看護師(公務員)の2018冬のボーナス額を年齢別に算出!昨年に比べ2万円増です!

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「看護師(国家公務員・地方公務員)の2018年冬のボーナス」がテーマです。

人事院と総務省の最新の統計資料と2018年8月に行われた人事院勧告のボーナス改定をベースに、国家公務員看護師(刑務所やハンセン病療養所に勤める看護師)や公立病院に勤務する地方公務員看護師の2018冬のボーナス金額を推計しました。

 

  • 公務員看護師の2018年冬のボーナス支給日は?
  • 2018年冬のボーナスは2017に比べていくらくらい増える?
  • 2018年冬のボーナス支給平均額はいくら?年齢別で見るとどうなる?
  • 公務員看護師のボーナスは民間の看護師と比べて高い?低い?

といった点が気になる方はぜひご覧ください。

 

なお、医師等、他の職種の2018冬ボーナスについてまとめた記事はこちらです。

公務員のボーナス(2018冬)まとめ!年齢別、職種別、民間との金額比較などコレで全て分かります。

2018.08.30

Sponsered Link

看護師(公務員)の2018年冬のボーナス支給日 

まず、2018年冬のボーナス支給日は以下の通りです。

 

看護師の2018年冬のボーナス支給日 12月10日(月)

 

国家公務員も地方公務員も基本的には同じ支給日です。

地方の場合、自治体によっては若干ズレがあるかもしれませんが、ほとんどのところがこの日に支給されます。

 

看護師(公務員)の2018年冬のボーナスはどれくらい増えるのか? 

国・地方とも、2017年に比べて2万円程度増える見込み

先日人事院勧告が行われ、国家公務員のボーナスが増額改定されました。(年間支給月数を4.4から4.45月へと0.05月分増

 

地方公務員の場合はこれから人事委員会勧告を行って決まることになりますが、基本的には国と同じ方針ですので、国と同様に年間で0.05月分の増が想定されます。

 

2018年に関しては、この0.05月分が全て冬のボーナスに上乗せされます。(具体的に言えば、2018年冬は2.325月分の支給です)

金額で言えば概ね2万円程度の増額(国も地方も)です。

 

看護師(公務員)の2018年冬のボーナス額は?

以下、国家公務員看護師と地方公務員看護師に分けて、それぞれ具体的なボーナス額を算出していきます。

 

看護師(国家公務員)の2018年冬のボーナス額は?

まずは、主に刑務所やハンセン病療養所で勤務する国家公務員看護師のボーナス額です。

看護師(国家公務員)の2018年冬のボーナス平均支給額

774,792円(平均年齢46.9歳)

 

看護師(国家公務員)の2018年冬のボーナス年齢別支給額

21~23歳 555,246円
24~27歳 631,718円
28~30歳 661,297円
31~35歳 691,123円
36~40歳 752,433円
41~45歳 796,343円
46~50歳 839,537円
51~55歳 862,440円
56~59歳 854,889円

※人事院「平成29年国家公務員給与等実態調査」を活用して算出。

 

計算内訳は、

(給料+地域手当17,719円(全体平均額)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.325月

※扶養者がいる場合は2〜3万円程度(人によってはそれ以上)高くなると想定

です。

Sponsered Link

看護師(地方公務員)の2018年冬のボーナス額は?

次に主に公立病院に勤務する地方公務員看護師のボーナス額です。

看護師(地方公務員)の2018年冬のボーナス平均支給額

736,725円(平均年齢40.3歳)

 

看護師(地方公務員)の2018年冬のボーナス年齢別支給額

21~23歳 518,467円
24~27歳 609,034円
28~30歳 634,225円
31~35歳 660,699円
36~40歳 720,838円
41~45歳 765,142円
46~50歳 809,497円
51~55歳 833,168円
56~59歳 844,683円

※総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」を活用して算出。

 

計算内訳は、

(給料+地域手当14,769円(全体平均額)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.325月

※扶養者がいる場合は2〜3万円程度(人によってはそれ以上)高くなると想定

です。

 

公務員看護師のボーナスは民間看護師のボーナスと比べて高い?低い?

公務員看護師の冬のボーナス額を民間看護師の冬のボーナス額と比較してみます。

 

<2018年冬のボーナス額比較>

看護師(国家公務員)平均:774,792円(平均年齢46.9歳)

看護師(地方公務員)平均:736,725円(平均年齢40.3歳)


民間看護師(企業規模10人以上):平均:417,900円(平均年齢39.3歳)

民間准看護師(企業規模10人以上):平均:343,400円(平均年齢49.0歳)

民間看護師(企業規模1000人以上):平均:478,400円(平均年齢35.1歳)

民間准看護師(企業規模1000人以上):平均:356,600円(平均年齢48.3歳)

民間看護師(企業規模100~999人):平均:390,300円(平均年齢40.4歳)

民間准看護師(企業規模100~999人):平均:349,800円(平均年齢48.9歳)

民間看護師(企業規模10~99人):平均:333,800円(平均年齢47.8歳)

民間准看護師(企業規模10~99人):平均:326,200円(平均年齢49.5歳)

※民間看護師については厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」を活用して算出

 

民間と比べるとボーナス額は圧倒的に高い(倍近い)ですね。

 

まとめ(2018年冬のボーナスは昨年に比べて2万円程度増)

  • 2018冬のボーナス支給日は12月10日(月)
  • 2017年冬のボーナスに比べ2万円程度の増額が想定
  • 看護師(国家公務員)の2018年冬のボーナス支給予想額は774,792円(平均年齢46.9歳)
  • 看護師(地方公務員)の2018年冬のボーナス支給予想額は736,725円(平均年齢40.3歳)

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員看護師の給与・年収・生涯収入等をまとめた記事はこちらです。

【公務員看護師の給料】年収・ボーナス・民間との比較など全てまとめました。

2018.05.05

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です