教員(小中学校・高校)の2018冬のボーナスを年齢別に算出。平均額は約90万円で昨年比2万円UP!

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は「教員(小中学校及び高校)の2018年冬のボーナス」がテーマです。

総務省の最新の統計資料と2018年8月に行われた人事院勧告のボーナス改定をベースに、教員の2018冬のボーナス金額を推計しました。

 

  • 教員の2018年冬のボーナス支給日は?
  • 2018年冬のボーナスは2017年に比べていくらくらい増える?
  • 2018年冬のボーナス支給平均額はいくら?年齢別で見るとどうなる?
  • 教員のボーナスは行政職公務員や民間企業と比べて高い?低い?

といった点が気になる方はぜひご覧ください。

 

なお、地方公務員行政職や他の職種の2018冬ボーナスについてまとめた記事に興味があれば以下も別途ご覧ください。

公務員のボーナス(2018冬)まとめ!年齢別、職種別、民間との金額比較などコレで全て分かります。

2018.08.30

Sponsered Link

教員(小中学校・高校)の2018年冬のボーナス支給日 

まず、2018年冬のボーナス支給日は以下の通りです。

 

教員の2018年冬のボーナス支給日 12月10日(月)

 

国家公務員はこの日付で確定ですが、地方公務員(教員)の場合は条例で自由に決められるため、自治体によって若干ズレがあるかもしれません。

ただ、実際にはほとんどのところがこの日に支給されます。

 

教員(小中学校・高校)の2018年冬のボーナスはどれくらい増えるのか? 

2017年に比べて2万円程度増える見込み

8月に人事院勧告が行われ、国家公務員のボーナスが増額改定されました。(年間支給月数を4.4から4.45月へと0.05月分増

 

地方公務員(教員)の場合、大半の自治体が国と同じ方針を取りますので、国と同様に年間で0.05月分の増額改定がされることになります。

 

2018年は、この0.05月の増額分が全て冬のボーナスに上乗せされます。(具体的に言えば、2018年冬は2.325月分の支給です)

金額で言えば概ね2万円程度の増額です。

 

教員(小中学校・高校)の2018年冬のボーナス額は?

以下、教員の冬のボーナスについて、小中学校教員と高校教員に分けて、それぞれ支給額を算出しました。

 

小中学校教員の2018年冬のボーナス額は?

まず、小中学校教員のボーナス額です。

 

小中学校教員の2018年冬のボーナス平均支給額

891,063円(平均年齢42.8歳)

 

小中学校教員の2018年冬のボーナス年齢別支給額

22~23歳 562,801円
24~26歳 614,725円
27~31歳 707,267円
32~36歳 825,419円
37~41歳 925,975円
42~46歳 991,733円
47~51歳 1,031,842円
52~56歳 1,057,038円
57~59歳 1,075,161円

※総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」を活用して算出。以下同じ。

 

計算内訳は、

(給料+地域手当22,792円(平均額)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.325月

※扶養者がいる場合は1.5万円程度(人によってはそれ以上)高くなると想定

です。

 

高等学校教員の2018年冬のボーナス額は?

次に、高等学校教員のボーナス額です。

 

高等学校教員の2018年冬のボーナス平均支給額

928,475円(平均年齢44.8歳)

 

高等学校教員の2018年冬のボーナス年齢別支給額

22~23歳 566,221円
24~26歳 617,771円
27~31歳 709,158円
32~36歳 823,420円
37~41歳 929,740円
42~46歳 1,004,070円
47~51歳 1,049,826円
52~56歳 1,074,792円
57~59歳 1,090,920円

 

計算内訳は、

(給料+地域手当21,471円(平均額)+扶養手当0円+給与改定655円)×2.325月

※扶養者がいる場合は2万円程度(人によってはそれ以上)高くなると想定

です。

 

若干(数千円~1万円程度)高等学校教員のボーナス額のほうが高い

小中学校教員と高等学校教員の年齢別支給額を比較すると、若干(数千円〜1万円程度)ですが、高等学校教員のほうがボーナスは高いです。

 

ただ、総支給額から考えれば、実質ほぼ誤差のレベルですね。

Sponsered Link

教員のボーナスは行政職公務員や民間企業のボーナスと比べて高い?低い?

教員の冬のボーナス額を、一般行政職地方公務員や民間企業と比較してみます。

 

<2018年冬のボーナス額比較>

  • 小中学校教員:891,063円(平均年齢42.8歳)
  • 高等学校教員:928,475円(平均年齢44.8歳)
  • 一般行政職地方公務員:787,178円(平均年齢42.3歳)
  • 民間大企業(東証一部、500人以上):880,793円(2017冬)、957,000円程度?(2018冬)
    ※2017冬は経団連発表賞与・一時金妥結結果より。2018冬については、2017夏から2018夏へのボーナスUP率8.62%を用いて推計。
  • 民間全産業計(企業規模1000人以上):684,200円(平均年齢41.7歳)
  • 民間全産業計(企業規模100~999人):420,700円(平均年齢42.3歳)
  • 民間全産業計(企業規模10~99人):271,100円(平均年齢43.9歳)
    ※厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」を活用して算出。最近のボーナスUP傾向を反映していないため、実際の金額はもう少し上乗せになるものと想定。

 

  • 行政職地方公務員に比べ10万円程度高い
  • 東証一部上場クラスの民間企業よりは3〜6万円程度低い
  • 多くの民間企業に比べればかなり高い

といった感じですね。

 

まとめ(2018年冬のボーナスは昨年に比べて2万円程度増の約90万円)

  • 2018冬のボーナス支給日は12月10日(月)
  • 2017年冬のボーナスに比べ2万円程度増額予定
  • 小中学校教員の2018年冬のボーナス支給予想額は891,063円(平均年齢42.8歳)
  • 高等学校教員の2018年冬のボーナス支給予想額は928,475円(平均年齢44.8歳)

以上です。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>教員の給与・年収・生涯年収等をまとめた記事はこちらです。

【教師(小中学校)の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

2018.04.28

【教師(高校)の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。

2018.04.29

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です