公務員試験の面接に受かる人の特徴は?合格者の傾向から分析しました

こんにちは、shunです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、県庁の同期の性格などを踏まえ公務員試験の面接に受かる人の特徴をテーマにした記事を書いていきます。

 

合格するには合格者を真似るのが一番手っ取り早いです。

実際に合格した方たちの特徴を探ることで、どうすれば面接試験を突破できるのかを分析していきたいと思います。

Sponsered Link

僕がいた県庁の合格者(同期)の特徴

全体的に皆堅実

非常に堅実な方が多かったです。

 

明るいとか暗いは別です。

 

例えば一見ふざけているような奴も多いですが、やはり根は相当真面目。

 

組織を改革して新しいことをぶち上げてやろうという人(僕はこっちタイプでした)よりは、組織に貢献して社会のために役立とうみたいな方が圧倒的に多かったです。

 

良く言えば、真摯・誠実。

 

悪く言えば、無難・面白味に欠ける。

 

といったところでしょうか。

 

そして、それは僕がいた県庁の性格とも概ねマッチしていました。

 

合格者の性格≒組織の性格だとすれば、組織によって合格者の傾向も違うのではないかと思います。

 

例えば都庁とかは、ガンガン色んなことやってやろうぜみたいな人が多いのではないかと勝手にイメージしています。

 

(実際、都庁に出向していた人に聞いたところ、面白い企画を尊重して、どんどん予算をつけていくみたいな風土だとのことでした。

なお、僕がいた県はそれはほぼ全く無かったです、もちろん財政力の差に要因があることは否めませんが・・・)

 

あとは、同じ課にいた(出向していた)若手官僚に聞いたところでは、国なら省庁によってかなり人の雰囲気は異なるとのことでした。

 

例えば、経産省はイケイケドンドンみたいな雰囲気の人が突出して多いとのことです。

 

そして、そのまま堅実に育っていた

実際、入庁時の性格のまま組織で育つ傾向が多いように思います。

 

僕がいた県庁で言えば、無難で、大きな変革は望まない、淡々と前例通り、または国の指示通りに職務をこなす人が多かったと思います。

(これは入庁時の性格的傾向とあまり変わっていないように思いました)

 

人間の性格なんて基本的に変わらないから当たり前だとは思います。

 

(余談)組織教育で性格が変わる?

上では入庁時の性格通り組織で育っていたと書きましたが、地元の銀行に出向をしていて感じたのは、同じ年齢層の人を県庁と銀行で比較した場合、同じ地元出身者が大半を占めるにもかかわらず、全く人の雰囲気が異なったということです。

 

特に銀行の中で法人営業などを担当しているいわゆる得意先担当者との違いが凄まじい。

 

同年齢層10人対10人で向き合わせたら確実に違いが分かるというか、別の国家にいるくらい違います(笑)

 

もちろん、銀行に入った人が最初からそういう気質だったという可能性もあります。

 

ただ、統計的にはあまりにも極端なので、どちらかと言えば組織に入ってから養われる部分も大きい、組織の教育がその人の雰囲気に大きな影響を及ぼすのではないかというのは感じました。

Sponsered Link

どういう人が面接突破しやすいのか?

ある程度組織の性格に合った人

上で書いてきたように、入庁の時点で、県庁の組織に合った雰囲気の人が多かったということです。

 

人は自分と同じような考え方を聞くと安心しますし居心地が良い。

 

面接官も人間です。

つまり、自分と似た傾向の人に良い点をつける可能性は高いということです。

 

これは論理の問題じゃなくて感情の問題ですね。

(面接なんてそもそも感情に依存するものですから)

 

これが繰り返されるので、ある程度同じような考え方の人が入り、同じような性格の組織にマッチングしていくという傾向はあると言えるでしょう。

 

よって、組織の特徴分析は効果的であると言えます。

 

組織の特徴は、既に入庁している知り合いに聞け

例えば就職説明会みたいなオフィシャルの場で、うちの県は無難な傾向だからとかいうぶっちゃけ話を聞くことはできないでしょう(笑)

 

一番いいのは、既にその組織に入庁している方に知り合いがいれば、そこからぶっちゃけ話を聞くことです。

 

また、インターンシップに潜入して飲み会の席などでしれーっと聞いてみるのはいいかもしれません。(人事課は口が堅いので、他の課の方に聞くことをオススメします(笑))

 

もしくは真逆を狙え

人は、自分と似たものに同調する傾向が強いですが、一方で、全く逆のものに憧れる傾向もあります。

 

例えば無難な組織であれば、敢えて自分の行動力をアピールするわけですね。

 

コイツは期待出来る!となる可能性はあります。

 

僕自身無難なところも大いにありましたが、行動力をアピールする材料を交えて面接に臨んだのが、面接での高得点に繋がったようにも思います。

(参考:僕の面接得点率実績→1回目88.2%、2回目79.0%)

 

関連:公務員試験の面接対策!大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

Sponsered Link

ただし!

ここまで言っておいて何ですが、これらの話は面接対策としては一つの参考です。

 

その自治体に応じて自分の性格を切り替えて面接に臨むというのは簡単に出来ることではないですし、あまり本質的であるとも思えません。

 

ただ、自治体の性格を掴んでおくことのメリットは大きい。

 

上で、知り合いやインターンで聞けという話をしましたが、内部にいる人でそれなりに優秀な人ならば、そういうところは確実に掴んでいます。

(質問をしてもピンと来ていないようであれば、別の人に聞きましょう)

 

その点を踏まえて、本当にそこに入るべきか、他の自治体も視野に入れてもいいのではないかなど、志望を見つめ直すきっかけにはなると思います。

 

まとめ

今回の記事は、合格するための面接対策というよりも、受けるべきところを選定する段階で参考になる点が大きかった気がしています。

 

即効性は無いかもしれませんが、実際に入ってからのことを考えた場合、記事内で書いたようなことを捉えておくのは非常に重要なポイントであると考えています。

 

長い職場人生になることが想定されますから、最初からすぐ転職をするつもりでいる人以外は、長期目線で見て志望組織の性格分析をしておくことをオススメします。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

具体的な面接対策について知りたいんだよ!という人は、ぜひ以下の記事をご覧ください!

公務員試験の面接対策!大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です