地方上級試験の科目や難易度は?合格するための対策と勉強について!

こんにちは、shunです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

さて、今回は地方上級試験の筆記科目や配点および対策がテーマです。

 

それなりに長期間の勉強が必要な公務員試験と言えば、だいたいこの地方上級か国家一般(総合は1段階上)を指すのが一般的です。

 

僕自身、県庁(地方上級)に合格していますから、その経験も踏まえながら記事を書いていきます。

Sponsered Link

地方上級試験の科目と配点

全体像→まずは自分の受けるところの区分を確認せよ

事務系の地方上級試験には以下の通りいくつかの区分があります。

 

・地方上級(全国型)

・地方上級(関東型)

・地方上級(中部・北陸型)

・東京都1類B(一般方式)

・特別区1類

 

道府県及び指定都市は上の3つの区分(独自の形式を取っているところもあり)、都は東京都1類、特別区は特別区1類です。

 

この区分ごとに科目数や科目ごとの問題数などが微妙に異なります。

 

例えば、

地方上級(関東型)の教養試験は必須回答と選択回答に問題が分かれていて、計50問中40問を回答。

地方上級(全国型)の教養試験は全50問必須回答。

 

地方上級(関東型)の専門試験における民法の問題数は6問あり、しかも選択可能(50問中40問回答すればいいので、最悪民法を捨てても他でカバーすればOK)

地方上級(全国型)の専門試験における民法の問題数は4問であるが、必須回答。

 

などです。

 

どの区分であっても、教養が約15、専門は13〜14(都庁は択一ではなく記述のみ)といった感じですので、合計約30近い科目があるんだなーという感じで捉えておけば間違いないです。

 

ただ、科目ごとの配点の差がかなりありますので、単に科目数だけでビビってしまう必要はないです。

 

自分のところはどの区分に当てはまるのかを確認するところから始めましょう。

 

教養試験→合格ライン約6割

上で書いたとおり、区分によって科目や問題数が違うのですが、大どころは同じです。

 

教養試験は大きく4つの分野に分かれていて、計15科目程度です。

 

・一般知能分野(数的処理や現代文、英文の読解問題)

・社会科学(政治経済、社会)

・人文科学(日本史、世界史、地理など)

・自然科学(数学、物理、化学など)

 

なお、分野が分かれていますが、そこには大きな意味はないです。

要は50問くらい、数的処理だとか現代文だとかの問題がザーッと並んでいる問題用紙が配られるという感じで理解しておけばOKです。

 

試験区分によっても異なりますが、ざっくり言えば、数的処理関係で約15問、英文・現代文で約10問、社会科学で約10問、人文科学・自然科学で約15問が出題されます。

 

各科目について、数的処理のみ若干毛色が違いますが(IQテストみたいな感じです)、他はセンター試験レベルです。

また、社会科学は専門試験をしっかり勉強しておけばだいたい解けます。

 

合格ラインの目安は見出しの通り約6割とされています。

 

教養のポイントは間違いなく数的処理です。

 

専門試験→合格ライン約7割

大きく4つの分野に分かれていて、計13〜14科目程度です。

 

・行政系(政治学、行政学、国際関係など)

・法律系(憲法、民法、行政法、刑法、労働法など)

・経済系(経済原論、財政学など)

・商学系(経営学)

 

こちらもざっくり言えば、行政系で約10問、法律系で約15〜25問、経済系で約15〜20問、商学系は2問(特別区は5問)が出題されます。

(ただ、教養に比べて区部ごとのバラツキが大きいです)

 

合格ラインの目安は見出しの通り約7割とされています。

 

憲法、行政法、民法、経済原論の配点がどの区分においても高いので、これらが専門のポイントになります。

Sponsered Link

地方上級試験の筆記難易度

他試験と比較した筆記難易度

倍率自体は、(偽りの?)好景気により低下傾向にあるようですが、倍率なんて気にしない方がいいです。

どの時代も受かる人は受かります。

 

ただ、その難易度を倍率以外でどう表現するかと聞かれた場合、なかなか難しいところがあります。

 

ざっくり言えば以下の感じですかね。

 

