公務員になるために必要な勉強時間は?時間をかけてやるべきことは?

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は公務員試験突破に必要な勉強時間にスポットを当てた記事を書いていきます。

 

科目の多い公務員試験ですから、一体いつから公務員の勉強を始めればいいのか?1日当たりではどれくらいの勉強をすればいいのか?という点については皆さん悩まれるところかと思います。

 

また、時間をどれだけかけるかというのは本質ではありませんから、時間をかけて何をやるべきかという点もきっちり押さえておく必要があります。

 

ここでは、全く公務員試験に関係の無い大学の学部出身の僕が、国家1種(総合職)での1次合格および県庁の上位合格を達成するに当たってどれくらい勉強をしたのかという点に触れながら、皆さんにアドバイスが出来ればと思います。

Sponsered Link

公務員試験の勉強時間について

一般的に必要だと言われるのは1500時間(1日4時間で丸1年)

地方上級・国家公務員(一般)試験合格に必要な数字として良く言われるのが、計1,500時間(1日4時間やったとして丸1年)という数字です。

 

これはアテになるのか?

目安にはなると思います。

完全に0(専門試験知識0、教養もほとんど高校までの知識を忘れた)からスタートした場合でも、十分に合格可能でしょう。

 

ただ、結局人次第の部分はある

法学部や経済学部出身者であれば、得意な科目の勉強は省ける、またはすぐに理解出来るのでその分勉強時間は短くて済むでしょうし、本当に一気に集中して短期間(3ヶ月とか)で合格する方もいます。

 

さすがに完全に0の状態から1ヶ月でとかは厳しいと思いますが・・・。

そもそもそういう人はこういうブログは見ないと思います(笑)

 

ただ、合格者の平均という点で考えた場合に、1日4時間で1年くらい勉強するのかーというのは感覚として持っていて間違いは無いかと思います。

 

僕はどれくらい勉強したのか

時間も期間も平均よりは多かったです

僕は上記の平均時間より多く勉強しています

 

大学3年の4月に予備校のLECに入って勉強していましたから、1年と3ヶ月弱くらい勉強した計算になります。

 

当然中だるみで何もしない日もあったり、終盤は10時間以上勉強する日もあったりで、平均値というのは正直良く分からないのですが、感覚としては5〜6時間くらいだったように思います。

 

これをベースに計算すると、予備校の講義を含めトータルで合計2,200〜2,700時間くらいの勉強時間ですね。

 

さすがにこれくらいやれば、全く公務員試験に関係の無い学部出身で完全に0からスタートをしても、国家1種と県庁(地方上級)の1次は十分余裕を持って突破出来ると言ってもいいでしょう。

 

実際にはそこまでやらなくても筆記は受かります

実際には、単純に筆記突破をするということで考えた場合、2500時間とかまでやる必要は全くありません。

 

実際、僕も1月とか2月の段階で筆記を絶対に通る確信がありましたが、出来るだけ高得点を取るべく試験本番(6月)まで勉強を続けていました

 

僕の場合、大学2年の段階から「絶対に県庁しかない!」と決めていて、民間も含めて併願をするつもりが全くなかったため、絶対に落ちないよう万全を期した(筆記は上位で通ることを目標にしていた)結果として上のような時間になったということです。

 

また、以下リンクでも書いていますが、筆記で高得点を取ることが、2次の面接以降にかなり響くという仮説を立てていたこととも関連しています。

関連:公務員試験の面接対策!大幅加点間違い無しの簡単にできる秘策とは?

 

(以下少し余談になります)

ただ、今になって思うのは、それくらいの覚悟と情熱を持って勉強に取り組んでも損はしないということですね。

 

たかが試験と言えばそれまでですが、自分で大きな目標を立ててやり遂げたという、生涯に残るかけがえのない自信がつきます。

 

私自身、単願という追い込んだ状況で、県庁最終合格(しかも上位で)という目標を達成でき、それなりの倍率である国家1種の1次も通ったということもあって、「まあ、今後もいざとなれば何でも出来るだろう」という自信を得ることができました。

 

そして、結構これが県庁生活で役に立ったところがあります。

(また、今後の人生でも大いに役に立つと確信しています)

 

折角の機会ですから、首席で合格するんだ!くらいの気合いで取り組んでみるのも一つの良い人生経験になるかもしれませんね。

Sponsered Link

重要なのは問題集を繰り返すこと!

「勉強時間の大半は具体的に何をやっていたのか?」

勉強時間うんぬんよりも重要なのはこれです。

 

結論: 徹底的に問題集を繰り返しました!

