公務員試験の難易度と大学の関係は?学歴なんて関係無い!

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

これから公務員試験を受けようと思っている方の中には、「どの試験にどの大学出身者が多く受かっているのか?」とか、「各試験の難易度は大学で言えばどこに入るくらいのレベルなのか?」といったことを気にされている方もいるのではないでしょうか。

僕も当時はそういうのが好きで調べたりしていました(笑)

 

ということで今回は、公務員試験の難易度と大学の関係性などについて書いていきます。

Sponsered Link

まず、今回のテーマを調べる方に対して僕から一言

学歴なんて一切関係無いです

今回のテーマを単なる興味程度で調べるのであれば全然構わないのですが、ネガティブな意味合いで調べる方も結構いるのではないかと思います。

この試験はこれくらいのレベルだから無理だろうとか、うちの大学から誰も受かってる人はいないから無理だとか。

 

これは最初から諦める理由を探しているだけです。

導入がそれでは絶対に受かりません。

 

とにかく一つ言っておきたいのは、

公務員に合格する上で、大学の偏差値など全く関係無いということです。

 

受かるかどうかは、あなたが集中して頑張れるかどうかだけにかかっています。

 

この例えを出すのが適切か分かりませんが、厚生労働省の元事務次官である村木厚子さんは地方国立大学である高知大学出身です。

厚労省の幹部には東大・京大などがうじゃうじゃいる中で、官僚試験に合格しただけでなく、トップにまで上り詰めたという事実は重く受け止めていいと思います。

 

僕自身、大学の偏差値だけで言えばそれなりのところでしたが、所詮3教科の入試で入っただけですし、しかも学部が特殊な学部だったため、公務員試験に対応する科目で大学で学んだものは何一つなく、まさに0から専門試験を勉強しています。

また、大学受験の時に国立を受けたわけでもありませんし、高校の授業は徹底的にサボっていました(笑)から、教養試験も大半の科目をほぼ0から勉強し直しています。

 

それでもきちんと国家1種(総合職)の1次も合格最低点より十分に高い点を取り、県庁もほぼトップ(全体2位でしたが、筆記は1位だったと勝手に思っています)で受かっています。

 

そんな僕から言えるのは、きちんと戦略を立て、集中して勉強をしさえすれば、間違いなく大丈夫な試験であるということです。

 

だから、まずは自分が公務員になって何をやりたいのか、それをやれるのはどこなのか?という点を徹底的に考え抜きましょう。

そこがスタート地点です。

自分の大学と合格者が多い大学の偏差値を比較することではありません。

 

微力ながら、僕もお役に立てればと思い、公務員試験勉強の本質に関する記事や面接対策などの記事を気合いを入れて書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

→以下、特にこれから勉強を始めようとする方にとってぜひ読んでいただきたい記事のリンクを貼っておきます。

関連記事【保存版】絶対受かる公務員試験の勉強法!本質さえ押さえれば楽勝

関連記事公務員になるためのたった1つの勉強方法!まずは本質を抑えよ

Sponsered Link

公務員試験の難易度について

専門試験の有無により圧倒的に難易度が変わる

さて、熱く語ってしまいましたが、次に、公務員試験の難易度について書いて行きます。

 

まず、難易度について考える際に絶対に押さえておきたい点を書きます

 

「専門試験が有るところと無いところでは、比べようの無い難易度の差がある」

 

つまり、「国家総合職及び一般職、地方上級、専門試験がある市役所」と、「教養試験だけの市役所」を比較すると、筆記試験の難易度は天と地ほどの差があるということです。

(あくまで筆記試験に限った話ですよ)

 

もちろん、「国家総合職」と「国家一般職、地方上級」の間にも大きな難易度の差があります。

ただ、国家一般職や地方上級を目指して勉強している人が、国家総合職に合格することはあり得ます。

 

一方、市町村を目指して教養試験しか勉強していない人が、国家総合・国家一般・地方上級の1次を突破することは100%ありません。

 

教養試験はあくまでセンター試験レベルです。

もちろん科目は理系、文系限らず全教科が対象のため幅広いですが、それでもあくまで高校までにある程度は触れる内容です。

 

