潜在意識とは何か?書き換えて理想の人生を送るための2つの方法。

こんにちは、元公務員ブロガーのシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は潜在意識がテーマです。

 

本を読んだり映画を見たりして感動し、人生変えるぞと思ったけれど3日も経てば元通り。結局以前と何も変わっていない日々を送っている。

こんな経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

僕も公務員時代はそんな日々の繰り返しでした。

 

人生が変えられない原因を単刀直入に言えば、潜在意識を変えることができていないからです。

 

本記事では、人生変えたい、成功したいと思っている方のために以下の内容を解説していきます。

本記事の内容

  • 潜在意識とは?【全ての行動と結果に影響を及ぼす】
  • 潜在意識を書き換える方法その1【習慣化】
  • 潜在意識を書き換える方法その2【環境変化】

僕自身は公務員を辞めた後、まず徹底的に潜在意識を書き換えることに徹した結果、1年で日本トップクラスのアクセス(月70万PV)を持つブログを作り上げ、公務員時代以上の収入を得ています。

この辺りは記事の信頼性担保の要因の一つになるかなと思っています。

潜在意識とは何か?書き換えることは可能なのか?

潜在意識とは、あらゆる結果の原因である

潜在意識=無意識下における考え方のことです。

これが行動に繋がり、行動が結果を生みます。

つまり、潜在意識は全ての結果の原因だということです。

 

潜在意識が変わらなければ行動は変わりません(変わってもせいぜい2日、長くて3週間持たないでしょう)。

そのため当然結果も変わりません。

 

多くの人は、「考え方(潜在意識)」を変えずに「行動」をいきなり変えようとする傾向にありますが、残念ながらそれは無理です。

 

例えば人生を変えられない例として以下のようなものがあります。

  • 「行動が大切」「行動でしか人生は変わらない」とセミナーで学ぶ。
  • なるほどそうか!と納得し、絶対に行動的な自分になるぞと決意する。
  • 1〜2日はやる気が高く、普段よりも行動的になる。
  • しかし、数日も経つとテンションはすっかり下がっており、いつの間にか「行動して失敗したらどうしよう、恥をかいたらどうしよう、また次の機会にしておこう」と行動に移せなくなっている。
  • 結局以前の自分に元どおり。

これは、セミナーで刺激を受け「行動」そのものを変えようとした例ですが、そもそも潜在意識(赤字の部分)を変えることができていないため、結局結果が変わらないということになります。

 

確かにセミナーなどに出ることも、凄く短期的な効果はあります。

しかし、そこで奮い立ったやる気を何日も維持し続けられる人などいません。

(これはセミナーの内容によるわけではなく、やる気をずっと継続させられる人間がそもそもいないということです。例えば、イチローは野球が好きだから毎日やる気満々かといえば当然そんなことはありません)

 

そして、やる気が平常時に戻った時には潜在意識によって行動が支配されてしまいます。

(再度イチローの例えを出すと、彼は「日々の地道な行動の上にしか結果は出ない」などしっかりとした潜在意識が確立されているため、やる気があろうが無かろうが練習を続けることができるということです)

 

ビジネス本をめっちゃ持っているけど全く人生変わってないとか、セミナーに通いまくっているのに全く成功しないという人は、まさにこの点が理解できていないということです。

 

潜在意識=長期記憶=新たな記憶で上書き可能

潜在意識は無意識下における考え方だと最初に書きましたが、さらに分かりやすく言うと、潜在意識とは「長期記憶」のことを指します。

 

受験前に一夜漬けなどで覚える内容は短期記憶であり、すぐに忘れてしまいます。

一方、長期記憶は体に染み込んでいて、ちょっとやそっとでは忘れません。

例えば自分の名前や親の名前なんかはまさに長期記憶です。

別に思い出そうと努力しなくてもすぐ言葉に出すことができます。

 

自分の名前などと同じように、思い出さなくても自然に出てしまう記憶こそが潜在意識だということです。

 

あくまで記憶ですから、例えばずっと間違って覚えていた地名をその後正しい名前で覚えて長期記憶化していくことが可能なように、必ず書き換えることができます。

 

しかし、長期記憶は繰り返しによってのみ身につくものです。

そのため、一朝一夕で身につけることは残念ながら無理です。

その点は必ず押さえておきましょう。

 

ポイントは、

  • 潜在意識は長期記憶であり、簡単には変えられない。
  • しかし、時間をかければ必ず書き換えることができる

ということです。

 

この原則を押さえておけば、何かの本に出会ったら人生が「一瞬で」変わるとか、何かのセミナーに出たら人生が「一瞬で」変わるとかいった方法などないということに気づけます。

 

もちろん、セミナーの講師や本などがそういったこと(潜在意識の重要性と変える方法)を教えてくれたことで結果的に人生が変わっていくということはあります。

しかし、その場合でも決して一瞬では変わりません。

まさに長期記憶化の努力によってこそ変わるということです。

潜在意識を書き換える方法その1【習慣化】

潜在意識を変えたければ、過去の行動のベースとなっていた長期記憶を新たな長期記憶で上書きすればいいということになります。

 

そのために必要なことは、

「繰り返して習慣化すること」

これ以外に方法はありません。

 