 

特に、主要科目である「憲法、民法、行政法、経済原論、数的処理」の問題集は4〜5回は繰り返しました。

5択のうち、他の4択は何故間違いなのかをしっかり説明出来るレベルになるようにしましたね。

 

残りは、優先順位(配点)に応じ、3回解いたものもありますし(財政学など)、1〜2回くらいしか解かなかったものもあります。

 

独学か予備校かと聞かれれば、僕は予備校派なのですが、一方で、公務員試験対策と言えば問題集を繰り返すのが王道であり、それに尽きるというところがあります。

 

もし僕が予備校で講義を受けた後、テキストの内容ばかり復習し、問題集を1回くらいしか解いていなければ100%落ちていた自信があります。

 

その逆で、予備校に行かなくても問題集を繰り返せば合格できます。

ネット上でも独学の合格者の体験談を多く見ることができますが、皆さんとにかく問題集を繰り返すことに力点を置いているという大きな共通点があります。

 

<予備校に関する補足>

僕は予備校に通って講義を受けていたため、自力で内容を理解しながら問題集を解いていく方法に比べればずっとスムーズに学習が進んだのは間違いないです。

また、予備校に通うことで勉強せざるを得ない環境になることや、問題集・参考書を選ぶ時間の大幅省略が出来るというメリットも大きく、僕自身は予備校を推しています。

関連:公務員試験の勉強はどうすればいい?ズバリ予備校か独学か

関連:公務員試験突破のための勉強方法!僕が予備校をおすすめする3つの理由とは?

 

使った教材は予備校で貰った参考書と問題集だけ

使った教材は、予備校で貰った講義用の参考書と問題集だけです。

 

僕の勉強の流れとしては、以下の通りでした。

 

1 予備校で参考書に基づき講義を受ける

2 家に帰り(もしくは帰りの電車内で)、講師が重要と言ったポイントのみ参考書に目を通して復習

3 講義に対応する部分の問題集を解く

4 1〜3を繰り返し、1つの科目(例えば憲法)の講義が完全に終了したら(この時点で問題集も1周していることになる)、以降は問題集のみを繰り返す

※予習は一切していません

 

なお、勉強を進めていく上で最もやるべきではなかったと思うのは、ネットで他の方の勉強法を見ることでした。

 

「憲法の○○という本は当然抑えておくべき」とかいう話を見つけたりして、ヤバい、この勉強のやり方じゃまだまだ足りないのかもしれないとか焦ったりしていましたが、結果的に予備校で貰った問題集をやり込んだだけで上位合格出来たわけなので、本当に意味の無い(というより不安に思うだけマイナスの)時間でしたね。

 

自分が取り組む参考書や問題集を決めたら、とにかくそれに絞って、他の意見には惑わされず一点集中で取り組むというのが合格への最短ルートだということは強く言っておきたいと思います。

Sponsered Link

僕が経験していないケースについて

独学の場合は?

上でも触れた通り、合格に向けてはとにかく何度も問題集を解くことが王道です。

 

とは言え、全く基礎知識が無いまま問題ばかり解くのも辛いものがあるかと思います。

 

僕なら、過去問と解説がセットになっているもの(スーパー過去問ゼミやQuickMasterなど)をどちらか同じ種類で全科目分揃えて、それだけを延々とやります。

 

市役所や技術職の場合は?

市役所職員である妻は勉強0(教養試験のみの市役所)です。

民間を併願していたため、その中でSPI対策をやった程度のみ)

 

県庁同期の薬剤師も勉強0でした。

大学の勉強はかなり真面目にやっていたようで、専門試験はそれなりの点数が取れたとのこと。一方、教養は4〜5割程度しか取れなかったようです)

 

市役所(教養のみ)の場合は、センター試験レベルですから、センター試験の内容をしっかり記憶している人はそれで対応出来てしまう部分があるかもしれません。

 

妻も国立に受かっていますし、しかも記憶力が良い(少なくとも僕よりは圧倒的に良い)ので大丈夫だったのかもしれませんが、基本的には問題集を解いて勉強したほうが良いでしょう。

特に数的処理については、高校までに習う内容と全く毛色が違いますしね。

 

とにかく原則は問題集を繰り返すことです。

 

薬剤師の場合は、そもそも受験者数が少ないというのもあります。

獣医師なんかもそうですね。

行政職とは同列に比べられないかなというところですね。

 

まとめ

・地方上級・国家公務員(一般職)を受けるに当たり、合計1,500時間(1日4時間で丸1年)という勉強時間は一定の目安になる
(→0から勉強を始めたとして十分に合格できる)

・時間うんぬんよりも、どれだけ問題集を繰り返したかがポイント

・特にメイン科目である「憲法、民法、行政法、経済原論、数的処理」は最低3回は解きましょう。

 

以上、今回は、公務員試験に向けて必要な勉強時間をテーマに取り上げました。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

こちらの記事もおすすめです

【保存版】絶対受かる公務員試験の勉強法!本質さえ押さえれば楽勝

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です