薬剤師の年収や給料は?平均年収500~600万、管理薬剤師なら1000万も狙える!

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、薬剤師の給料や年収がテーマです。

 

厚労省の最新の統計資料(医療経済実態調査・賃金構造基本統計調査)を元にして、

  • 病院に勤務する薬剤師の給料・ボーナス・年収
  • 薬局に勤務する管理薬剤師及び薬剤師の給料・ボーナス・年収

  • 公立病院勤務および民間薬剤師の年齢別年収

についてまとめました。

Sponsered Link

病院における薬剤師の年収

病院勤務薬剤師の給料・ボーナス・年収

形態 給料年額 ボーナス年額 年収
国立 4,549,374円 1,343,835円 5,893,209円
公立 4,703,307円 1,367,516円 6,070,824円
公的 4,546,220円 1,273,523円 5,819,743円
社会保険関係法人 4,764,948円 1,449,215円 6,214,163円
医療法人 4,265,904円 829,594円 5,095,498円
その他(学校法人等) 4,468,678円 972,541円 5,441,219円

厚労省:平成29年医療経済実態調査より。以下同じ。

 

公立系では年収600万前後、民間医療法人だと若干低く510万程度ですね。

 

保険薬局における薬剤師の年収

薬局勤務の薬剤師の給料・ボーナス・年収

種類 給料年額 ボーナス年額 年収
管理薬剤師 6,858,125円 808,671円 7,666,796円
薬剤師 4,401,174円 614,577円 5,015,751円

 

管理薬剤師になると年収はかなり高くなることが分かります。

 

【店舗数別】薬局勤務の薬剤師の給料・ボーナス・年収

上記の数字は全体平均の数字ですが、薬局の店舗数(個人薬局なのか、大きな民間企業の薬局なのか)によっても年収は大きく異なります。

店舗数別の年収は以下です。

 

【1店舗】

種類 給料年額 ボーナス年額 年収
管理薬剤師 9,602,995円 475,652円 10,078,647円
薬剤師 4,412,737円 417,919円 4,830,656円

 

【2~5店舗】

種類 給料年額 ボーナス年額 年収
管理薬剤師 7,989,833円 516,517円 8,506,350円
薬剤師 4,832,376円 491,901円 5,324,277円

 

【6~19店舗】

種類 給料年額 ボーナス年額 年収
管理薬剤師 6,347,968円 852,900円 7,200,868円
薬剤師 4,323,626円 518,031円 4,841,657円

 

【20店舗以上】

種類 給料年額 ボーナス年額 年収
管理薬剤師 5,444,494円 1,200,067円 6,644,561円
薬剤師 4,022,390円 791,049円 4,813,439円

 

1店舗の管理薬剤師だと1000万プレーヤーですね。

 

管理薬剤師以外の場合、病院勤務のほうが年収が高いという結果になりました。

Sponsered Link

薬剤師(公立および民間)の年齢別年収について

薬剤師(公立病院および民間)の年齢別年収については以下の通りです。

 

公立病院勤務薬剤師の年齢別年収額

24~26歳 4,055,971円
27~30歳 4,620,787円
31~33歳 4,903,799円
34~38歳 5,460,157円
39~43歳 5,953,417円
44~48歳 6,437,119円
49~53歳 6,663,002円
54~59歳 7,073,695円

※総務省:平成29年4月1日地方公務員給与実態調査と人事院:平成29年国家公務員給与等実態調査を元に独自推計。

 

民間薬剤師(企業規模10人以上、男性)の年齢別年収

25~29歳 4,659,800円
30~34歳 5,756,100円
35~39歳 6,578,500円
40~44歳 7,247,900円
45~49歳 6,833,800円
50~54歳 6,641,100円
55~59歳 5,851,900円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より。以下同じ。

 

民間薬剤師(企業規模10人以上、女性)の年齢別年収

25~29歳 4,759,000円
30~34歳 4,947,600円
35~39歳 5,378,100円
40~44歳 5,572,300円
45~49歳 5,878,800円
50~54歳 5,930,700円
55~59歳 6,162,600円

 

全体的に高水準で安定をしているというのがよく分かります。

 

まとめ

  • 病院勤務薬剤師の年収について 
    • 公立系病院の年収は約600万円
    • 医療法人病院の年収は約510万円
  • 薬局薬剤師の年収について
    • 管理薬剤師の年収は約770万円
    • 薬剤師の年収は約500万円

以上、薬剤師のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

年齢別年収を見ると分かりますが、年齢による年収差は比較的少なく、全体的に高い位置で安定しています。

 

一方で、1000万円以上の年収を目指すとなると、少数店舗薬局の管理薬剤師や製薬会社のMRといったところに限られてきます。

大きく稼げる方についてはかなり限定されるという感じですね。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員薬剤師に関して、年齢別の年収や生涯年収等をまとめたこちらの記事もオススメです。

【公務員薬剤師の給料】年収・ボーナス・民間との比較など全てまとめました。

2018.04.27

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です