警察の階級ごとの人数と年齢目安は?キャリアとノンキャリアで大きな差。

こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、警察の階級がテーマです。

 

警察の階級ごとの人数と、その階級になれる年齢の目安を調べました。

年齢については、キャリアとノンキャリアの違いが分かるように、対比して表にしてみました。

Sponsered Link

警察の階級ごとの人数について

以下が、階級とその人数をリンクさせた一覧表です。

階級 ( )は主な職名人数
国=警察庁、地方警務官=都道府県警に所属する国家公務員、地方=地方警察官
警察庁長官※1(警察庁長官)国:1人
警視総監(警視総監)地方警務官※2:1人
警視監(警察庁次長・局長、警視庁副総監、道府県警本部長)国:警視監又は警視長46人
国:警視長又は警視正125人
国:警視正又は警視817人

地方警務官:警視監38人
地方警務官:警視長又は警視正590人

警視長(警察庁課長、警視庁部長、県警本部長)
警視正(警察庁理事官、警視庁主要課長、道府県警本部部長)
警視(警察庁課長補佐、警視庁課長、道府県警本部課長)国:警視正又は警視817人、地方:約6500人
警部(警察庁係長、道府県警本部係長、県警本部課長補佐)国:1,112人、地方:約15,600人
警部補(警察庁係長心得、道府県警本部係長・主任)国:79人、地方:約75,000人
巡査部長(警察署主任)地方:約78,000人
巡査長※1(指導係員) 
巡査(係員)地方:約80,500人

※1 警察庁長官と巡査長は警察法に定める正式な階級ではない

※2 地方警務官の多くは警察庁出向組であるが、一部地方警察官(ノンキャリア)からの叩き上げも含まれる

(参考データ:警察庁警察官の階級別人員:警察庁の定員に関する訓令(H30.3.30改正)

地方警務官の階級別人員:警察法施行規則(H29.6.1現在)

都道府県警察官の定員:都道府県警察官の定員(H30.4.1現在)

 

警部以上の人数が圧倒的に少なく(それでも警部は9階級のうち上から6番目)、ものすごーく尖ったピラミッドの人数構成になっていることが分かりますね。

Sponsered Link

警察の階級と出世年齢目安(キャリアVSノンキャリア)

以下は、各階級に達する年齢目安をキャリア(国家公務員総合職試験に合格し、警察庁に採用された人)とノンキャリア(都道府県警で採用された人)で比較したものです。

階級キャリア(警察庁採用)の出世年齢ノンキャリア(都道府県警採用)の「理論上最速」出世年齢ノンキャリアの「リアル最速」出世年齢
警視総監56歳頃(1人)
警視監49〜52歳頃(全員)退職日昇任ケースあり退職日(神)
警視長41〜48歳頃(全員)55歳(選考)60歳間際頃
(神クラス)
警視正33〜38歳頃(全員)50歳(選考)
ここから国家公務員の扱い
50代中盤〜50代後半頃(ほぼ皆無)
警視26〜29歳頃(全員)40歳(選考)40代中盤〜40代後半頃
※退職までに警視になれる人はかなり少ない
警部23歳(全員)30歳(要昇任試験)30代中盤〜40歳頃
※この職で退職したら出世したというレベル
警部補22歳(全員)26歳(要昇任試験)30代前半頃
※この職で退職する人多い
巡査部長24歳(要昇任試験)20代後半頃
※この職で退職する人多い
(巡査長)  
巡査22歳22歳

※大卒のケース

(キャリアはほぼ全員が大卒か院卒ですが、ノンキャリアの場合、短大卒や高卒であればこの表よりも出世が遅くなります→物凄く優秀でも警視がMAXくらいかなとは思いますが、ごくまれに高卒の警視正の方も存在はしているようです)

 

とにかくキャリアの出世スピードが圧倒的ですね。

特に、地方警察官採用のほとんどの人がその職に就くことのできない警視に20代でなってしまうインパクトは強いです。

 

なお、ノンキャリアを理論上最速とリアル最速として分けたのは、理論上は最速(例えば2年間巡査経験があれば巡査部長の昇任試験を受けることができ、巡査部長で2年間経験があれば・・・みたいな規則上の最速です)だとしても、現実にはそのようなスピードで出世していくというのはあり得ないからです。

 

また、ノンキャリアについてはあくまで最速の年齢というだけで、実際には警視まで出世する人は少なく、退職までに警部まで行けばかなり出世をしたというのが一般的です。

(警部の人数は警察官全体の10人に1人くらいです)

 

ちなみにですが、この表を見ると、退職時に「警視監」になり得るのであれば、ノンキャリアもキャリアに近づけるんだなぁと思われる方もいるかもしれませんが、

この「警視監」のクラスはかなり層が厚く、同じ警視監の中でも、

警察庁(本庁)の次長と局長に差があり、

警察庁の局長と管区警察局(出先)の局長に差があり、

管区警察局の局長と道府県警本部長に差がある

といった感じになっています。

 

ノンキャリアの場合、退職時に警視監に任命されるような伝説級の人ですら、キャリアの中で最も出世できなかった人にもかなわないというのはなかなか強烈な話だと思います。

(キャリアは基本的に全員警視長になり、警視長になれば警視監になります→その前に退職したり、警視長を最後に外部転出したりする方も少数いるようですが)

 

なお、警視長まで至るようなノンキャリア警察官というのは尋常でない優秀さであることが想定され、実務能力も少なくとも普通レベルのキャリアを上回っている可能性が高いと思われます。

しかし、そういった出世と能力の逆転現象は、例えば県庁職員の中の大卒と高卒の間でもあったりしましたので、それはそれということなんでしょうね。

 

まとめ

  • 警察の階級の人数構成については、警部以上になると一気に人数が少なくなる極端なピラミッド構造をしている(そんな警部ですら9階級のうちの上から6番目)
  • 階級ごとの出世年齢については、キャリアとノンキャリアの差が圧倒的
  • 例えば、キャリアは20代で警視になるにもかかわらず、ノンキャリアはどんなに早くても45歳程度(しかも警視になれるノンキャリアは極めて少ない)

 

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>警察官に関連する記事をまとめたものはこちらです。

警察官まとめ!年収・給料、階級、採用試験、離職率などコレで全て分かります!

2018年8月9日

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です