川内優輝が公務員辞めてプロ転向?でも賢いと思う。ところで退職金いくら?

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

ボストンマラソンを31年ぶりに制覇するという偉業を成し遂げた現役埼玉県庁職員の川内優輝選手が、公務員を辞めてプロに転向するというニュースが入ってきました。

 

公務員ということでこのブログで取り上げたのに・・・(笑)

 

ということで、その内容について書いていきます。

Sponsered Link

来年4月から公務員を辞めてプロに転向

以下、NHKニュースより引用です。

アメリカで行われた伝統のボストン・マラソンで日本選手として31年ぶりの優勝を果たし、「公務員ランナー」として知られる川内優輝選手が、来年4月からプロのランナーとして活動していくことを宣言しました。

31歳の川内選手は、埼玉県庁に勤める「公務員ランナー」として知られ、今月16日に行われたボストン・マラソンでは悪天候の中、持ち味の粘り強さを発揮し、日本選手として1987年の大会の瀬古利彦さん以来、31年ぶりの優勝を果たしました。
川内選手は19日午後、大会が行われたアメリカから帰国し、成田空港で報道陣の取材に応じました。
この中で、川内選手は「日の丸がボストンの空に揚がるのを見て、あれほど素晴らしい光景はなく、本当にうれしくて言葉にならなかった」と優勝の喜びを話しました。
その上で「これまで公務員と両立しながらやってきたが、今の環境を変えなければ自己ベストを更新することもできない。日本人として世界の強豪とマラソンで戦いたい」と話し、今年度いっぱいで公務員を辞め、来年4月からプロのランナーとして活動していくことを宣言しました。

引用元 NHK NEWS WEB 公務員ランナー川内選手がプロへ(http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180419/0010690.html

 

前回、川内選手について書いた記事(公務員ランナー川内優輝選手の職場は?県庁の中で最も楽勝な仕事?)の中で、川内選手の将来(世界で通用しなくなったら埼玉県庁での異動はどうなるのか?)として以下の通り書きました。

 

はっきり言って、僕が川内選手の立場ならさっさと辞めて、講演とか出版とかCM出演とかの日々を送りますね(笑)

もうそれで余裕で食っていけるレベルだと思います。

 

今回、世界と戦うために環境を変えるということで、趣旨は異なりますが、辞めるという点については残念ながら現実になってしまいました・・・。

 

なお、同僚にこっそりとは話しているものの、オフィシャルではきっちり県庁に話をしてないらしいです(笑)

いやーいいですねー型破りで。

埼玉県の人事課はすごく嫌がってるでしょう(笑)

 

東京五輪を狙うのか?

日本代表としては引退宣言をした川内選手ですが、記事の中の「日本人として世界と戦いたい」というコメントを見ると、オリンピックや世界選手権など、日本代表として参加する大会も目指していくのではないかなというように思いました。

 

でも、それくらいボストンに勝つっていうのは凄いことですからね。

 

とは言え、条件面に恵まれた(他の選手にとっては最悪の条件でしたが)という点は否めず、おそらく現状のままでは、五輪や世界選手権では入賞争いといったところではないかと僕は見ています。

 

高校事務は暇なので練習時間も取れるのだろうと前回記事では書きましたが、今後世界レベルの大会で一層の活躍を狙うためにも、完全にマラソンに集中できる環境に移るというのは非常に賢明かつ妥当な判断であると思います。

 

決断(他を捨てて)して集中することが成功の秘訣ですしね。

(もちろん、現時点で圧倒的に成功していますが)

Sponsered Link

県庁の退職金ってどれくらい?

最後に、県庁の退職金はいくらくらい貰えるのか?という話です。

 

直近の総務省のデータによれば、地方公務員の定年退職者の退職金平均支給額は2290万円ですが、当然まだ若手の川内選手はこんなに貰えません。

 

ではいくらくらいかと言えば、川内選手は現在県庁10年目ですので、おそらく200万弱の退職金が貰えると思われます。

(ちなみに僕は10年目の途中で辞めましたが約120万円でした。確か10年やり切ると調整額というのが貰えて200万近くになるはずです)

 

ぶっちゃけ、ボストンの賞金が1600万ですからどうでもいいでしょう(笑)

 

というか、プロになれば彼はお金には困らないと思います。

 

おわりに

公務員ランナーでなくなってしまうというのは、彼のファンという立場からすれば寂しい気もしますが、捨てなければ新しいものは入ってこないというのが人生の原則ですからね。

 

本当に素晴らしい決断だと思います。

 

今後、市民ランナーなのに頑張ってるなーという見方は無くなるので、厳しさに晒される部分もあると思いますが、それを跳ねのけて飛躍していく根性が川内選手にはあると思います。

今後の川内選手が一層楽しみです!

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>こちらの記事もオススメです。

公務員ランナー川内優輝選手の職場は?県庁の中で最も楽勝な仕事?

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です