公務員のボーナス

【公務員のボーナス】都道府県庁のボーナスと手取りをランキング順に算出。

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「公務員のボーナス」がテーマです。

 

全都道府県のボーナス額と手取り額をランキング順にまとめました。




各都道府県庁のボーナス支給額ランキング

一般職員のボーナス額ランキング

まずは、一般職員と言って、いわゆる行政職の公務員以外にも、保健師や薬剤師、心理職なども幅広く含めたボーナスランキングです。

 

なお、ボーナスは税金や年金が引かれますので、数字の通りには貰えません。

手取りは概ね8割程度ですので、その点を加味して手取り額も掲載しました。

順位 都道府県 平均年齢 ボーナス年額 手取り想定額
1 三重県 44.3 1,732,700 1,386,160
2 東京都 40.8 1,707,900 1,366,320
3 大阪府 43.0 1,704,700 1,363,760
4 京都府 44.0 1,691,900 1,353,520
5 山梨県 43.3 1,689,200 1,351,360
6 静岡県 42.2 1,688,900 1,351,120
7 神奈川県 43.7 1,679,000 1,343,200
8 愛知県 41.8 1,670,700 1,336,560
9 広島県 43.2 1,670,300 1,336,240
10 滋賀県 42.4 1,668,100 1,334,480
11 千葉県 41.7 1,663,900 1,331,120
12 岡山県 43.6 1,663,700 1,330,960
13 福岡県 44.3 1,660,600 1,328,480
14 栃木県 43.0 1,659,000 1,327,200
15 群馬県 42.9 1,646,600 1,317,280
16 徳島県 43.1 1,641,200 1,312,960
17 北海道 44.4 1,639,700 1,311,760
18 埼玉県 42.1 1,638,200 1,310,560
19 長野県 45.2 1,636,000 1,308,800
20 新潟県 43.3 1,620,300 1,296,240
21 兵庫県 42.6 1,617,100 1,293,680
22 茨城県 42.4 1,613,200 1,290,560
23 岐阜県 42.8 1,612,000 1,289,600
24 和歌山県 43.7 1,612,000 1,289,600
25 香川県 42.7 1,607,700 1,286,160
26 山口県 43.6 1,605,600 1,284,480
27 愛媛県 43.5 1,604,800 1,283,840
28 熊本県 43.6 1,597,500 1,278,000
29 山形県 43.8 1,588,800 1,271,040
30 宮城県 42.6 1,586,900 1,269,520
31 福井県 41.5 1,583,200 1,266,560
32 富山県 42.8 1,582,200 1,265,760
33 奈良県 43.3 1,571,300 1,257,040
34 福島県 42.9 1,567,600 1,254,080
35 大分県 42.9 1,565,900 1,252,720
36 石川県 42.3 1,565,300 1,252,240
37 佐賀県 43.3 1,560,500 1,248,400
38 長崎県 44.2 1,542,300 1,233,840
39 鹿児島県 44.8 1,537,800 1,230,240
40 秋田県 43.4 1,524,000 1,219,200
41 岩手県 41.9 1,502,300 1,201,840
42 宮崎県 42.2 1,479,700 1,183,760
43 高知県 42.8 1,425,100 1,140,080
44 島根県 42.1 1,415,600 1,132,480
45 沖縄県 41.1 1,396,200 1,116,960
46 青森県 42.5 1,362,700 1,090,160
47 鳥取県 42.0 1,319,500 1,055,600

総務省「給与・定員等の状況」より算出。2016年支給額ベース(2016年を用いる妥当性は下で詳しく解説します)。以下同じ。




一般行政職員のボーナス額ランキング

次に、いわゆる事務を担う職員(一般行政職)の方のボーナスです。(先ほどのデータから一般行政職を抜き出したもの)

 