・国家総合職よりは簡単で、国家一般とは同等、もしくはちょっと難しい。

・教養試験のみの市役所よりは遥かに難しい。

・地方上級対策を頑張れば国家総合職の1次を通る可能性があるが、教養試験のみの市役所用の勉強しかしていない人が国家総合・一般・地方上級を受けても100%受からない。

 

あくまで筆記の話で、面接は度外視しています

 

合格者の大学レベルで考えた難易度

前提として言わせて貰いたいのが、基本どこの大学だろうがきちんと勉強すれば受かるということです。

 

一応の目安として、僕がいた県庁における、合格者とか同僚の大学レベルを出してみます。

 

・東大、京大、一橋は若干

・某地方の旧帝大が結構多い

・都立、横浜国立、千葉あたりも若干

・中堅国立が多い(このラインが一番多かったように思います)

・早慶も結構多い

・MARCHはなぜかあんまりいない(僕の知り合いが少なかっただけかも)

・日東駒専は若干

 

こんな感じでした。

Sponsered Link

試験対策について

まず自分が受けるところの科目と配点を押さえよ

特に専門試験は、区分により結構バラツキがあります。

 

第1志望の科目と配点に沿った勉強をしていくことが、合格を勝ち取るための大前提となります。

 

例えば、第2志望の必須科目で配点が高いが第1志望の選択科目で配点が低いというものがあった場合、僕ならその科目の優先順位は下げます。

 

基本的には第1志望の科目と配点に沿った勉強法を選択してください。

 

そもそも、第1志望の科目が高いレベルで取れるようになっていれば、どの試験でも合格ラインは取れます。

 

本質的な勉強の仕方をせよ

僕自身は、科目に応じて色んな参考書や問題集を買ったり、科目ごとに細かな分析をするみたいなのが大嫌い(笑)です。

 

理由は簡単です、面倒臭いですし、試験に合格する=問題が解けるようになるということを考えた場合、遠回りだからです。

(いくら科目ごとに対策を分析しても、問題を解けるようにはなりません)

 

科目と配点は押さえておく必要がありますが、あとは、比重の高い科目の問題集を徹底的に繰り返す、配点が低い科目の問題集は繰り返し回数を少なくする、捨てる科目は捨てる。

そして、出来れば問題集は種類を揃え、必要最低限にする。

 

シンプルにこれで上位合格できます。

 

0からでも合格出来ます。

僕が0から(専門は完全に0、教養は現代文と世界史は得意というくらいです)でしたから。

 

試験の本質は、

 

「決断し(他を捨て)て集中し、(問題集を)繰り返す」

 

これだけです。

 

そのための環境整備

予備校に通うか独学にするかという選択肢があります。

 

予備校なら問題集と参考書は揃います。

しかも同じ種類のものが、時間もかからず揃います。

そして、予備校に通わざるを得ない環境が整います。

 

よって、勉強をすることになります。

 

これが一番簡単ですね。

 

独学の場合、まずは問題集を揃える必要があります。

合格者に聞くか、本屋で自分に合いそうなものを選びましょう。

 

その際、上記の原則どおりシンプルな選び方(種類を同じもので必要最低限にする)をしましょう。

色々な種類のものを買うのは個人的にはオススメしません。

 

次に環境整備ですね。

 

自分の部屋を徹底整理する、場所を変える(図書館など)、人を変える(バイトを辞める、サークルに行く回数を減らすなど)

 

若干労力がかかりますが、お金を払わないことのデメリットだということで理解するしかありません。

 

逆に言えば、お金は効果的に使えば圧倒的なメリット(特に時間面)があるということは、別に公務員試験に限らず人生において必要な思考法ですので、押さえておくと良いと思います。

 

まとめ

科目数と問題数多いなーと思った方もいるかもしれませんが、科目ごとに配点がかなり異なるので、実際にはそこまで多くの科目数を満遍なくやる必要はありません。

 

あとは、何事もシンプルにを心がけて、後段で書いたような勉強の仕方が出来れば、筆記は合格できます。

 

要は、あんまり深く考えずに、自分の志望するところの配点を確認し、予備校なのか独学なのかを決め、早速合格に向けた行動を始めましょう、これに尽きます。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

予備校に通うか独学がいいのか迷っている方は以下の記事もご覧ください!

公務員試験の勉強はどうすればいい?ズバリ予備校か独学か

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です