一方で専門試験は、憲法、経済原論、政治学等々、全て大学で学ぶ内容です。

決して高度な内容だとは言いませんが(高校生が勉強しても十分理解できる)、大学で学んでいなければまさに0からやるしか無いというところが大きいです。

 

その上、専門試験の科目は15科目くらいと数も多いです。(もちろん、配点の軽重はあります)

 

よって、繰り返しになりますが、筆記の難易度については、専門試験があるところと無いところでは、全く比較にならない差があるということを認識しておくことが必要です。

これから勉強しようと考えているのであれば、この点はぜひ押さえておいてください。

 

※もちろん、面接難易度は別(むしろ人物重視の側面が強いため、市町村のほうがシビアなところも多い)ですし、また、専門試験の有無とその後の行政マンとしての能力にはほぼ関係が無いことはつけ加えておきます。

Sponsered Link

大学受験との比較

僕は大学受験の1000倍勉強した

大げさですね(笑)

実際のところ、総勉強時間だけで言えば大学受験の2〜3倍程度だとは思います。

 

ただ体感覚としてそういう印象が染み付いています。

量もそうですが、質の面で考えても、それくらい集中して、気合いを入れて勉強していたというのは間違いありません。

 

もちろん大学に入る時もそれなりに頑張りましたが、私立文系でしたので所詮3教科です。

国語はほとんど勉強してませんし、世界史は暗記しただけ、英語は若干力を入れましたが、でもそんなもんです。

 

それが、教養と専門合わせて一気に30科目とかになるわけです。

しかも大学の学部は専門試験の科目に全く関係が無いから、とにかく0からやるしかない。

 

その上、当時は県庁に合格することが人生において最も重要なことだと思い込んじゃってるわけです。

そりゃ気合い入れて勉強するしかなかったです。

 

そんなわけで、答えになってないかもしれませんが、大学受験とは比べようが無いほど大変だったということですね。

 

僕と同じような状況の方(高校の勉強内容はほとんど忘れている上に、私立大専願で、学部も公務員試験と全く関係無いが、専門試験のある公務員を目指している)がいるとすれば、大学受験とは比べものにならないほど大変だということだけは言っておきます。

 

大変ですが、やりがいはあります。

 

妻は大学受験より勉強してない

教養試験のみの市役所に合格した妻は、民間のSPI対策くらいしか勉強をやっていません。

 

妻は大学が同じ私立文系ではありますが、難関国立大にも合格してますから、おそらくよっぽど大学受験の方が大変だったのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、筆記に限って言えば、専門試験ありのところと無しのところでこれだけの差があるということはぜひ認識しておいてください。

 

もちろん、教養試験だけなら何も勉強しなくていいとは言えません。(妻は非常に記憶力がいいので、おそらく大学受験の内容をかなり覚えていたものと思います。)

特に、教養科目の1つである数的処理は高校までに勉強したことと毛色が違いますし、他科目も普通なら忘れているでしょうから、問題集を解くことによる復習が必要でしょう。

 

ちなみに予備校に通うとしたら、地方上級対策の値段が30万円くらいなのに対し、教養のみ市役所対策の値段は20万ちょっと切るくらいです。

若干割高感はありますが、面接対策も含まれていますので、面接にあんまり自信がないという方は検討してみてもいいと思います。

関連記事公務員予備校の費用はどれくらい?地方上級対策で30万程度が相場だが投資だと考えれば安い

 

まとめ

  • まず考えるべきは、どこの組織でどういったことをやりたいのかということ
  • 大学の偏差値と公務員試験合格の相関関係について研究する暇があれば、勉強せよ
  • 専門試験知識0からスタートした僕でも国家総合1次を突破し、県庁も上位で受かったので、きちんとやり方を間違えずに勉強すれば誰でも受かります!
  • 当然それなりの努力は必要
  • どうしても勉強が嫌なら教養のみの市役所を検討するのもアリ

 

今回の記事は、俺の大学では公務員無理かな・・・とか思ってしまう人に対してエールを送る意味で書いた側面が強いです。

 

そういう方にとって何か勇気を与えるきっかけになれば、とても嬉しく思います。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

以下の記事もオススメです。

公務員試験の難易度について。県庁合格者の大学偏差値はどんなもん?

Sponsered Link

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です