円なので、それで計算すると、残業時間は月16時間となります。つまり、平日は全て18時くらいに帰れる計算になりますが、まぁ、それはあり得ません。出来るのは本当に限られた部署です)

 

そもそも成果を出していないのでは?

残業してまで成果を出しているのか?という話や、仕事が遅いだけではないの?という話はあるでしょうし、実際、その指摘は大いに当てはまる部分もあります。

 

例えば、組織全体としてこんな傾向にあります。

 

→残業代は一定以上出ないが、長々と残業していても上司から厳しく指摘されることがない(労基署の監視からも対象外)

→時間内に終わらなければ、残業して終わらそうと考える

→その前提で作業をするので、日中の業務スピードが落ちる、また、時間の制限が無くなることで、成果とは無関係なこと(資料の体裁、本人のこだわりに基づく無駄な依頼)にも手を出す

→時間の使い方について組織全体が無頓着になる

→上司も無頓着だから、訳の分からない資料作成・修正指示が頻繁に入る

→疑問に思いつつ、または嘆きつつ、若手は対応する

→そういうサイクルが続くと、若手もそれが当たり前の思想として植えつけられていく

→若手が中堅になって部下に指示を出す時には・・・

 

なので、残業代うんぬんの前に、根本的なところを見直す必要があるということは間違いなく言えることだと思います。

 

ただ、現実問題として働いていることには違いないので、純粋に労働をしている対価として報酬を得ているのかという観点で見ると、そこは担保されていないというのもまた間違いない事実でもあります。

 

まとめ

僕が言いたい結論としては、どうせお金も出ないのだし、とにかく成果に絞って、細部にはこだわらずさっさと仕事を終わらせて帰りましょう(笑)ということですね。

 

各自治体は借金経営で財源的に厳しいのだから、職員の残業代が削られるのはやむを得ない部分もあります。

 

だったら、無駄な事業はやめて、無駄な資料を作成せず、他者にも依頼せず、どんどん業務を減らして本当に効果を挙げられる施策に特化していくべきだと思います。

 

その上で、本当にやるべきだと自分も納得できる施策に特化して業務に携わることが出来れば、そこに時間を投じ、結果的には残業代が出なかったとしても、心理面では有意義な部分が大きいのではないかと思います。

(お金が払われないことがいいとは言いませんが、「これはやりたくないけどやるしかない、しかもお金も出ない」という形よりはマシです)

 

僕が退職した一つの理由として、時間=命そのものであり、自分の価値観からズレている現在の仕事を続ける人生の選択はあり得ないと思ったということがあります。

(僕の仕事の価値観としては、自分の天職を通じ人の役に立つ、何より自分が好きで充実感のある仕事をしていくべきだということです)

 

こういう価値観と仕事のズレは誰にでもあるとは思いますが、出来るだけその差を埋めたほうが幸せに生きられるのは間違いないと思います。

 

今回、残業代というテーマを踏まえて、そういった観点から、改めて仕事の見方ややり方を考えてもらう一つのきっかけになれば幸いです。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

Sponsered Link

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です