県庁所在地の人口ランキング!県庁職員の年収ランキングとも関係アリ?

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は県庁所在地の人口と全国ランキングを調べました。

 

また、それだけでは面白く無いので、各都道府県庁の年収ランキングと人口の関係性も合わせて見ていきます

Sponsered Link

県庁所在地の人口ランキングと都道府県庁職員の年収ランキング

ズバリ、県庁所在地の人口ランキング&都道府県庁職員の平均年収ランキングは以下のとおりです。(人口1位から順に並べています)

都道府県県庁所在地人口(全国順位)

県庁職員年収(順位)

東京都

新宿区

9,302,962人(1位)

※人口は23区計

716万円(1位)

神奈川県横浜市

3,735,843人(2位)

696万円(5位)

大阪府大阪市

2,691,425人(3位)

691万円(6位)

愛知県名古屋市

2,279,194人(4位)

679万円(13位)

北海道札幌市

1,947,494人(5位)

691万円(6位)

兵庫県神戸市

1,546,255人(6位)

688万円(8位)

福岡県福岡市

1,514,924人(7位)

673万円(16位)

京都府京都市

1,418,340人(8位)

668万円(20位)

埼玉県さいたま市

1,281,414人(9位)

672万円(18位)

広島県広島市

1,193,587人(10位)

683万円(12位)

宮城県仙台市

1,058,517人(11位)

645万円(36位)

千葉県千葉市

965,607人(12位)

659万円(27位)

新潟県新潟市

800,112人(13位)

653万円(29位)

熊本県熊本市

733,844人(14位)

638万円(39位)

静岡県静岡市

709,041人(15位)

688万円(8位)

岡山県岡山市

708,652人(16位)

674万円(15位)

鹿児島県鹿児島市

606,706人(17位)

636万円(41位)

栃木県宇都宮市

522,262人(18位)

669万円(19位)

愛媛県松山市

515,882人(19位)

685万円(11位)

大分県大分市

479,726人(20位)

686万円(10位)

石川県金沢市

454,497人(21位)

642万円(37位)

長崎県長崎市

432,088人(22位)

653万円(29位)

香川県高松市

429,242人(23位)

663万円(22位)

富山県富山市

418,304人(24位)

661万円(24位)

岐阜県岐阜市

413,111人(25位)

652万円(31位)

宮崎県宮崎市

404,375人(26位)

627万円(43位)

長野県長野市

382,001人(27位)

649万円(34位)

和歌山県和歌山市

373,074人(28位)

662万円(23位)

奈良県奈良市

360,459人(29位)

652万円(31位)

滋賀県大津市

342,532人(30位)

707万円(2位)

群馬県前橋市

338,916人(31位)

660万円(26位)

高知県高知市

334,049人(32位)

609万円(45位)

沖縄県那覇市

324,157人(33位)

571万円(47位)

秋田県秋田市

314,869人(34位)

641万円(38位)

岩手県盛岡市

292,795人(35位)

632万円(42位)

青森県青森市

290,137人(36位)

622万円(44位)

福島県福島市

283,493人(37位)

661万円(24位)

三重県津市

281,745人(38位)

704万円(3位)

茨城県水戸市

273,231人(39位)

666万円(21位)

福井県福井市

265,796人(40位)

650万円(33位)

徳島県徳島市

256,008人(41位)

697万円(4位)

山形県山形市

249,133人(42位)

679万円(13位)

佐賀県佐賀市

234,758人(43位)

647万円(35位)

島根県松江市

204,403人(44位)

638万円(39位)

山口県山口市

192,380人(45位)

654万円(28位)

山梨県甲府市

191,673人(46位)

672万円(18位)

鳥取県鳥取市

190,960人(47位)

603万円(46位)

※人口は「総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(H29.1.1現在)」を使用、年収は「総務省 平成28年4月1日地方公務員給与実態調査結果」から一般行政職員の年収を推計

Sponsered Link

人口と公務員の年収ランキングの相関関係は?

県庁所在地の人口ランキングと県庁の年収ランキングには比例関係あり!

こう見てみると、県庁所在地の人口と都道府県庁の年収のランキングはある程度比例関係にあると言えると思います。

 

人口と経済の関係性は非常に密接なため、当然といえば当然ですね。

(人口が多ければ衣食住関連支出が多くなる→会社が潤う→従業員の給料が高くなる→民間の給料に準拠する公務員の給料も高くなる)

 

滋賀と三重は謎ですが・・・。

 

おわりに

県庁所在地の人口合計は約4250万人なのですが、これで日本の全人口の33%を占めます。

 

市区町村は全国に約1700もあるわけですから、都市部とそれ以外の偏りの凄さを改めて感じました。

 

また、各都道府県の年収を算出していて感じたのは、給料はどこもそんなに大きく変わらなくて、手当額で差が出ているんだなぁということですね。

 

例えば、都庁の給料は全都道府県庁の中で下から2番目にもかかわらず(→職員の平均年齢が他に比べて1~2歳程度若い影響が大きいですが)、地域手当(物価調整手当)や残業手当が多いため、一気にトップに立ってきます。

 

最後に、東京都の都庁所在地って新宿区を指すんですね。初めて知りました。

東京都がHPに敢えて書いていました。

大変勉強になりました。

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>「公務員の給料の全て」をまとめた記事はこちら(給料に関する様々なランキング記事も掲載しています)

【公務員の給料完全まとめ】年齢別給与・ボーナス・年収などを職種別にまとめました。公務員の給料はこれで全てが分かります!

2019年1月9日

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です