【栄養師(公務員)の給料】年収・ボーナス・民間との比較など全てまとめました。

こんにちは、元公務員のシュンです!

いつも当ブログをご覧いただき感謝しております。ありがとうございます!

 

今回は、公務員栄養士のお給料がテーマです。

 

栄養士と言っても、公務員の場合はほとんどが「管理栄養士」ですね。

本庁の健康増進関係部署や保健所、公立病院などに勤務し、健康増進・食育関連の計画策定にかかわったり、給食施設の指導を行ったりしています。

 

以下では、総務省の最新の統計資料(H29地方公務員給与実態調査)を元に、地方公務員栄養士の

  • 平均給料月額
  • 平均給与月額
  • 平均ボーナス
  • 平均年収
  • 退職金
  • 生涯年収

を全てまとめました。

 

それぞれ年齢別にも算出してありますので、以下を見れば主要な給料データは全て分かるという形にしました!

また、民間の栄養士のデータも掲載し、比較ができるようにしています。

Sponsered Link

公務員栄養士の平均給料月額

平均給料月額

307,695円(平均年齢40.9歳)

(総務省:平成29年4月1日地方公務員給与実態調査より。以下同じ)

 

ここに各種手当が加わったものが給与(月収)ですので、正直あんまり意味のない数字です。

主に退職金の算定基礎としての意味合いが強いものです。

 

年齢別の平均給料月額(推計)

給料を年齢別に推計してみると以下の通りです。

22~26歳 219,979円
27~31歳 240,928円
32~36歳 276,026円
37~41歳 304,338円
42~46歳 331,398円
47~51歳 342,889円
52~56歳 364,553円
57~59歳 371,723円

 

公務員栄養士の平均給与月額(=月収)

平均給与月額

376,645円(平均年齢40.9歳)

参考 民間栄養士(企業規模10人以上):240,100円(平均年齢35.0歳)(厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」より。以下同じ)

 

いわゆる月収です。

毎月の手取りに関連してくるのはこっちです。

→なお、手取りはざっくり80%くらいと考えておけばOKです。

 

先ほどの給料との差額68,750円が手当額ということになります。

 

手当のうち額の多いのは、

  • 時間外勤務手当(残業代) 18,938円
  • 地域手当 16,757円
  • 通勤手当 9,563円

です。

 

正直民間と比べると圧倒的な差があります。

民間のほうが平均年齢が若いのですが、仮に年齢別で見た場合でも、民間栄養士の場合、50代で30万円行きません。

 

年齢別の平均給与月額(推計)

給与を年齢別に推計してみると以下の通りです。

22~26歳 271,177円
27~31歳 300,855円
32~36歳 346,439円
37~41歳 377,045円
42~46歳 407,319円
47~51歳 421,882円
52~56歳 443,427円
57~59歳 450,058円

 

公務員栄養士の平均ボーナス額

平均ボーナス年額

1,443,811円(平均年齢40.9歳)

※(給料(平均額307,695円)+地域手当(平均額16,757円)+扶養手当(0円と仮定))×4.45月(2018年の支給基準)で算出。以下年齢別も同様。なお、扶養手当を貰っている職員の場合、平均で3万円程度加算される。

参考 民間栄養士(企業規模10人以上):573,800円(平均年齢35.0歳)

 

給与と同様、公務員栄養士と民間栄養士ではかなりの金額差がありますね。

 

年齢別の平均ボーナス年額(推計)

年齢別のボーナス推計額は以下です。

22~26歳 1,053,474円
27~31歳 1,146,698円
32~36歳 1,302,886円
37~41歳 1,428,872円
42~46歳 1,549,288円
47~51歳 1,600,423円
52~56歳 1,696,831円
57~59歳 1,728,737円
Sponsered Link

公務員栄養士の平均年収

平均年収額

5,961,151円(平均年齢40.9歳)

※平均給与×12+ボーナス額で算出。以下の年齢別も同様。

参考 民間栄養士(企業規模10人以上):3,455,000円(平均年齢35.0歳)

 

民間栄養士と比較すると公務員のほうが250万円高いです。

 

一方、給与と同様に平均年齢の差がありますので、公務員と合わせるために40歳頃の民間栄養士の年収を算出してみると、約370万円となります。

年齢条件を合わせても、220万円以上の差があるということですね。

 

なお、公務員同士で比較した場合、一般行政職地方公務員の平均年収が約633万円(平均年齢42.3歳)なので、それよりは37万円ほど低い額です。

 

年齢別の平均年収額(推計)

年齢別の年収推計額は以下です。

22~26歳 4,307,604円
27~31歳 4,756,963円
32~36歳 5,460,157円
37~41歳 5,953,417円
42~46歳 6,437,119円
47~51歳 6,663,002円
52~56歳 7,017,956円
57~59歳 7,129,434円

 

公務員栄養士の平均退職金

定年退職者の平均退職金額

約22,013,000円

※「栄養士」の額は不明のため、「一般職員(→栄養士はこれに含まれる)」の区分を採用

 

公務員栄養士の生涯年収

生涯年収額(大卒)

246,382,391円(給与収入224,369,391円、退職金22,013,000円)

※給与収入は、年齢別の推計平均年収を累積(22〜59歳)して算出した。

 

生涯年収を一般行政職や民間栄養士と比較

  • 地方公務員(栄養士)の生涯年収(22〜59歳):246,382,391円(給与収入224,369,391円、退職金22,013,000円)

  • 地方公務員(一般行政職)の生涯年収(22〜59歳):259,102,810円(給与収入236,241,810円、退職金22,861,000円)
  • 民間栄養士(女性)の生涯年収(22〜59歳):156,130,000円(給与収入141,030,000円、退職金15,100,000円)
  • 民間企業(女性:大卒)の生涯年収(22〜59歳):231,800,000円(給与収入216,700,000円、退職金15,100,000円)

※民間栄養士の生涯年収は、厚労省「平成29年賃金構造基本統計調査」を用いて算出(企業規模10人以上)

※民間企業生涯年収の出典は労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』より

 

民間の栄養士と公務員栄養士では、なんと生涯年収が9000万円も異なります。

 

ただ、民間のデータは「管理栄養士」の区分がなく「栄養士」として括られているため、管理栄養士に限ればもう少し差が縮まるのだろうとは思いますが、とは言っても凄い差ですね。

 

おわりに

以上、地方公務員栄養士のお金に関するデータについてまとめてみました。

 

公務員における栄養士の採用数は少なく、倍率も高め(10倍以上もざら)ですが、正直給与面は民間を圧倒しているということが分かります。

 

これだけ差があるとなると、頑張って公務員を目指すという選択肢はありだなーと個人的には思います。

(ちなみに記事下にリンクを貼っておきますが、民間の栄養士の平均年収は民間企業全体の平均年収とほぼ同じであり、決して低い訳ではありません)

 

今回も貴重なお時間の中で文章をご覧いただきまして、本当にありがとうございました!

 

>>民間の栄養士に関して、企業規模別に給料を分析したこちらの記事もオススメです。

栄養士(民間)の給料や手取りを算出!年収は約340万、民間平均とほぼ同じ!

2018.11.17

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です