公務員になるために必要な勉強時間は?時間をかけてやるべきことは?

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、公務員試験突破に必要な勉強時間がテーマです。

 

公務員試験(特に専門科目のある国家一般や地方上級など)は科目が非常に多いですから、一体いつから公務員の勉強を始めればいいのか?1日当たりどれくらいの勉強をすればいいのか?という点について皆さん悩まれるところかと思います。

 

また、ただ時間をかければ良いという話でもなく、具体的に何に時間をかけるべきなのかという点もきっちり押さえておく必要があります。

 

以下では、公務員試験に全く関係無い学部出身の僕が、0スタートから国家1種(総合職)1次合格および県庁の2位合格を達成するに当たりどれくらい勉強したのかという点も踏まえて書いていきます。

Sponsered Link

公務員試験の勉強時間について

専門試験ありの場合、一般的に言われるのは1000〜1500時間(1日3〜4時間で丸1年)

専門試験のある、地方上級や国家公務員一般職の合格に必要な数字として言われるのが、計1000〜1500時間(1日3〜4時間やったとして丸1年)という数字です。

 

この数字はアテになるのか?

一つの目安にはなると思います。

完全に0(専門試験知識0、教養もほとんど高校までの知識を忘れた)からスタートした場合でも、十分に合格可能でしょう。

シュン
もっと短くても済むかもしれませんが、間に合わないくらいなら、早く始めたほうがずっといいです

 

結局その人次第のところがある

法学部や経済学部出身者であれば、関連科目の勉強が省けたり、理解が早いので勉強時間が短くて済んだりするでしょう。

 

その上、教養試験にアドバンテージのある国立大出身者であれば、短期(例えば3ヶ月など)で合格することも十分可能であると思います。

→結構詰めてやる感じになるとは思いますが。

 

教養のみの試験であればもっと時間は短縮できる(→500~1000時間)

市役所の場合、教養試験のみというところも多いです。(警察や消防も同様)

この場合、専門試験があるところに比べて勉強時間は圧倒的に短くて済みます。

 

こちらの場合に言われる勉強時間は、500~1000時間程度といったところですね。

 

ただ、教養のみの場合は、センター試験時の能力に強く依存しますので、旧帝大とか上位国立大なら1ヶ月とかで楽に受かってしまう方もいるでしょう。

 

地方上級などと比べ、より個人の状況に応じて勉強時間が左右される試験だと言えます。

 

僕はどれくらい勉強したか

僕はトータル2200〜2700時間程度勉強した

僕の場合、大学3年の4月に予備校のLECに入って勉強しましたので、期間は1年と3ヶ月弱くらい勉強しています。

だらけて何もしない日もあったり、終盤は10時間以上勉強する日もあったりで、1日の平均勉強時間はよく分からないのですが、感覚としてはだいたい5〜6時間くらいだったように思います。

 

これをベースに計算すると、トータル2200〜2700時間くらい(予備校の講義を含む)の勉強時間ですね。

 

僕の経験に当てはめると、これだけ勉強すれば、私立文系かつ全く公務員試験に関係の無い学部で完全に0から勉強をスタートをしても、国家1種や地方上級の1次は十分な余裕を持って突破できると言ってもいいでしょう。

 

実際はそんなにやらなくても筆記は受かります

単に筆記突破をするということで考えた場合、僕のように2000時間以上もやる必要はありません。

教養で6割、専門で7割というのが1次突破のラインであり、トータル8割とか9割とかを狙う必要はないわけです。

 

実際、僕も1月くらいの段階で筆記は余裕で通る確信がありましたが、出来るだけ高得点を取るべく試験本番(6月)まで勉強を続けたというのが実態です。

 

僕の場合、大学2年の段階から「絶対に県庁しかない!」と決めていて、民間も含めて併願をするつもりが全くなかったため、絶対落ちないよう万全を期した(筆記は上位で通ることを目標にしていた)結果として上のような時間になったということです。

 

少し長めの余談

一方、それくらいの覚悟と情熱を持って勉強に取り組んでも損はしないと思います。

たかが公務員試験と言えばそれまでですが、自分で大きな目標を立ててやり遂げたという、生涯に残るかけがえのない自信がつきます。

 

僕自身、単願という追い込んだ状況で、県庁最終合格(しかも2位で)という目標を達成でき、かなりの倍率である国家1種の1次も通ったということもあって「今後もいざとなれば何でも出来るだろう」という自信を得ることができました。

 

結構これは県庁生活で役に立ったところがあります。(今後の人生でも大いに役に立つと確信しています)

 

折角の機会ですから、首席で合格するんだ!くらいの気合いで取り組んでみるのも一つの良い経験になるかもしれません。

Sponsered Link

時間をかけてやるべきことは問題集の繰り返し!

公務員試験の本質は問題集の繰り返しが全て

「勉強時間の大半は具体的に何をやっていたのか?」

勉強時間うんぬんよりも重要なのはこれです。

 

結論: 徹底的に問題集を繰り返しました!