先ほどのものに比べると若干高いところが多いですね。

これはボーナス支給額が「(給料+地域手当+扶養手当)×支給月数」で決まるところ、事務職の給料が若干高いケースが多いためです。

順位 都道府県 平均年齢 ボーナス年額 手取り想定額
1 東京都 41.5 1,758,000 1,406,400
2 三重県 44.0 1,731,000 1,384,800
3 兵庫県 44.6 1,703,500 1,362,800
4 大阪府 42.3 1,703,400 1,362,720
5 山梨県 43.3 1,695,400 1,356,320
6 広島県 44.3 1,691,800 1,353,440
7 静岡県 42.5 1,689,500 1,351,600
8 滋賀県 42.5 1,682,500 1,346,000
9 徳島県 44.5 1,674,600 1,339,680
10 京都府 43.2 1,672,800 1,338,240
11 神奈川県 43.3 1,669,600 1,335,680
12 愛知県 42.0 1,669,100 1,335,280
13 栃木県 43.1 1,665,800 1,332,640
14 埼玉県 42.9 1,660,800 1,328,640
15 群馬県 43.7 1,660,400 1,328,320
16 岡山県 43.6 1,655,900 1,324,720
17 千葉県 41.7 1,649,900 1,319,920
18 茨城県 42.7 1,644,900 1,315,920
19 愛媛県 44.4 1,641,400 1,313,120
20 福岡県 43.2 1,641,000 1,312,800
21 北海道 44.4 1,639,400 1,311,520
22 長野県 45.3 1,639,400 1,311,520
23 香川県 43.9 1,633,900 1,307,120
24 岐阜県 42.8 1,617,900 1,294,320
25 富山県 43.9 1,615,800 1,292,640
26 新潟県 43.7 1,614,400 1,291,520
27 和歌山県 43.6 1,613,300 1,290,640
28 熊本県 43.3 1,604,800 1,283,840
29 山口県 43.5 1,604,500 1,283,600
30 福井県 42.4 1,598,700 1,278,960
31 山形県 44.1 1,597,000 1,277,600
32 宮城県 42.3 1,587,100 1,269,680
33 奈良県 42.9 1,569,700 1,255,760
34 大分県 43.0 1,564,000 1,251,200
35 福島県 42.7 1,561,500 1,249,200
36 長崎県 43.6 1,554,500 1,243,600
37 石川県 41.8 1,545,000 1,236,000
38 佐賀県 42.8 1,544,800 1,235,840
39 岩手県 43.6 1,538,300 1,230,640
40 秋田県 42.8 1,521,400 1,217,120
41 鹿児島県 44.8 1,518,300 1,214,640
42 宮崎県 43.6 1,510,100 1,208,080
43 島根県 43.7 1,455,200 1,164,160
44 高知県 43.3 1,434,900 1,147,920
45 青森県 43.2 1,403,800 1,123,040
46 鳥取県 43.8 1,381,200 1,104,960
47 沖縄県 40.8 1,362,000 1,089,600

 

データを見るときのポイント

数字だけでなく平均年齢に着目して見るようにしましょう。

 

仮にですが、40歳で165万円のところと44歳で170万円のところがあった場合、その後の昇給を踏まえれば前者のほうが高い(前者の場合、44歳なら173〜175万円程度が想定)です。

 

データの妥当性(=2016年の数値を用いる妥当性)

今回用いたデータは2016年のボーナス支給額です。

 

ボーナスは「(給料+地域手当+扶養手当)×支給月数」で決まりますが、2016年の支給月数は国家公務員が4.3ヶ月であり、地方公務員も大半の自治体がこれに追随しています。

 

支給月数は毎年変更されるわけですが、過去20年(1999年〜2018年)の支給月数の平均が4.36ヶ月であるため、支給月数が4.3ヶ月である2016年のデータを用いるのが、公務員ボーナスの平均支給額を見る上では最も妥当なものであると考えられます。

 

おわりに

以上、都道府県のボーナス額ランキングでした。

東京や大阪など、基本的には人口が多いところの額が高いです。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

あわせて読みたい

国家・地方公務員の年齢別給与や年収など、「あらゆる公務員の給料データ」をまとめた記事はこちら(多分日本一詳しいです)

 

↓公務員を目指している方はこちらがオススメ(県庁2位入庁の元公務員による試験対策・予備校分析など)

 

↓公務員になりたくて、かつ現在社会人の方はこっち(以下の無料ハンドブックで公務員になるまでの流れが全てわかります)

 

お小遣い稼ぎとか節約をしたいと思っている方向けに、僕が公務員退職後に収入がなくて困っている中(笑)で実践してきたことをまとめた記事です。

特に自己アフィリエイトは、知らない方も多いと思いますがめっちゃ美味しいです。(うさんくさく聞こえてしまうかもしれませんが、1時間もあれば月1万円以上、年間で見れば10万円以上はノーリスクで誰でも簡単に稼げます。

潰しがきかないはずの元公務員が、PC一つで月50万以上稼ぎ、自由を満喫している秘密を無料メルマガで配信中

僕は元公務員ですが、前例踏襲的な仕事が嫌すぎて退職し、現在はPCのみを使った週1〜2回の活動で、安定して月50万円以上を稼げるようになりました。

月収100万を超える月もありますし、このブログは1500万円での買収依頼があったりもしました。

なお、ブログ運営では月間90万PVを記録したりして、そのスキルに基づいてライティングのコンサルタントなどもおこなっています。

 

ビジネス経験なんてまるでゼロ、それこそ潰しのきかないはずの典型的な公務員人生を歩んでいたのですが、そんな僕でも安定月収50万円を稼ぎ、毎日自由に時間を使える充実した生活を送っています。

 

稼ぐために才能なんていりません。

ただやり方を知ってるかどうか、そして行動できるかどうかだけの世界です。(会社勤めをする公務員やサラリーマンよりずっと楽です笑)

きちんとした知識さえ学べれば誰でも稼げるようになります。

 

以下では、僕が公務員を辞めた理由と成果を出すまでの過程、ネットビジネス(ブログ及び動画)で稼ぐためのノウハウや考え方などを、全て無料で公開しています。

潰しのきかない公務員シュンが、退職してたった10ヶ月で公務員時代の収入を超えた方法