公務員に向いてる人の特徴!でも向いてない人のほうが出世する?

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は公務員に向いている人の特徴について取り上げます。

 

「民間と公務員で迷ってるんだけどどっちのほうが自分に向いているだろう?」「自分はこういう性格だけど本当に公務員向きなのかな?」と悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。

 

もちろん、給料などの待遇面を重視される方も多いと思いますが、仕事をしていく上では、それ以上に自分の性格や気質とのマッチングが重要です。

 

以下では、僕が県庁に10年勤めてきた経験を踏まえ公務員に向いていると思うタイプとそうでないタイプについて書いて行きます。

また、銀行に2年間出向していた経験も踏まえ、銀行におけるタイプと公務員との違いについても触れていきます

Sponsered Link

現実にいたタイプ(公務員&銀行員)

公務員のタイプ

まず、実際にどんなタイプの公務員がいたのかを列挙してみます。

  • 物凄く情熱的で、心から仕事が大好きな人(極少数)
  • 仕事に対する考え方がドライで、与えられた仕事を淡々とこなす人(さっさと帰り、休みもしっかり取る人もここに多い)
  • 硬直的なシステムに不満を感じながらも、それなりに仕事が好きな人
  • 仕事はつまらないと思っているが、待遇(給与や休暇面)に満足している人
  • 事業所などに指導を出来る立場であることに快感を感じている人
  • 今の仕組みが正しいことを前提に(ある意味ルールに自分が憑依して)、全力で仕事に取り組んでいる人

 

細かく言えばもっと色々とあると思いますが、ざっくり言えばこんなところです。

 

ちなみに僕は一番上が理想(というか絶対)だったのですが、残念ながらそうもなれそうに無いので辞めました。

いくら頑張ったところで、好きでやってる人には絶対に勝てませんから。

 

銀行員のタイプ

次に、出向先の銀行員にいたタイプについて書いていきます。

もちろん公務員のタイプとかぶる人も多いのですが、明らかな違いもありました。

 

公務員の場合、

  • 仕事に対する考え方がドライで、与えられた仕事を淡々とこなす人

の割合が非常に多いのに比べ、

 

銀行では、

  • 自分でどんどん工夫・提案して、とにかく攻めに攻めるタイプ
    (顧客に色々と提案をして、大きな融資などのチャンスを伺っている。横から見ているととてもエネルギーに溢れて情熱的)

の割合が非常に多かったです。(特に、顧客に対し営業をかける「得意先」の担当者に多い)

 

もちろん公務員にもこういったタイプの人もいなくは無いですが、ごく少数です。

これが商売人との差なんでしょう。

 

ちなみに、銀行の中でも、融資の審査をする側の人は、どちらかと言えば公務員チックな人が多かったように思います。

業務内容も、リスクを見極めて貸すか貸さないかを判断するという「守」の業務ですからね。

 

余談ですが、融資側の人たちからすれば、得意先の人たちばかりが目立って評価されることに対する不満が一部ではあるようでした(笑)

こんなの融資できるわけねーだろ!というのも得意先側からバンバン上がってきたりするみたいですね。

Sponsered Link

 公務員に必要な人、向いている人、向いていない人

(僕が考える)公務員に必要な人

まず、国も地方もそうですが、借金まみれで、人口はもの凄い勢いで減り、一方で社会保障費は増え続けるという過去に類を見ない状況にあります。

 

高度経済成長期(人が増え、税収も勝手に増える)であればさしたる改革は必要ありませんが、今のような状況で過去のやり方を踏襲していけば、将来的には相当危険な状況に陥る可能性が高いです。

(それが、公務員の首切りなのか、大幅な減給なのか、果ては国家財政破綻なのかまでは分かりませんが・・・。)

 

もちろん国も地方も様々な改革を試みているとは思いますが、正直なところ、過去をベースにした微修正程度のものに留まっているというのが率直な印象です。

本来はこのタイミングで革命家みたいなタイプの人が多数必要だと思います。

 