 

特に、主要科目である「憲法・民法・行政法・経済原論・数的処理」の問題集は4〜5回繰り返しました。

5択のうち、他の4択が何故間違いの選択肢なのかをきっちり説明出来るレベルになるようにしましたね。

 

その他の科目は、配点に応じ、3回解いたものもありますし(財政学など)、1〜2回くらいしか解かなかったものもあります。

 

公務員試験対策と言えば問題集を繰り返すのが王道であり、それに尽きます。

 

僕は予備校に通ったわけですが、予備校で講義を受けた後、テキストの内容ばかり復習して問題集を1回しか解いていなかったなら100%落ちていたでしょう。

 

逆に言えば、予備校に行かなくても問題集を繰り返せば十分合格できるということです。

→ネット上でも独学の合格者の体験談を多く見ることができますが、皆さんとにかく問題集を繰り返すことに力点を置いているという大きな共通点があります。

 

それならなぜ予備校に行くのか?

予備校で講義を受けて内容を理解してから問題集を解く流れであったため、自力で一から問題集を解くやり方に比べればずっとスムーズに学習が進んだのは間違いないです。(勉強のリズムも形成しやすいです)

 

また、予備校に通うことで勉強せざるを得ない環境になることや、問題集・参考書を選ぶ時間の大幅省略が出来るというメリットが非常に大きい(特に、環境を変えるというのは超重要なポイントです)ため、僕は予備校派です。

 

↓なお、大手予備校の費用や特徴比較、予備校のメリットやデメリット解説などはこちらの記事にまとめています。

【公務員予備校まとめ】試験種類別の費用比較、通うメリット、おすすめの選び方など、これを見れば完璧!

2018.10.15

 

勉強に使った教材は、予備校の参考書と問題集だけ

僕が使った教材は、予備校で貰った講義用の参考書と問題集だけです。

 

なお、勉強の流れは以下の通りです。

  1. 予備校で参考書に基づき講義を受ける
  2. 家に帰り(もしくは帰りの電車内で)、講師が重要と言ったポイントのみ参考書に目を通して復習
  3. 講義に対応する部分の問題集を解く
  4. 1〜3を繰り返し、1つの科目(例えば憲法)の講義が完全に終了したら(この時点で問題集も1周していることになる)、以降は問題集のみを繰り返す

※予習は一切せず

 

やり方を決めたら、他の人のやり方は無視せよ

僕の失敗談として、最もやるべきでなかったと思うのは、勉強途中にネットなどで他の方の勉強法を見ること(合格体験記などを読むのも同様)でした。

 

「憲法の○○という本は当然抑えておくべき」とかいう話を見つけたりして、ヤバい、この勉強のやり方じゃまだまだ足りないのかもしれないとか焦ったりしていました。

結果的には予備校で貰った問題集をやるだけで余裕で合格できたので、本当に無駄な(不安に思うだけマイナスの)時間でしたね。

 

自分が取り組む参考書や問題集を決めたら、そこに絞って他の意見には惑わされずに一点集中で取り組むというのが合格への最短ルートだということは強く言っておきます。

→これはどんなことでもそうです。教わる人とか、やるべきものは出来るだけ絞ったほうが圧倒的に効果的です。

Sponsered Link

【補足】僕が経験していないケースについて

独学の場合、僕ならどうするか?

既に触れた通り、合格のためにはとにかく何度も問題集を解くことが王道です。

とは言っても、全く基礎知識が無いままで問題ばかり解くのも辛いものがあるかと思います。

 

僕の場合なら、過去問と解説がセットになっているもの(スーパー過去問ゼミやQuickMasterなど)をどちらか同じ種類で全科目分揃えて、それだけを延々とやります。

 

市役所や技術職の場合

僕の妻は市役所(教養試験のみの市役所)職員なのですが、なんと勉強0で受かっています。

→民間を併願していたため、その中でSPI対策をやったのみ。

 

仲の良かった同期の薬剤師(技術職)も勉強0でした。

→大学の勉強はかなり真面目にやっていたようで、専門試験は6〜7割くらい取れてましたが、教養は4〜5割程度でした。

 

市役所(教養のみ)の場合、センター試験の内容をしっかり覚えている人はそれで対応できてしまう部分があるのだと思います。

妻は国立(結構偏差値の高いとこです)に受かっており、やけに(笑)記憶力が良いので大丈夫だったのかもしれませんが、基本的には問題集を解いて勉強したほうが良いでしょう。

特に数的処理については、高校までに習う内容と全く毛色が違いますし。

 

薬剤師の場合は、そもそも受験者数が少ないというのもあります。

獣医師なんかもそうですね。

行政職とは同列に比べられないかなというところです。

 

どちらにしても、だから勉強しなくて良いですよとは全く言えません。

あくまで一例を取り上げました。

とにかく原則として持っておくべきなのは「問題集を繰り返す」ということです。

 

まとめ

  • 地方上級・国家公務員(一般職)を受ける場合、合計1000〜1500時間(1日3〜4時間で丸1年)の勉強時間というのが一つの目安(→0から勉強を始めたとして十分に合格可)
  • 教養試験のみの市役所や警察、消防などの場合500〜1000時間が目安
  • 時間うんぬんよりも、どれだけ問題集を繰り返したかがポイント。
  • 専門試験があるところの場合、「憲法、民法、行政法、経済原論、数的処理」は3回問題集を解くと合格がグッと近づきます。

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>当ブログの公務員試験対策(筆記・面接)をまとめた記事はこちらです。

【公務員試験対策まとめ】元県庁職員が筆記・面接対策などを徹底解説!

2018.12.23

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です