例えば、

  • コンビニに行ったら一切悩まず1秒で食べ物を決めてレジに並ぶ。レストランでメニューを1秒で決める。
    決断する力をつける
  • ビジョンボード(要は自分のなりたいイメージや写真をコルクボードにたくさん貼り付けたもの)を毎日必ず見るところに飾っておく。
    自分のセルフイメージを変えていく。イメージの内容は達成して当然だと思えるレベルにする
  • ありがとうを1日100回言葉に出す
    「不足」の感情から「充足」の感情へ意識を変える
  • 自分が憧れているメンターが考え方について話している動画(youtube動画など)を毎日繰り返し聞く。
    メンターの考え方(例えば上で書いたな決断力の重要性、セルフイメージの重要性など)を刷り込む

 

あくまで一例ですが、こういったものを継続して習慣化することで潜在意識を書き換えていくことができます。

 

ポイントは、苦にならず、簡単にできそうなことから習慣化を狙うということです。

概ね3週間で習慣化されます。3ヶ月繰り返せれば完璧です。

 

個人的にはビジョンボードとメンターの話を聞くのがオススメです。

これを3ヶ月もやれば、潜在意識はまるっきり変わります。

 

ビジョンボードは以下の書籍が参考になります。(ただ、あんまりやり方にこだわり出すと面倒なので、シンプルになりたい写真をコルクボードに貼って毎日見ればいいという原則を押さえておきましょう)

 

メンターについては、今はyoutubeなどで成功者の方が色々動画を出しています。

成功者は基本的に共通の考え方を持っており、その点は正直誰に学んでもたいして変わりません。(スキルは人によってバラバラですが、それはまさに「行動」の部分ですから、学ぶのは後々の話です)

 

好みで誰か1人に絞って、徹底的にマインドを身につけると決めて学ぶのがオススメです。

(それっぽいことを言っている詐欺師もたくさんいるので注意しましょう。その人の実績=数字が一つの参考になると思います。数字は基本的にごまかせませんので)

 

基本的には、自分が憧れている、こうなりたい、心地よいと感じるものに従っていれば間違いありません。

潜在意識を書き換える方法その2【環境を変える】

習慣化することで潜在意識を変えられると言いましたが、とはいえ習慣化というのは簡単ではありません。

 

メンターの動画を見るという例をあげましたが、毎日必ず欠かさず繰り返し見て完全に習慣化できるかと言えば、できる人は非常に少ないでしょう。

 

簡単そうに見えることでも、新たなことを習慣化するというのは非常に困難を伴うというのが人間というものです。

 

その際、習慣化に効果的な方法として「環境を変える」というものがあります。

 

例えばメンターから学ぶ例で言えば、極端な話メンターに弟子入りして毎日話を聞くようにすれば最強です。

もちろんそれは難しいでしょうから、長期のセミナー(習慣化ができる3ヶ月)に入って、日々の行動を毎日報告するといったものが考えられます。

 

また、環境はやらざるを得なければ得ないほど良いです。

 

仕事を辞めるとまでなると極端ですが、ある意味でそれは最も有効です。

また、それなりのお金を払って学ぶことで、お金を回収しなければもったいないという意識が働くのでこれも有効です。

 

帰れる場所があるなら戻りたいと思うのが人間です。

「成功しなくても今の生活でも十分幸せだ」みたいな気持ちが出てしまえば、そこを振り切って進むことはなかなか難しい。

 

しかし、そういった気持ちを跳ね除けて継続し、習慣化し、そして自分の潜在意識を書き換えることができるか、これが人生を変えるための全てです。

 

まとめ

  • 潜在意識とは体に染み付いた長期記憶のことであり、全ての行動と結果を支配しているもの。
  • セミナーに出る、本を読む、映画を見るなどして出たやる気はもって2日。潜在意識を変えなければすぐ元に戻ってしまう。
  • 潜在意識を変えたければ、身につけたいものを繰り返し聞いたり行動して習慣化し、長期記憶化すること。
  • 具体的には、「自分がこうなりたいと思っているメンターの考え方の動画を繰り返し見る」「ビジョンボードを作って毎日見る」「コンビニで買うものを1秒で決めるようにする」など、潜在意識化したいものに応じ色々な手法がある。
  • 重要なのは繰り返し継続できるかどうかであるが、これが最も難しい。よって、変わらざるを得ない環境に身をおくことが最も効果的。

以上です。

 

繰り返しになりますが、潜在意識は長期記憶であり、書き換えることは可能ですが簡単には変わりません。

長期記憶を書き換える=習慣化というステップを踏む以上、変えるには最低でも3週間程度、基本的には3ヶ月が必要と考えてください。

 

しかし、ここを書き換えることさえできれば、それ以外の表面的なテクニックを身につけるのは大して難しくありません。(もちろんそれも地味で地道な作業が必要ですが)

 

逆に言えば、潜在意識の書き換えなしに、メモ術だの時間術だの整理術だの睡眠法だのを学んでも人生はほぼ100%変わりません。

 

この点を履き違えてしまうと、日々の時間を大いに無駄に費やすことになりますので注意しましょう。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>僕のメンターから学んだ内容をまとめた記事も興味があればご覧ください。

年収億越えの圧倒的成功者から学んだお金や人生の知恵をまとめました。

2018年9月8日