高卒で公務員に就職するメリットとデメリット!給料・出世の差はほとんどない。

こんにちは、shunです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、「高卒公務員」がテーマです。

 

高卒で公務員に就職することのメリット・デメリットと、僕が県庁時代に高卒公務員の方に対して思ったことを書いていきます。

Sponsered Link

高卒公務員のメリット

大学の学費がかからず、早くから給料を稼げる

大学(自宅外)に4年間通った場合、仕送りも含めて1000万円近くかかると言われています。(私立文系で1100万、国立文系で900万程度)

 

結局はほとんど親に払ってもらうのだとは思いますが、この支出はかなり大きいと言えるでしょう。

 

これが0になり、かつ18歳からすぐに給料が稼げるというのは、親御さんの家計面を大きく助けるという点では間違いなく一つのメリットだと言えるでしょう。

 

大卒公務員よりは試験を突破しやすい

大卒公務員試験(特に専門試験があるところ)の場合、それなりに優秀な偏差値の方たちとの競争になる上に、問題も難しいので、結構ハードな勉強が必要です。

 

もちろん高卒の場合も倍率は高いですし、勉強も必要でしょうが、進学校を出てすぐに公務員を目指す人がほとんどいないことを考えれば、その難易度は大きく下がると言えます。

 

大卒であれば専門試験の勉強をしなければいけない県庁であっても、高卒であれば教養のみで合格することが可能だというのは、ある意味旨みだと思います。

 

給与面・出世面でそこまで大きな格差が出ない

国家公務員の場合、そもそも官僚とそれ以外で出世面・給与面においてかなりの差が出ますが、僕がいた県庁では、高卒でも本庁の課長はいましたし、格差を感じることはほとんど無かったです。

 

また、総務省の地方公務員給与実態調査を見ても、同じ年齢であれば大卒と高卒の平均給与はほとんど変わりません。(50代になると若干差が出ますが、それでも月2万円程度です→大卒に比べ4年長く稼いでますので、むしろ総収入では多いですよね)

 

高卒公務員のデメリット

トップまで上り詰めるのは難しい

メリットのところで大きな格差が出ないと言っておいて何ですが、僕のいた県庁の部長は全員大卒でした。(しかも、全て有名どころの大学(→低くても偏差値60オーバー)でした)

 

つまり、課長級あたりまでは可能ですが、県庁でトップの部長にまで上り詰めたいならなかなか難しいということだと思います。

 

ただ、県もスタンスによるでしょうし、市町村であれば、トップクラスまで登れるところはあると思います。

 

外の世界を見る時間が制限される

僕はこれが一番大きなデメリットだと思っています。

 

この後詳しく書きますが、高卒公務員の方は優秀な方が多いです。

 

それは仕事にのめり込んでいるというか、ある意味で自治体の仕事のやり方とか方向性について疑っていないというところを感じました。

 

一方で、僕は、それって実は不自由なんじゃないのかなと思ったりしていました。

大学に行けば(というか高卒後に自由な時間を得れば)、色んな世界が見えますし、色んな本も読めます。

 

実際、本当はその人にとってもっと素晴らしい世界があったのではないかなと思えるような人もたくさんいました。

 

ただ、それは僕が大学に行ったから言えることであって、その世界しか知らなくて、その中で全力で仕事に取り組めるのならば、やはりそれは幸せなのかもしれないなとも思います。

 

これはほとんど哲学みたいな話ですね。

Sponsered Link

僕の周りの高卒公務員について

ここからは、僕の周りにいた高卒の公務員の人たちについて感じたことを書いて行きます。

同期は純粋に頭が良くて真面目な公務員が多かった

仲の良かった同期で、高卒枠で入ったのが3人いましたが、皆頭が良く真面目でしたね。

 

仕事ぶりも明らかに通常水準よりは高いレベルでした。

 

仕事は大卒公務員より出来るケースが多い

上記同期の話に限らず、全体的に高卒の方は優秀だった感じがします。

 

高卒のほうが人数は圧倒的に少ないわけですが、仮に100人の大卒者と100人の高卒者を引っ張ってきて比較したとしたら、高卒者のほうが仕事面では圧倒的に優秀な人の割合が多かったと思います。

 

同じ30歳の人同士を比較するとすれば、大卒は8年目、高卒は12年目なわけなので、キャリアが違うというのもその要因だとは思いますが、それ以上に感じたのは、仕事への熱意とか、のめり込み具合の違いですね。

 

普通、高校卒業してすぐに公務員になろうとは考えないですからね。

それだけ覚悟が違うのかなぁというのは感じていました。

 

おわりに

優秀な方が多いと書いた通り、高卒公務員の方は、自治体にとっても大変貴重な戦力だと思います。

 

また、大きな出世面・給与面での差がなく、しかも試験難易度は大卒に比べて落ちることを考えれば、条件面としては十分魅力的なものではないのかと思います。

 

一方で、もっと色んな世界を知りたいという希望がほんの少しでもあるのであれば、親に無理を言ってでも大学に進むとか(奨学金制度もありますしね)、高卒後に1年フリーになって旅をするとかをオススメします。

 

人生一度きりなので、後で後悔するかもしれないと少しでも迷うくらいであれば、やったほうが絶対にいいです。

やらない後悔よりやった後悔のほうがずっと価値がありますから。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です