例えば、

  • 必要の無い(もしくは効果の低い)支出や施策はどんどん潰し、財源や時間を生み出す。そして、ガンガン稼げるような施策のアイデアを出して行動しまくる。
  • 国や県が一律的に進めようとしている施策でも、効果が無いと判断すれば無視する。(自分で考えて決める)
  • いちいち上司と協議せず、よほどのことでない限りは報告レベルで対応していく。
  • 議員にペコペコせず、単に支出の増大に繋がるだけで、大した効果が見込めない要望は突っぱねる。
  • 一部の住民のクレーム(かかわっても単なる時間の無駄なものや、その人の利益になったとしても他の多くの住民の利益の害になるようなもの)は無視する。
  • 情報技術が圧倒的(使いやすいアプリをガンガン作っちゃうみたいな技術レベルを持っている)

といった人などが考えられます。(書くのは簡単なんですよね・・・)

 

しかし実際問題として、必要な人と向いている人は違います。

 

公務員に向いている人

上では、僕の視点から必要な人材について触れてみましたが、多くの役所では今のところそこまで極端な改革をやろうとはしていませんし、だからそういった人材も本心では求めていないというところがあります。

 

実際、支出の切り込みはどこの自治体でもやっていますが、基本路線としては今までのやり方の延長線上でなんとかやっていけているというのが現状です。

→例えば、各種施策は維持したまま、ちょこちょこと予算額を縮小して対応するなど。

 

一度作った施策をスクラップするのは色々な関係者からの反発が起こるため、とても大きなエネルギーが必要です。

そのため、どうしても一時しのぎ的な調整で対応をしがちです。

 

基本的に人は大きな変化を嫌います。

過去からの前例踏襲が文化となっている公務員の組織ならなおさらです。

 

以上の点を踏まえ、現実的な目線で見た公務員に向いていると思う人は以下です。

  • 学校の試験勉強が得意(解が分かっていることに取り組むことが好き)
  • 記憶力が良い(複雑な制度を素早く理解できる)
  • 説明が上手(複雑な制度を分かりやすく説明できる)
  • 資料をまとめたり、文章を書くのが得意
  • とにかく細かい
  • 言われたことをやるのが好き
  • ルールにあまり疑問を持たない、もしくは仕方ないものと割り切れる
  • 日々に大きな変化を求めない
  • 横並びで成長が出来ていけばいい(出世競争やノルマは嫌)
  • 仕事はあくまで給料を貰う手段であると考えている
  • 長いものには巻かれろタイプ
  • 人と人の間を調整するのが得意
  • 丁寧な事前の根回しが得意
  • 0から1を生み出すことが好きではない

 

公務員に向いていない人

一方、あんまり公務員には向いていないかなと思うのは以下のような人です。

  • 自分自身が主役でありたい(公務員はサポート役になるケースが大半)
  • 人から直接感謝されたい(県はこれがほとんど無いです、市も感謝されるというよりは、やってもらって当然と思われるケースが多いでしょう)
  • 能力次第でどんどん出世したい
  • 自分より若い官僚の部下になるのはゴメンだ
  • 納得いかないルールや前例を嫌う
  • とにかく革命的なことがしたい(これは、向いていないという訳ではないですが、実際問題としては長期目線が必要なので、それまでの下積みに納得が出来ないと挫折します)

 

大きく出世する人は、公務員に向いていない要素も持っている?

逆説的ですが、本当に仕事が出来る人は、公務員に向いていない要素を持っている方が多かったです。

 

例えば、、、

  • 常に現状を打破しようとチャレンジしている
  • おかしいと思ったことはおかしいと言い、上司に対しても物申す
  • ただ主張をするだけでなく、最後にはうまく折り合いをつける
  • そして、言っただけの成果(あの人がいないと仕事が回らないと言われるくらい)を出す

 

出来る人は、硬直的な仕組みや制度へのチャレンジも含めて、トータルでこの仕事が好きだ!という雰囲気を出しながら仕事をしています。

好きだからこそ、異端な考え方として周りと軋轢が発生しても、それを乗り越えていくだけのエネルギーがあります。

 

実際、部長級になると、そういった強い個を持っている方も多かったです。(個が悪い方向に働いている人もいましたし、逆に、いかにも公務員っぽい人もいましたので色々ですが)

