看護師の給料や年収は?病院の年収は450~550万、診療所は360~400万程度。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、看護師の給料・年収がテーマです。

 

厚労省の最新の統計資料を元にして、

  • 病院勤務看護師の給料、ボーナス、年収
  • 診療所勤務看護師の給料、ボーナス、年収

  • 公立および民間勤務看護師の年齢別年収

についてまとめました。

 

(参考)公立病院に勤務する看護師に特化して生涯年収等を詳しく分析した記事や、その他各医療関係者の給料に関してまとめた記事が気になる方は別途ご覧ください↓

医療関係者の給料・年収まとめ!医師・看護師・薬剤師などこれを見れば完璧!

2018.10.23
Sponsered Link

看護師(病院勤務)の給料・年収

病院勤務看護師の給料・年収

形態給料年額(手当含)ボーナス年額年収
国立4,153,911円1,140,178円5,294,090円
公立4,342,423円1,226,290円5,568,713円
公的4,014,062円1,101,033円5,115,095円
社会保険関係法人4,280,311円1,202,336円5,482,647円
医療法人3,784,807円767,210円4,552,017円
その他(学校法人等)3,805,980円864,836円4,670,816円

厚労省:平成29年医療経済実態調査より。以下同じ。

 

国立・公立などの公的な病院のほうが、いわゆる一般的な民間病院(医療法人)に比べて給料が大幅に高いということが分かります。

 

なお、手取りは表の数字のざっくり80%くらいと考えておけばOK(以下同じ)です。

 

看護師(診療所勤務)の給料・年収

診療所勤務看護師の給料・年収

入院診療収益あり

形態給料年額ボーナス年額年収
個人3,472,742円462,222円3,934,964円
医療法人3,346,536円743,889円4,090,424円
その他(公立診療所など)3,602,863円1,109,021円4,711,884円

 

入院診療収益無し

形態給料年額ボーナス年額年収
個人2,993,499円666,239円3,659,738円
医療法人3,205,813円637,569円3,843,382円
その他(公立診療所など)3,994,844円926,653円4,921,497円

 

診療所の多数を占めるのは個人(医療法人含)の開業医ということになりますが、ここで勤務する場合、病院に比べて給料やボーナスは大幅に少なくなります。

病院の形態により近い、入院設備のある診療所のほうが高いお給料ですが、それでも病院と比べると乖離があります。

Sponsered Link

看護師(公立病院および民間)の年齢別年収について

看護師(公立病院勤務および民間勤務)の年齢別年収については以下の通りです。

 

公立病院勤務の看護師(地方公務員看護師)の年齢別年収額

21~23歳3,910,462円
24~27歳4,731,610円
28~30歳5,013,927円
31~35歳5,278,496円
36~40歳5,751,779円
41~45歳6,130,931円
46~50歳6,481,380円
51~55歳6,647,439円
56~59歳6,722,481円

※総務省:平成29年4月1日地方公務員給与実態調査と人事院:平成29年国家公務員給与等実態調査を元に独自推計。

 

民間(企業規模10人以上)勤務看護師(男性)の年齢別年収

20~24歳3,744,000円
25~29歳4,603,000円
30~34歳4,886,000円
35~39歳5,156,000円
40~44歳5,237,000円
45~49歳5,336,000円
50~54歳5,854,000円
55~59歳6,152,000円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より。以下同じ。

 

民間(企業規模10人以上)勤務看護師(女性)の年齢別年収

20~24歳3,890,000円
25~29歳4,562,000円
30~34歳4,657,000円
35~39歳4,804,000円
40~44歳5,048,000円
45~49歳5,162,000円
50~54歳5,299,000円
55~59歳5,281,000円

 

民間(企業規模10人以上)勤務准看護師(女性)の年齢別年収

20~24歳2,900,000円
25~29歳3,335,000円
30~34歳3,592,000円
35~39歳3,757,000円
40~44歳4,029,000円
45~49歳4,089,000円
50~54歳4,357,000円
55~59歳4,422,000円

 

公立病院勤務の公務員看護師の額が高いのは一番上でも書いた通りです。

 

民間の場合、男女の年収差はさほどありませんが、看護師と准看護師の間の年収差は非常に大きい(同年代で100万円近く異なる)ですね。

 

まとめ

  • 病院勤務の看護師の給料や年収について 
    • 公立系の病院(国立・公立・公的・社会保険関係法人)の給料(手当含)年額は約400〜430万円。ボーナスを含めた年収は約510~560万円。
    • 民間の病院の給料(手当含)年額は約380万円。ボーナスを含めた年収は約460万円。
  • 診療所勤務の看護師の給料や年収について
    • 入院設備ありの診療所の給料(手当含)年額は約330~350万円。ボーナスを含めた年収は約390~410万円。
    • 入院設備なしの診療所の給料(手当含)年額は約300~320万円。ボーナスを含めた年収は約360~380万円。

以上、看護師のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

国立・公立など、公的な病院の待遇の良さが目立ちますね。

(一方、公立系の場合はそこまで病院ごとの乖離は無いでしょうが、民間の場合はかなりピンキリだと思われます)

 

病院と診療所の給料差については、あくまで僕のイメージですが、激務具合は圧倒的に病院のほうが上なのかなと思いますので、この差はある程度妥当なものなのかなという印象を受けました。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公立病院に勤務する看護師の年齢別月収・年収や生涯年収等をまとめたこちらの記事もオススメです。

【公務員看護師の給料】年収・ボーナス・民間との比較など全てまとめました。

2018.05.05

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です