公務員試験の面接対策

【インタビューあり】クレアール独自の強みは?安心保証プランで2年目超格安!

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、大手資格予備校のクレアールについて解説します。

本記事の内容

  • クレアールのメリットとデメリットをざっくり
  • 【インタビューあり】クレアールならではの安心保証プランとは?

僕自身も予備校に通って公務員に合格しています。

元予備校生的な視点も踏まえつつ、直接クレアールの広報担当の方にインタビューをしながら内容をまとめました。

公務員講座に限らず、司法書士や中小企業診断士などの講座についても網羅した内容になっています)

 

クレアールのメリットとデメリットをざっくり

まず、クレアールのメリットとデメリットについてですが、こちらは以下の記事で詳しく分析しています。

※主に公務員講座をベースに分析していますが、他の資格の場合も概ね当てはまります。

 

詳細は上の記事をご覧いただきたいのですが、ざっくりしたメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 費用が他の予備校に比べ圧倒的に安い
  • 無料資料請求でもらえるハンドブックやDVDの質が非常にハイレベル
  • 「安心保証プラン」でもし落ちた場合でも翌年低額対応できる

 

デメリット

  • 模擬面接が水道橋校限定(電話面接はあり)

デメリットは主に公務員の場合であり、面接のない資格試験の場合はあまり関係ありません。

 

クレアールと言えば、まず注目すべきは価格です。

通信に特化することで、人件費やハード面にかかる経費を抑えることができる分、他の予備校に比べて圧倒的に費用が安いです。

 

費用については上のリンク記事でも解説していますので詳細は省き、本記事では、クレアールならではの強み「安心保証プラン」について以下で詳しく書いていきます

 

クレアールの無料パンフレット・無料DVD請求はこちら

 

【インタビューあり】クレアール独自の強み「安心保証プラン」について

1年目不合格の場合、2年目は低価格で受講可能

安心保証プランとは、受講料に数万円(公務員講座なら2〜3万円、司法書士講座なら5万円など)を上乗せすると、その年の試験に不合格だった場合でも、翌年は上乗せ料金の中で受講できるよというものです。

また、1年目で合格すれば返金されます。(この返金という仕組みは非常に大きいと思います)

 

具体的な例を挙げると、例えば25万円のコースを受講し、1年目は不合格で2年目継続して受講することになった場合

【安心保証プランをつける場合】25万円+3万円=計28万円

【安心保証プランをつけない場合】25万円+17.5万円(通常2年目は割引になるため。クレアールのオーソドックスな30%割引の制度で仮定)=計42.5万円

ということで、トータル費用が大きく異なってきます。

 

なお、クレアールが出しているイメージは以下ですので、こちらも参考にしてみてください。

引用:クレアールHPより

 

なお、クレアールの担当者の方にインタビューをしてお伺いしたところ、

勉強をスタートした方から「もし不合格だった場合2年目の料金はいくらになるのか?」という問い合わせが多かったため、受講生の不安感や負担を軽減するために創設された制度とのことでした。

 

さらに掘り下げて聞いたところ、

  • 通信特化ではないとできない制度(生講義のところで実施すると、教室のキャパ的に不可)であり、クレアール独自の大きな強み
  • 利用者もかなり多い

ということで、制度としてかなり好評だということです。

(裏話として、保証プランをつけても1年目で合格する方は多いため、返金作業がそれなりに大変だということです笑)

 

また、公務員のように面接試験がある場合の話ですが、仮に1年目不合格の場合、2年目は1年目の教材で対応しようとする方もいるのだが、その場合は面接のサポートが受けられないため大きなマイナスになってしまう、だからこそ同プランを使ったほうが良いということをおっしゃっていました。

 

実際、公務員試験は2次面接の配点が非常に高く、ここをクリアするのが合格するための肝です。

ですので、公務員を目指す場合は安心保証プランをつけておくのがおすすめです。

 

2年で20万円以上お得?

仮に1年目不合格だった場合、安心プランを使うことでどれだけ他の予備校と価格差がついてくるのかということについて比較をしてみます。

 

例えば公務員講座(地方上級対策講座)の場合、

クレアールの費用は20万円ほど、他の予備校だと30万円ほどです。

 

仮に2年目の受講時に、再受講割引として50%割引(割引が大きい予備校でもこの辺が最大です)を受けられると仮定して2年の費用を計算すると、

【クレアール】20万円+3万円(保証プラン料金)=23万円

【他の予備校】30万円+15万円(50%割引)=45万円

ということで、ざっくりではありますが2倍近い差が出てきます。

 

また、これはあくまで公務員講座のケースですので、例えば司法書士講座など、講座の単価が高くなると、安心保証プランの効果(価格差)も大きくなります。

 

もちろん1年で受かればそれに越したことはないのですが、不合格だった場合に費用が続かないから対策ができなくなってしまうというのは大きな機会喪失です。

 

そういう意味でも本制度は非常におすすめです。

 

おわりに

以上、クレアールのメリットやデメリット、特に、独自の制度である安心保証プランのメリットに力点を置いて解説しました。

価格が安いことはもちろん、このようなセーフティネット的な仕組みがある点はクレアールの非常に大きな強みだと思います。

 

資料請求はもちろん無料ですし、無料サンプルDVDや無料ハンドブックなども充実しています(以下の資料請求画面参照)ので、ぜひ資料の取り寄せからスタートすることをおすすめします。

※なお、電話番号入力が任意であるため、うるさい勧誘がないというところもメリットです(笑)

 

クレアールの無料パンフレット・無料DVD請求はこちら

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

人気記事(公務員を目指している方)