 

ある程度長期目線になってもいいから、俺が地元を引っ張っていくんだ!地元を改革するんだ!という気概のある方はぜひ公務員を目指して欲しいです。

やっぱりそういう人が将来的にトップに立ちますよ。

Sponsered Link

変革を目指す人たちへ

変革を起こしたいと思っている人へのアドバイス

ひょっとしたら性格的には公務員に向いていないのかもしれないけれど、どうしても国や地元に変革を起こしたいんだ!という気合いの入った人にアドバイスをするとすれば以下です。

 

  • 国の省庁や都道府県市町村のスタンスを見極め、最初から改革派の組織に入るべし
    • 例えば、『経済産業省』の「不安な個人、立ちすくむ国家」というレポートがネットで公開され大きな話題になりましたが、その内容はもちろんのこと、事務次官と若手が事務次官室でやり取りしながら作ったというプロセスも非常に画期的なものです。
    • 『長野県下條村』は、伊藤元町長が超画期的な施策を行い、山奥の小さな村にもかかわらず、財政は健全、出生率も高く奇跡の村と言われていたりします。
    • こういった情報を、ネットで調べたり、現役職員に聞いたり、インターンに参加したりして掴みましょう。

 

  • 圧倒的な行動量で成果の伴う改革を起こし続けるべし
    • 口では改革を唱えている割に、何も行動せず成果も出ないとすれば全く意味がありません。(それなら黙っているほうがマシです)
    • 行動量と成果が驚異的な公務員の具体例として、唐沢寿明主演のドラマ「ナポレオンの村」のモデルになったスーパー公務員高野誠鮮氏が挙げられます。
      ネットでも色々情報は出ると思いますが、原作の「ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」はめちゃくちゃ面白いので一度ご覧になることをおすすめします。

「ローマ法王に米を食べさせた男」スーパー公務員高野誠鮮氏に学ぶ「とりあえずやってみる」の精神。

2018.09.18

 

  • 一定の年齢(だいたい40歳以降)まで辛抱強く待つ覚悟を持つべし
    • 係長クラス以上にならないと大きな改革は難しい部分があります。
    •  一方、そのクラスになってくると、自分の出世や保身について考えざるを得なくなり、事なかれ主義に移行する可能性も大きいです。
    • 若い頃から主張し、成果を出しながら、一定の年齢まで強い志とエネルギーを保ち続ける必要があります。

 

環境が最も重要!

とにかく周りの環境がめちゃくちゃ重要です。

 

何か変革を起こしたいと考えていても、周りの人たちに全くそんな気が無ければ、その壁を崩すのは相当な時間と労力が必要ですし、自分もいずれその環境に染まっていく可能性が高いです。

 

環境がそうでなくてもやれる人ももちろんいますが(例えば上で書いた高野誠鮮さんみたいな人)、それは根本的に仕事が大好きみたいな人であり、極めて少数派です。

やはり、周りの環境と逆を行くというのは基本的に辛いものがあります。

 

というわけで、ガンガン改革とかをやって行きたいのであれば、改革派の省庁や自治体を選ぶのが一番簡単で確実です。

(とは言っても、国ならまだしも、地方の場合であれば大体は地元に戻りたいでしょうから、運もあります)

 

まとめ

  • 国家や地方は大きな変革期にあり、今までに無いような革命を起こす人材が必要になってくることが想定される。
  • しかし、現時点ではそこまでの危機感を感じていない(仮に口で言っていたとしても行動に移していない)自治体も多い。
  • よって、今のところは、今までの人材と同様の典型的公務員タイプ(本文参照)の人が向いていると言える。
  • 一方で、現在においてもトップまで出世をする人は、公務員っぽくない要素(圧倒的な行動力とか、改革を好むとか)を持っているケースも多い。
    →なんだかんだで仕事が好きという人が最強

 

以上です。

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員の適性(向き・不向き)をまとめた記事はこちらです

公務員の仕事への適性まとめ!県庁・民間・独立経験を踏まえ、向き不向きについて解説しました。

2018.09.29

Sponsered Link

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です