こんにちは、シュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、放射線技師の給料や年収がテーマです。

 

厚労省の最新の統計資料(賃金構造基本統計調査)を元にして、

  • 放射線技師の給料・ボーナス・年収
  • 放射線技師の手取り月収や手取り年収
  • 放射線技師の年齢別年収
  • 放射線技師の年収と民間企業(全産業平均)の年収比較

といった点をまとめました。

 

(参考)公務員として勤務する放射線技師に特化して生涯年収等を詳しく分析した記事や、その他各医療関係者の給料に関してまとめた記事が気になる方は別途ご覧ください↓

医療関係者の給料・年収まとめ!医師・看護師・薬剤師などこれを見れば完璧!

2018.10.23
Sponsered Link

放射線技師の給料・ボーナス・年収

放射線技師の平均年収は38歳で約500万

企業規模(平均年齢) 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収
10人以上(38.1歳) 4,172,400円 861,300円 5,033,700円
1000人以上(34.5歳) 4,182,000円 996,600円 5,178,600円
100~999人(39.1歳) 4,040,400円 790,100円 4,830,500円
10~99人(43.7歳) 4,590,000円 755,100円 5,345,100円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より

 

全体として、平均年収が500万円前後であるのが見て取れます。

 

ただ、企業規模による平均年齢の差が大きいため、その点を加味した実質年収で見ると、

1000人以上>10~99人>100~999人の順になります。

(詳細は以下の年齢別年収を参照ください)

 

放射線技師の手取り月収・手取り年収

放射線技師の平均手取り月収は約30万

放射線技師の手取り月収は以下です。

企業規模 月収(手当含) 手取り月収
1000人以上の事業所 348,500円 約291,000円
100~999人の事業所 336,700円 約281,000円
10~99人の事業所 382,500円 約319,000円

 

手取りはざっくりと算出していますが、30万円前後ですね。

 

放射線技師の平均手取り年収

同じく、ボーナスを含めた手取り年収は以下です。

企業規模 手取り年収
1000人以上の事業所 約4,300,000円
100~999人の事業所 約4,000,000円
10~99人の事業所 約4,450,000円
Sponsered Link

放射線技師の年齢別年収について

放射線技師の年齢別年収は以下の通りです。

こちらは、公務員放射線技師の数値も掲載してみます。

放射線技師(男性、企業規模1000人以上)の年齢別年収

20~24歳 3,528,600円
25~29歳 4,707,900円
30~34歳 5,019,700円
35~39歳 5,786,900円
40~44歳 6,318,400円
45~49歳 6,817,400円
50~54歳 8,420,400円
55~59歳 7,485,300円

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より

 

放射線技師(男性、企業規模100~999人)の年齢別年収

20~24歳 3,371,800円
25~29歳 4,110,600円
30~34歳 4,576,200円
35~39歳 5,026,600円
40~44歳 5,678,400円
45~49歳 6,179,700円
50~54歳 6,942,200円
55~59歳 4,915,200円

 

放射線技師(男性、企業規模10~99人)の年齢別年収

20~24歳 4,849,800円
25~29歳 4,510,100円
30~34歳 4,991,400円
35~39歳 5,501,900円
40~44歳 5,767,700円
45~49歳 6,550,600円
50~54歳 6,506,700円
55~59歳 6,254,700円

 

地方公務員放射線技師の年齢別年収

22~26歳 4,307,604円
27~31歳 4,756,963円
32~36歳 5,460,157円
37~41歳 5,953,417円
42~46歳 6,437,119円
47~51歳 6,663,002円
52~56歳 7,017,956円
57~59歳 7,129,434円

総務省「平成29年4月1日地方公務員給与実態調査」より

 

1000人以上の大規模事業所は、年功序列かつ高水準であることが見てとれます。

次いで公務員、10~99人の事業所、100~999人の事業所の順です。

 

全体的に高い位置で安定をしている印象を受けます。

 

放射線技師の年収を民間企業(全産業)の年収と比較

放射線技師の年収は、民間企業全体の平均年収と比べてどうなのかという観点から比較をしてみます。

 

以下が民間企業(全産業)の平均年収です。

  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(男女計・学歴計) 491万1500円(42.5歳)
  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(男・学歴計) 551万7400円(43.3歳)
  • 10人以上の民間企業(全産業)の平均年収(女・学歴計) 377万8200円(41.1歳)

厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より算出

 

一番最初に算出した通り、放射線技師の平均年収は概ね500万円なのですが、平均年齢が若いため、この点を調整して比較する必要があります。

 

同じ厚労省の統計を用い、10人以上の企業における放射線技師の年齢別年収を見ると、42.6歳で586.5万円という数字が出てきます。

 

放射線技師は男性が主流ですので、男性の民間平均年収551万(43.3歳)と比較した場合、35万円ほど高いということになります。

 

まとめ

  • 放射線技師の年収について
    • 規模1000人以上の事業所勤務の場合は約520万円(平均年齢34.5歳)
    • 規模100~999人の事業所勤務の場合は約480万円(平均年齢39.1歳)
    • 規模10~99人の事業所勤務の場合は約530万円(平均年齢43.7歳)
    • 公務員の場合は約600万円(平均年齢40.9歳)
  • 放射線技師の手取り収入について(平均年齢はそれぞれ同じ)
    • 規模1000人以上の事業所勤務の手取り月収は約29万円
    • 同じく手取り年収は約430万円
    • 規模100~999人の事業所勤務の手取り月収は約28万円
    • 同じく手取り年収は約400万円
    • 規模10~99人の事業所勤務の手取り月収は約32万円
    • 同じく手取り年収は約445万円
  • 年齢を揃えた実質年収で比べると、規模1000人以上>公務員>規模10~99人>規模100~999人の順
  • 民間の全産業平均年収と比較すると35万円ほど高い

以上、放射線技師のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

1000人以上の大企業はもとより、企業規模にかかわらず全体的に安定した給与だと言っていいと思います。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>公務員の放射線技師に特化して、詳しく給料データについて分析したこちらの記事もオススメです。

【放射線技師(公務員)の年収】給料・ボーナス・民間との比較など全てまとめました。

2018.10.19

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です